株式会社親愛ってどんな会社

不動産

株式会社親愛は、従業員50名を抱える不動産のプロデュースを行う企業です。
不動産の企画、販売、管理、運用、内装工事、果ては損害・火災保険の代理業まで手がけています。

数ある事業の中でも「原状回復工事」と銘打った内装工事には定評があり、株式会社親愛の一番の強みとなっています。
工事料金も良心的で、張り替え用のクロスの料金や職人の人件費などがすべて含まれているので追加料金がかかりません。東京都を中心に1都3県で4,000件もの物件を管理する業者だからこそ積み上げたノウハウがあり、それが株式会社親愛の信頼性へとつながっています。

株式会社親愛は、対応力には目を見張るものがあります。
自社の専門スタッフが顧客の対応に当たり、見積もりは48時間以内に提示されるという速さです。

また、主体となる内装工事の他にもクリーニングやメンテナンス関係のオプションも用意されており、希望に応じて丁寧な仕事で答えてくれます。
まさに、顧客からすれば、至れり尽くせりのサービスです。

そのほか、株式会社親愛では、様々なライスサービスも取り扱っています。
各種手続きや登記関係などの専門的な支援、各種業務の代行、日常のちょっとした雑用など多岐に渡り、「え、こんなことまで」というようなものも請け負っています。雑多な業務を引き受ける姿勢は、まるで「便利屋さん」です。

さて、これほどまでに顧客に優しく気配りのできる株式会社親愛ですが、これはあくまでも顧客からの目線です。
顧客に対するサービスばかりが行き届いていて、社員へのサービスは今ひとつなどということはないのでしょうか。

果たして、社員の立場に立ったとき、いったいどういう企業であり社風なのか、とても気になるところです。

株式会社親愛の口コミまとめ

良い口コミ

やる気があればどんどん仕事をまかせてもらえる

年功序列ではなく風通しがいい

頑張れば頑張った分だけ評価してもらえる

気になる口コミ

お客さまのご希望のヒアリングが難しい

積極性を求められる

繁忙期には残業がある

株式会社親愛についての調査結果

口コミの調査結果のイメージ

株式会社親愛の評判を見たところ、働きがいのある会社だということがわかります。

とかく年齢で役職や給与を決められることが多い日本において、年功序列ではなく、頑張った分だけ、結果を出した分だけ評価をされるのは若い世代にとってはやりがいがあります。

また、年配の社員にとっては安穏と構えていられない状態であり、ある意味良い刺激になります。

しかし、若くても成果さえ出していけばどんどん責任ある仕事を任せられる中で、経験値が足りないゆえに迷ってしまうような場面に直面することも、往々にして出てくるであろうことは容易に想像できます。

そんなときでも、ベテランが背後に控えているので安心して仕事に取り組むことができ、その結果、世代間の交流も生まれます。

一方、「顧客へのヒアリングの難しさ」や「積極性」といったことは、社会人となれば避けて通れない事柄です。

まして営業職ともなれば、よりいっそうのコミュニケーション能力を求められるのは当然です。

これを克服するには、場数を踏むしかありません。

また、繁忙期に残業があるのも一般的によくあることです。

長年勤めていれば、多かれ少なかれ残業は発生するでしょうし、特定の職種でない限り、残業をしたことがないという人の方が圧倒的に少ないのではないでしょうか。

もし、同僚はみな定時で退社しているのに、自分ひとりが残業をしている状況になっているなら、一度、自身が抱えている業務を見直した方が良いかもしれません。

単に抱える業務量が多すぎるのか、仕事の配分が良くないのかをよく吟味した上で、上司に相談するなり同僚に応援を求めるなどの対処をして、少しずつでも残業を減らす方向に持って行くことで良い結果に導く可能性もあります。

株式会社親愛のまとめ

管理人の意見

年齢に関係なく社員同士が刺激を与え合い、それがまた良い結果、良い風土を生み出す土壌を造り、みごとに循環させています。

毎日同じ時間に出社して、淡々と仕事をこなし、同じ時間に帰宅する、給与は年齢ごとに決められ、仕事の内容も年齢と勤務年数で決められて、昇進は年上の社員が優先、などといった社風は今の時代にそぐいませんし、何より社員の可能性をつぶしてしまう恐れがあります。

その点、実績を一番に鑑みるこの企業でしたら、社員一人ひとりの可能性を伸ばしてくれますし、時に、自身でも気づかなかった長所を発見し成長させる良いきっかけを生むということも十分考えられます。

確かに能力主義は、言葉では言い尽くせない大変な部分もありますが、それだけにやり遂げたときの達成感はたとえようがありません。

一度でもこの達成感を味わったことがある人は、少々辛くても頑張れます。

それがまた次の成果につながり、また頑張って成果を出す、といった好循環の後、待っているのは昇給などの目に見える結果です。

成果を出すことで自信にもつながり、積極性が出てくる可能性もあります。

すべてに満足できる企業などありません。

楽をしたければ、その分給与水準の低さに納得し、昇進をあきらめるなどといった代償を支払わなければなりません。

しかし、そういった空気が蔓延している企業は、活気がなく社会的評価も低くなりがちです。

一社会人ならば、一度は思い切って大変さの中に身を投じてみてはいかがでしょうか。

きっと、その経験がその人の血となり肉となり、いつか笑って振り返れるときがやって来ます。

企業概要

商号
株式会社親愛
所在地
東京都渋谷区神宮前6-23-2 第25SYビル6F
代表
有泉 利昭
設立
2005年7月
従業員数
50名
資本金
1000万円
事業内容
不動産企画・販売、不動産仲介、建物管理、運用・管理、内装事業