はじめに

私たちの生活にとって切り離すことができない物流。特に家にいながら気軽に買い物ができる通信販売は、日本では「すぐに届く」「指定した時間に届く」のが当たり前になっています。

通信販売を利用する人が増加するなか、1990年12月には貨物運送取扱事業法と貨物自動車運送事業法により、運送事業者の新規参入により企業競争が激化されるようになりました。「配送料無料」など、通信販売業者など店舗側のサービスを重視するあまり、運送業者の負担ばかりが増えるようになり「運送業=ブラック」というマスメディアの記事も多く取り沙汰されるようになってきました。

そこで国土交通省と厚生労働省が2015年に「トラック輸送における取引環境・長時間労働改善中央協議会」を設置し、トラック運送業の適正運賃、料金収受について方針や対策が検討されることになりました。

2017年8月に国土交通省は標準貨物自動車運送約款を改正し、貨物運送事業について運賃や料金を役務の対価として受け取れる環境を法的に整備したのです。それに加えて、運行管理系の装着義務の拡大や荷待ち時間の記録を運送事業者に義務付けることとなり、より運送業で働きやすい環境整備をおこなうことになりました。

運送事業者の改革が進むなか、国を挙げて2020年度までに、「オールジャパンで取り組む『物流生産性革命』の推進」を掲げ、物流事業の生産性を2割向上を目標としてきました。
深夜に通信販売で注文したものが翌朝に届くような過剰なサービスにより、運送業者の負担が増えることになりました。

さらに過剰な運行状況によりトラックの積載量が41%に低下しているうえ、不在時の再配送や1運行につき平均約2時間近くの荷待ち時間など、課題が山積しています。そこで、国はトラック事業の業務改革をおこない、配送し易く、荷物を受け取りやすい環境整備をおこなっています。

輸送を効率化するための「ダブル連結トラック」の導入やドローンを使った配送の実現化への試行はもちろん、オープン型配送ロッカーやアプリなど受け手の受け取りやすさにも着手し、ドライバーの負担を減らす仕組みづくりをおこなっているのです。

そんな運送業界で、「努力・誠実・協調」の三つを念頭に置いて業務に取り組んでいるのが「尾道輸送センター株式会社」です。今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

尾道輸送センター株式会社ってどんなところ?

尾道輸送センター株式会社は、運輸や倉庫業をメインとした幅広い業種で事業展開している「尾道諸品倉庫株式会社」の関連会社です。尾道諸品倉庫株式会社の創業は120年と歴史も長く、貨物自動車運送業、鉄道通運、港湾運送に加え、産業廃棄物収集運搬、自動車分解整備事業、各種損害保険業、生命保険代行業、不動産業と関連事業も拡大しています。

社会やお客様にとって「豊かで快適なくらし」を実現できるよう、「お客様から感謝されるサービス」の提供と「全社員の幸福の追求」を掲げ、「努力」「誠実」「協調」を経営方針のキーワードとしています。

利益を追求するだけではなく社員一人一人の安全や幸福を念頭におき、長く業務にたずさわり働くことができる環境と組織づくりを目指しています。

尾道輸送センター株式会社の口コミ

弊社で働いている社員は、取引のある企業様から「働いている人の人柄がよい」とよく言われます。経営方針である「努力」「誠実」「協調」を体現してくれている社員が働く企業だからこそそのような評判を得られるのではないかと自負しております。

尾道輸送センター株式会社の調査結果

尾上輸送センターで働く人は専門性が高いスペシャリストが多く、やりがいを感じている人が多く働いています。仕事はすべて生活にかかわる業務であることから、緊張感を持ちながら経験値を高めることができる仕事にかかわることができます。

尾道輸送センター株式会社に求められている人材とは?

尾道輸送センター株式会社では、現在求人を募集しています。

尾道輸送センター株式会社の応募はコチラから!

今回は同社がどのような人材を求められているのか、直接お話を聞くことができました。

貴社で一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

●ドライバー(長距離・短距離)
本人のやる気と準備の心構えで異なりますが、3ケ月で標準的な業務はこなせると思います。さらに業務を深めるためには1年以上必要です。さらに経験値が臨機応変な対応力を向上させてくれます。

●フォークリフト運転作業者
標準的な運転操作や業務内容は3~6ケ月程度で覚えることができます。製品の段積み等は1年くらい必要になります。さらにスペシャリストになるためにはさまざまな困難に直面して実践のなかで身に着けられます。そういった状況に直面しなければ何年たっても初心者プラス半年のスキルを超えられません。

ピンチや困難をチャンスだと前向きにとらえられる人材が求められます。

●事務員及び管理者
基本的なことは毎日のルーティンの繰り返しで6ケ月位で覚えられます。しかし運送業の事務のなかでもさまざまな状況やイレギュラーな事態に直面した時に対応力を身に着け、経験値を重ねられるので、自信に繋がると思います。
「石の上にも3年」ということわざは、3年位の間に職種を問わずさまざまなことに直面し、これを乗り越えることで、スキル、知識、自信を身に着けることができると考えています。

入社してから心掛けておいた方がいいことなどあれば、教えてください

わからないことは、必ず先輩に何でも聞いてください。最小限のミスから最大限の教訓、スキル、知識を得ることを心掛けることが業務内容の把握や自分自身を向上させてくれます。さらに先輩のこれまでの経験を自分に置き換え、疑似的に経験値と自分自身のスキルを上げることが可能になります。

普段の業務ではなかなかイレギュラーな事態に遭遇することは難しいかもしれません。しかし経験値を上げる事態に遭遇するまで経験できないことを、想定から疑似体験してスキル、知識を向上するポジティブな姿勢や思考ができる人が大切な要素だと考えています。

実際に活躍されている社員の方は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方の人柄についても教えてください

●ドライバー(長距離・短距離)
安全運転はもちろん、顧客対応、状況判断(気象状況、道路状況の変化の予測、変化への対応力)などが求められます。ものを運ぶ以外にも細やかな配慮や対応ができるのが望ましいです。

●フォークリフト運転作業者
安全操作ができることが最も大切ですが、貨物の取り扱いが丁寧、顧客対応、臨機応変柔軟な対応も求められます。煩雑になりがちな倉庫内での作業は、整理整頓やこまめな清掃などにも気を配れることが大切です。

●事務員及び管理者
基本的な事務処理、繰り返し業務をミスなく継続できる集中力が必要とされます。運送業の事務や運行管理などは、危険察知する予測、未然防止対応策実践までの判断が迅速であることも必須とされています。

まとめ

尾道輸送センター株式会社では、研修制度や免許取得補助に加え、先輩の道場研修もおこなうので、安心して働くことができる会社です。

そのなかでも働く人材を大切にする社風であるうえに、歴史の長い堅実な事業展開をおこなっているので、運送業にかかわるスペシャリストとして自分自身をさらに高めてくれるはずですよ。

会社概要

商号
尾道輸送センター株式会社
所在地
広島県尾道市長者原2-165-5
コーポレートサイト
https://www.shoshina.co.jp/
事業内容
トレーラー・大型トラックによる
関東方面への定期便