はじめに

以前から、産業廃棄物業界は人材の確保が難しく、新たな人材を確保できたとしてもその定着率があまり良くないといわれてきました。
では、その理由はどのようなところにあるのでしょうか?

  1. イメージの低下
  2. 求人応募の選択肢から外れやすい
  3. 価格競争の影響による賃金の伸び悩み

特に、産業廃棄物の不法投棄問題などで、産業廃棄物業界自体が不信感に包まれることが多く、そのあおりを受けている業者は多いことでしょう。

さらに、求職者の立場から見た場合では、産業廃棄物業界は建設業や運送業と共に選択しやすい業界です。
ところが、産業廃棄物業界は建設業や運送業と比較してみると、これらの業界よりも総じて賃金が低いというウィークポイントを見つけることがあります。
このような事情が、産業廃棄物業者の人材確保に歯止めをかける原因になっていると考えられます。

一方で、産業廃棄物を資源と捉え、リサイクル事業に尽力する企業も続々誕生し、地味ながら業績を伸ばしつつあるという現状もあります。
そのため、今後の産業廃棄物業界の競争は激化すると考えられますが、裏を返すのであれば、このような状況は将来的な組織の安定・賃金の安定につながる可能性が高いということにもなります。

そんな業界の状況下で産業廃棄物の処理を扱っているのが「株式会社夢クリーン」です。今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

株式会社夢クリーンってどんなところ?

産業廃棄物は、「産業廃棄物」と「特別管理産業廃棄物」に分類されており、それらの処理を行う際には処理業と呼ばれる業界の存在が必要不可欠です。
さらに、処理業は収集運搬業と処分業に、処分業は中間処分業最終処分業にそれぞれ分類されています。

夢クリーンはこの中の中間処理を行う企業で、燃料資源・再生資源と最終埋め立て処分に分類し、それぞれに処理を行っています。
特に夢クリーンでは、燃料資源や再生資源の処分に力を入れ、廃棄物をリサイクル原料に変性すべく、日々尽力していますが、それは地球のより良い環境づくりを目指しているからです。

近年、地球温暖化が世界規模の問題になっていますが、その対策のひとつとして掲げられているのが「CO2削減」です。
夢クリーンでは「自然環境を次世代へ」をスローガンに掲げ、CO2削減を目的としたリサイクル向上に力を注いでいますので、その社会貢献度は非常に大きいと捉えることができるでしょう。

また、自社の工場設備がきちんと整っているため、もちろん産業廃棄物の不法投棄とはまったく無縁、兵庫県にある本社では、燃え殻や廃油、廃酸を含む16種類の収集運搬許可を取得しています。

それでは次に、夢クリーンで実際に働いている方の声を元に、同社についてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

株式会社夢クリーンで実際に働いている社員の声

業種的にありとあらゆる業種の方々と接点があり、お話ができ知識が広がります。
また、時期、天候に関係なく安定した仕事が出来ます。

株式会社夢クリーンの調査結果

産業廃棄物業界は、ともすればあまり良くない印象を持ってしまうことがある業界です。
ですが、今回ご紹介してきた夢クリーンでは、必要な収集運搬許可を取得していますし、何よりも兵庫県の本社を中心に広がる自社工場の設備がきちんと整っているため、安心して働くことができる環境だといえるでしょう。

また、やや特殊な業界であるため、入社後にはいろいろと覚えなくてはならないことがあるかもしれませんが、夢クリーンは新潟県安全運転管理者協会より「優良安全運転管理事業所」という栄誉ある賞を受賞した企業でもありますので、その信頼性はかなり高いものと思われます。

株式会社夢クリーンに求められている人材とは?

株式会社夢クリーンでは、現在「営業」を募集しています。

応募はコチラから!

今回は「営業」という仕事において、どのような人材が同社に求められているのか、直接お話を聞く事ができました。

御社で「営業」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

知識を得るのは人により個人差があると思うので、その点では期間は全くコメントできません。

入社前に勉強しておくことも知識面では特に必要ないと思います。
飛び込む勇気と断られても折れない心が必要(図々しさ)だと思います。

「営業」として業務を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

とにかく足で稼ぐことが最も数字に繋がると信じています。
そのために、効率的に業務を遂行するには数を回ることが1番だと思います。
それと並行して新規顧客様により速い速度で入り込めるように既存顧客様からのご紹介が効率的に業務を遂行する突破口になると思います。

募集している「営業」の面接で、共通して聞く質問などありましたら教えてください

  • 夢がありますか?
  • なりたい理想像が具体的にありますか?
  • 何が何でもというゆずれないものがありますか?
  • 実際に活躍されている「営業」は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方はどのような人柄の方が多いか教えてください

    働いている人の人柄については、十人十色なので具体的に多い人柄は分かりません。
    比較的元気な方が多いとは思います。

    まとめ

    私たちの生活と密接な関係にあるのにも関わらず、意外と知らないのが産業廃棄物業界です。

    今回は株式会社夢クリーンをご紹介してきましたが、思っていた以上に明るくオープンな印象を受けました。

    営業という仕事は奥が深く、長期勤務になるほど新しい発見がある世界です。
    ご自身の夢や理想像、これだけは譲れないという希望があるのなら、この機会に思い切って株式会社夢クリーンの懐に飛び込んでみてはいかがでしょうか。