はじめに

近年、健康志向の高まりを受けて注目されている「大麦」は、生活習慣病の予防や免疫力アップにも期待できるスーパーフードです。
麦は水溶性と不溶性の食物繊維をバランス良く含むため、血糖値の上昇を緩やかにしたり、便通を整える働きも期待できるほか、満腹感をもたらす効果もあるため、カロリーコントロールの味方にすることも可能。
健康に気を使っている方やダイエットをしている方が手軽に続けられることも、人気の理由の一つとなっています。

西田精麦への採用に関してのインタビューはこちら!

今回は、大麦の専門会社である西田精麦の西田代表にお話を伺うことができました。
どのような方々が西田精麦で熊本の食を支えているのでしょうか。また、西田精麦で働きたい方は採用に関する情報もチェックしてみてください。

西田精麦で一人前になるにはどれくらいの期間を必要とするか教えてください。また、入社前に学んでおくことはありますか。

西田精麦の事業としては、焼酎や味噌などの醸造用大麦を取り扱う醸造事業、乳用牛や畜産牛用の飼料を取り扱う飼料事業、麦ごはんの素としての大麦製品を取り扱う食品事象を行っている製造業になります。
概ね、機械が製品加工を行ってくれますので、主業務としては機械装置のオペレーターになりますが、使用する原材料が農産物のため、年や産地によるばらつきが大きいのが特徴です。そのため、一人前になるためには、3年以上を要すると考えております。

入社前に学ぶことにつきましては、業界に関する情報が少ないため、事前に学べることがあまりありませんので、入社してからの学びで十分だと思います。

西田精麦では、より効率的に業務を行うためにはどのようなことを意識すればよろしいでしょうか。

業務内容を理解(意味と目的)し、今のやり方だけでなく他にいい方法がないかを常に考え、常により良い方法を模索し挑戦することが大事だと思います。そして、中長期的な視点から逆算して今何をすべきかを考え行動することや、事前に起こり得る状況を想像して対処できるだけの準備をしっかり行う習慣をつけることも重要です。
自分の力量を客観的に把握した上で、周囲に協力要請できる関係性を日頃から構築できていることも、より効率的に業務を行うために意識していただきたいことです。
考え方としては色々な意見があると思いますが、私の主観的な考えをお伝えいたしました。

面接の際、応募者のどういった部分を見るか教えてください。

採用面接を行う際、まずは、西田精麦の経営理念『穀物を磨き 未来を創る』、ミッション『笑顔をあなたの食卓に』に共感し、理念実現に向けて一緒に取り組んでいきたいと思ってくれるかどうかを確認させてもらっています。
また、行動規範である「10の心得」についても説明をさせて頂き、10の心得を実践していく意欲のある方に応募して頂くよう話をしています。
自社の考え方に共感していただき、ご応募頂いた方に対しては、これまで経験されてきた事柄について話をして頂く形で面接を進めていきますが、基本的には10の心得項目に分類して内容を聴かせて頂き判断しております。

西田精麦でご活躍されている方々は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方々はどのような人柄の方が多いか教えてください。

現在、西田精麦で活躍している社員の傾向はこちらです。
・挑戦意欲が高い:新しい技術や知識の習得を率先して行っている。
・可能思考能力が高い:できると信じてやってみる意識が高い。
・やり抜く力が高い:最後まであきらめずにやり抜くことができる。目標達成意欲が高い。
・誠実である:自分で決めたことや人との約束を守る。信頼関係が構築できる。

また、どのような人柄の社員が多いかという点については、真面目で明るく、素直な方が多いと感じます。

実際に働いている社員の声として、会社の魅力や課題を教えてください。

会社の魅力

学びの場(自己成長の場)や機会に恵まれている
社内での勉強会をはじめ、資格取得を含む社外研修に自由に参加でき、費用は会社が負担してくれるため、自己成長を目指すには最適の環境となっています。

福利厚生面の充実
福利厚生の一環として、本人が受け取れる高額医療保険へ会社負担で加入。また、確定拠出型年金制度を導入しており、老後に向けた準備も充実。

役職がなくなり、フラットな組織に!
全員経営を目指し役職を撤廃したことで、各社員の意識決定がスピーディに行える。

課題

経営理念を3年前に見直し導入したばかりで、まだまだ社員の行動や考え方にまでは浸透していない。

若い社員が増えたことで社内に活気があるが、人材育成面での課題がある。

まとめ

西田精麦の採用では、経営理念やミッションに共感し、理念の実現に向けて行動規範を実践しながら、共に挑戦していく気持ちがあるかという点を大切にしているということが分かりました。
経営理念等が腑に落ちて行動へ反映されていれば、誰がどの職種についても組織に一貫性が生まれます。
企業理念やミッションがしっかりと浸透し、それを貫いているからこそ西田精麦に人は惹きつけられているのではないでしょうか。

大麦製品の需要はさらに高まっていくでしょう。今後も西田精麦の事業展開等に注目していきたいと思います!

西田精麦株式会社の会社概要

会社名
西田精麦株式会社

本社所在地
〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4

公式サイト
http://www.westa.co.jp/

事業内容
・精麦製品 製造販売(醸造用精麦、押麦・ぷちまる君)
・飼料製造販売(全麦連)
・畜産団体委託加工工場(全農、全酪、全畜、全開連)
・委託精米 変形加工工場
・営業倉庫(八代ふとうサイロ、低温倉庫)