はじめに

在宅ワークで利用が増加しているクラウドソーシングとは、インターネットを使用して不特定多数の人々に業務を外注し、すべての手続きがネット上で完了するサービスです。

クラウドソーシングでは、業務の発注者も受注者も場所を確保して面談する手間が不要で、仕事を受ける側は都合の良い時に仕事を行うことができます。そのため、費用と時間の節約が可能となり、専門性の高い業務も比較的低コストで発注できるのです。

クラウドソーシングが本格化したのは、日本では2009年ごろからと言われています。いつでもどこでも仕事が可能であるというクラウドソーシングの特性は、多様化した現代社会にマッチし、市場規模は年々拡大し、2012年には100億円を超え、2017年には1000億円を超えたとみられています。

ただし、クラウドソーシングは、ネットならではの問題点もはらんでいます。
一般的なクラウドソーシングのメリットとデメリットを、仕事の発注側と仕事を引き受ける受注側とに分けてみましょう。

  • 発注側のメリット
  • 費用を抑えることができます。
    特定の時期だけ人材を増やすことができます。
    苦手分野の仕事をまかなえます。
    正規雇用の人材探しにも役立ちます。

  • 発注側のデメリット
  • 機密情報がもれやすくなります。
    人材選びを失敗する場合があります。

  • 受注側のメリット
  • 得意分野を生かすことができます。
    面接なしで仕事を受注できます。
    好きな時間に働くことができます。
    ミーティングのための交通費や時間が不要です。

  • 受注側のデメリット
  • 比較的低賃金になります。
    クライアントが見えにくいために不安を抱えることがあります。

    以上のように、クラウドソーシングにはメリットとデメリットの両面性がありますが、現代社会にとってはメリットが多いので現在のように市場が拡大してきたと言えるでしょう。

    そんなクラウドソーシングを時代に先駆けて扱ってきたのが「チルダ株式会社」です。今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

    チルダ株式会社ってどんなところ?

    チルダ株式会社は、クラウドソーシングの企業として、取引先の企業から事務やアウトソーシングの受託を行い、実際に仕事をするチルダ登録会員との橋渡しを行っています。
    創業は2002年にさかのぼり、クラウドソーシングの先駆者的な存在と言えます。

    受託した業務を実際に行うのは、「チルダー」と呼ばれる登録会員です。登録会員は、クライアントの目・足・声・手となって業務を請け負います。
    クライアントの目となるのは、価格調査や接客調査など覆面調査を含む各種の調査業務です。足となるのは、店頭での商品の品出しや販促物の設置、売り場整理、販売業務などのラウンダー事業。声となるのは、モニタリングやアンケート、手となるのは、間取り図作成や過払い利息の引き直し計算用データ入力などです。

    このように登録会員の請け負う業務内容は、リサーチからマーケティング、セールスプロモーション、データ入力までたいへん幅広いものになっています。
    登録会員は、独自の試験システムをクリアしたうえで業務を引き受けており、仕上がりは高品質で、信頼のおける仕事ぶりに定評があります。

    では、このように多様な業務を請け負っているチルダ株式会社で働くスタッフの声をご紹介しましょう。

    実際に働く実務スタッフの口コミまとめ

  • 家族の事情や自分の体調に合わせて、業務の参加を決めることができるので、とても助かっています。
  • 一度、長期で入院をしたことがあったのですが、チルダという戻る場所があることは、安心だけでなく、大きな力になりました。
  • どこかの会社に所属した形での就労ではなく、自分の生活スタイルに合わせたお仕事が自宅でできることは本当にありがたいです。
  • お小遣い稼ぎサイトはポイント制が多いなか、チルダは現金で報酬が支払われるので、より、「仕事」という意識が強く、自分もプライドを持ってお仕事ができています。
  • チルダ株式会社の調査結果

    実際に働く実務スタッフの口コミでは、自分の都合に合わせて自由に仕事ができるメリットが多く語られています。
    自分がしたい時に仕事ができるというのはクラウドソーシングのメリットですが、チルダ株式会社ではそのメリットが最大限に生かされており、自分の病気や家庭の事情などがあっても働き続けられることが実際の口コミからうかがえます。

    社員として働いていると、病気などにより、決まった時間に出社して働くのが難しくなった時に、仕事をやめなければいけなくなってしまうのが現状です。
    ですが、チルダ登録会員のような働き方であれば、都合の良い期間を選んで仕事を行うことができるので、今まで通りに働けない事情が生じても収入が見込めるという安心感を得ることができるのですね。

    また、報酬が現金で支払われる点も挙げられていました。これも逆に言えば、社員として働くのと同じ姿勢が求められるということでしょう。
    さまざまな事情でフルタイムでは働けないけれど本気で働きたいという人に、登録会員はメリットの多い働き方と言えると思います。

    チルダ株式会社に求められている人材とは?

    アウトソーシングに力を入れている同社では、現在「登録会員」を募集しています。

    会員登録はコチラから!

    この項目では、実際に登録会員として働くうえで必要なことについて、直接お話しを伺いました。

    御社で「登録会員」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?

    チルダでは、①全会員さんを対象としたお仕事 と ②ある一定の基準を満たした会員さんを対象としたお仕事があります。
    ①は、不定期依頼のお仕事が多く、会員さんのお手元にとどくお仕事情報メールマガジンから参加したいお仕事だけ応募することができます。初めてお仕事にご参加頂く場合も心配はいりません。
    ②は、ほぼ毎日依頼が配信されるお仕事になります。こちらについては、月1回実施している「ヤッタチェック」という事前の実務テストにご参加頂き、合格基準をクリアされた会員さんだけが業務に応募できるお仕事になります。お仕事に慣れて頂くためには、毎日お仕事にご参加頂き、ご自身の納品内容に対する評価やコメントを必ず確認して頂いた後、以降の業務に反映して頂ければと思います。チルダとしては、「ヤッタチェック」に合格された会員さんは、すでに一人前になる要素をお持ちだと考えておりますので、精度向上のためのお手伝いができればと思っています。

    「クライアント様に代わり、お仕事」を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

    最も大切なのは、チルダ事務局が作成するマニュアルの理解と実践です。このマニュアルは、クライアント様と入念にお打合せした内容と会員さんの立場で業務を行う際のポイントをマッチさせたものになっています。会員さんが陥りやすいミスをフォローするだけでなく、クライアント様のご要望を一つ一つの業務工程で精度を担保できるように工夫しています。最終納品物をできるだけイメージしながら業務を遂行して頂ければと思います。

    まとめ

    チルダ株式会社は、クラウドソーシングの先駆けの会社として、独自のシステムで業務を拡大してきました。
    長年のノウハウは、登録会員が安心して働き続けられる環境を提供し、独自の試験システムで初心者の会員を育て、高品質の仕事を生み出しています。
    多様な働き方が求められている現代社会において、発注者と受注者の希望に沿った仕事をあっせんし、社会のニーズにきめ細かく応える企業として、チルダ株式会社は今後も活動を続けていくことでしょう。