はじめに

株式会社ストライプインターナショナルはアパレルの製造や販売を手掛ける企業です。
皆さんも一度は耳にしたことがあるブランド、アースミュージックエコロジーもストライプインターナショナルが展開しています。
その他、「koe」や「AMERICAN HOLIC」など全13ブランドに渡ります。

また、最近ではアパレルから派生してライフスタイルの分野でも事業展開をしています。
ライフスタイルには雑貨やコスメティック、フードが含まれており、今までに類をみないような斬新なアイデアや創意工夫が見られます。
出来立てのドーナツをナイフとフォークで食べる体験型のドーナツファクトリーがあったり、大切な誰かの幸せに寄り添う女性のためのギフトショップがあったりと、好奇心がくすぐられること間違いないでしょう。

ストライプインターナショナルの代表取締役、石川康晴氏とは?

そんなストライプインターナショナルですが、社長である石川康晴氏がすごい方で有名です。
代表取締役でありながら、内閣府男女共同参画推進連携会議議員の経験をもち、岡山大学と京都大学大学院に通い、社会や公共の福祉、文化などに貢献した者が天皇から授与される紺綬褒章を持っています。
1970年に岡山県で産まれ、日本舞踊の師範でもあった祖母がおり、色鮮やかな着物に囲まれて育ったからか、自分のお年玉やお小遣いはすべて洋服につぎ込むほど、服が大好きな子どもとして育ちました。
中学校2年生の時、好きな洋服屋のスタッフから「そんなに好きなら自分で洋服の会社を作ればいい」と言われ、そこで自分の進むべき道を決めました。

若くして自分の進む道を決めた石川康晴氏は、アパレルと経営について学んだ後、大手紳士服メーカーに就職し300万円の開業資金を溜めました。
1994年に300万円の資金を元手に地元岡山で始めたことは、わずか4坪のセレクトショップです。
このお店は、国内のメーカーからは相手にしてもらえずに商品の仕入れができず、開業当初から危機に陥ります。
しかし、ピンチはチャンスととらえ、日本国内から仕入れができないのならば欧米から仕入れれば良いと、海外からの仕入れに取り組みます。
この取り組みは大当たりし、他のアパレルショップとの差別化にも成功を果たし、最初の危機を乗り越え、事業を拡大していくことになります。

幅広い事業を展開する背景には、自分の夢のために挑戦者であることを求める同社の企業風土があります。
制度としても、石川氏へ直接プレゼンテーションできる「石川直行便」や「新規事業提案制度」といったユニークな制度が用意されており、実際に「Re:Bonne」というアンダーウェアのブランドがこの制度を通じて事業化されました。
社名である「ストライプ」は「自由」や「革新」を象徴しています。
石川氏の人生を映すかのように、社名のとおりに自由に新しい領域の事業に挑戦し、多様性に富んだグローバルな企業をこれから目指していくことになるでしょう。

ストライプインターナショナルの口コミ

ストライプインターナショナルの口コミや評判を調べてみました。

お客様対応やセールの準備等で残業することもありますが、基本的には定時で帰れます。年間の休日に関しても年々少しずつ増えてます。

成長・キャリア開発:意欲があれば、誰でもキャリアアップを目指せる。入社後2年でサブ、3年で店舗責任者になりました。もっと早くキャリアアップする人もいます。研修やOJTが豊富にあるため、スキルを身につけやすい。売上達成のため、販促企画を経験することもできます。接客スキル、コミュニケーション能力を身につけるだけでなく、数値管理や分析のスキルも身につけられます。シスター制度があり、入社1年目から部下育成に携わることができます。働きがい: 人と関わることが好きだったので、接客を楽しむことができました。自分に会いに来てくださる顧客様がいると、とても元気になれます。 純粋に、売上が達成できると嬉しかったです。 自分の指導で部下が成長する姿を近くで見れること、チーム一丸となって目標達成できることにやりがいを感じました。

福利厚生:有給は必ず取得してくださいと上長から念を押されます。そういった意味では有給は取りやすい環境なとかと感じます。1週間の休みや3連休など、それぞれの取りたい日程に合わせて取っています。地域によって差はありますが住宅補助は5000円?1万円です。退職金はでません。オフィス環境:どこの店舗も男女関係なく仲がいい印象です。上司も柔らかい雰囲気の方が多く、相談もしやすいですしとても働きやすい関係性ができているかと思います。

企業カルチャー・社風:暖かい社員が多い印象。組織体制・コミュニケーション:座席は3ヶ月に一度、事業部単位で変更があり、他部署とも関わりが生まれる。毎朝朝礼時にも他部署間で合同の朝礼があるので、繋がりが増える。ダイバーシティ・多様性: 女性の社員がほとんどで役職についている人も多い。社員間では一人一人の個性を受け入れることがベースにある。人種や障害の有無に関わらず色んな種類の人が働いている。

事業の強み:アパレルだけではなくて、ライフスタイル全般、様々な事業に領域を伸ばし新しい事をどんどんスタートさせていく所が強みだと感じました。

女性の働きやすさ:20代の社員が中心ですが、30代の先輩方もおり、安心できます。接客の基本から応用まで細かなマニュアルがあり、他のアパレル会社と比べても厳しい工程になっていると思うので向上心があり真剣に販売員になりたいアクティブな方に向いていると思います。工程は接客業でも他の職種に就くにしても為になることが多いです。休暇も増えたので働きやすいと思います。PAも含め1店舗約5~6人で働くので、助けてもらいながら土日の休暇も取れる時は取れます。

ストライプインターナショナルの口コミ内容まとめ

ストライプインターナショナルの口コミを調査して思ったことは、職場環境が整っていて働きやすい会社という口コミが多いなということです。
アパレル業界は仕事をバリバリしたいと思う方々でないと働くことは難しいイメージがありましたが、わたしの勝手な思い込みで偏見でした。
産休や育休を取得することができ、その後仕事に復帰しているモデルとなる方々が多く存在することも、先を見通すことができ仕事に対して長期的に向き合えるのかなと感じました。
このような環境を作り出せたのは、社長である石川康晴氏が自ら問題提起し解決のための取り組みを行ったからです。
やはり企業を成長させる上で、職場環境が良くない時期もあったようですが、路線転換を意識し試行錯誤を重ねて実現に至りました。
変化すること、路線転換することは膨大な力を使います。思っていても取り組めないことが多くある中、実際に「変化」させた石川氏の手腕も見習う点が多々あるなと感じました。

ストライプインターナショナルの会社概要

会社名
株式会社ストライプインターナショナル

オフィス所在地
〒700-0903 岡山県岡山市北区幸町2-8

公式サイト
https://www.stripe-intl.com//

事業内容
アパレル衣料品
バッグ

貴金属
その他雑貨の企画、製造、小売販売及び飲食店舗の運営