はじめに

人が生活する上で欠かすことができないもの、それは快適な生活空間です。そして、このような空間づくりを担っているのが住宅業界です。

そんな業界の中で、主に住宅塗料の開発・販売及び施工を行っており、増改築工事や防水工事、建設工事なども請負っているのが「株式会社新日本技建(シンニッケン、SHIN NIKKEN)」です。

今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

株式会社新日本技建(シンニッケン、SHIN NIKKEN)ってどんなところ?

株式会社新日本技建はテレビCMでもお馴染の企業ですので、すでに社名をご存じの方は多いことでしょう。しかし、こちらの企業の具体的な事業内容や社外活動についてはあまり知られてはいません。

【株式会社新日本技建 テレビCM】
http://www.32-2417.com/cm/index.html

冒頭でも少し触れていますが、株式会社新日本技建は住宅塗料の開発・販売及び施工を行う企業です。しかし、同業他社とは一味違った個性を持つ企業で、既成の製品をお客様に直接販売する一般的な営業スタイルのほか、お客様に対して「提案企画営業」という形で製品をご紹介するというスタイルもとっています。

このようなスタイルを「APS(プロ・スタッフ・アドバイス)といいますが、これはプロの視点からお客様に最も適した施行のアドバイスを行い、お客様のニーズを満たすことを目的として行っています。

たとえば、お客様がなにかしらの不自由を感じていて、どうにかすればそれを改善できるというところまではわかっているとしましょう。しかし、具体的にどうすれば現状を改善できるのか?という部分についてはプロのアドバイスなしでは解決することができません。そして、このようなときに役立つのが「APS」だということです。

そして特筆すべきは、株式会社新日本技建が行っている数々の社外活動です。

1.クリーンナップ・プロジェクト
2.交通遺児等育成基金への寄付活動
3.日本盲導犬協会への寄付活動
4.WWF(環境保全団体)への寄付活動
5.赤い羽根共同募金への協力
6.Kids’ISO 14000プログラム

それでは、ひとつひとつについて簡単にご紹介しましょう。

1.クリーンナップ・プロジェクト

企業をあげて、海や河川などに無造作に捨てられているゴミを一掃する自然保護活動です。無関心では済まされないのが近年問題となっているゴミ放置問題ですが、株式会社新日本技建では社員の一人ひとりが真剣にこの問題に向き合い、力を合わせて美しい環境づくりに努めています。

2.交通遺児等育成基金への寄付活動

公益財団法人・交通遺児等育成基金への交通寄付活動で、事故で重度障害を追われた方やその子弟、交通遺児になられた方への支援活動を行います。

3.日本盲導犬協会への寄付活動

盲導犬の育成費用のほとんどは寄付によってまかなわれています。また、育成自体はボランティアによって行われています。株式会社新日本技建では一頭でも多くの盲導犬の育成や幸福に貢献すべく、寄付活動を行っています。

4.WWF(環境保全団体)への寄付活動

WWFとは自然保護NGO(非政府組織)というスイスで設立された団体です。株式会社新日本技建では、絶目危惧種の保護や生物多様性保護の支援として、WWFへの寄付活動を行っています。

5.赤い羽根共同募金への協力

当企業は赤い羽根協力企業ですので、募金活動を通じて「自分の町をよくするしくみ」に貢献しています。なお、この活動においては厚生労働大臣から感謝状を授与されています。

6.Kids’ISO 14000プログラム

北海道内で行われている、地球温暖化問題や子供たちに向けた家庭における省エネルギーなどを学ぶプログラムで、道内の小中学校で実施しています。

このように、社外活動にも尽力している株式会社新日本技建ですが、気になるのは実際に社内で働いている方々の口コミなのではないでしょうか?

次の項目では、こちらの企業で実際に働いている方々の口コミを拾ってみることにしましょう。

株式会社新日本技建(シンニッケン、SHIN NIKKEN)で実際に働く社員の口コミ

株式会社新日本技建の強みについて

商品力、システムですとか、やはり類似品がないところですね。
相見積りがあまり無いということと、ラジオ、テレビCMが放映されますよね。

芸能人も起用しますし、売りやすいと思うんです。どこに行ったって弊社の事を知らない会社というのは無く、必ず聞いたことがあると答えてくれます。

そういう環境だからこそ、販売しやすいのではないかと思います。

株式会社新日本技建(シンニッケン、SHIN NIKKEN)の調査結果

同社について何よりもすごいと感じたのは、徹底的なお客様目線であるということです。

他社に先駆けて行っている「APS(プロ・スタッフ・アドバイス)は、同社に所属している塗装のプロフェッショナルが、お客様の物件の状態を見て、相談、アドバイスをしながら工程を進めるもので、お客様と共に、納得いただける仕事を心掛けている同社の姿勢が表れていると思いました。

また、ありとあらゆる社外活動に社員全員が一丸となって取り組み、社会貢献に尽力しているという部分も、社内環境はもちろんのこと社会的な問題を改善している印象がもてますね。

株式会社新日本技建は一級建築事務所として登記されてはいますが、実際にはさまざまな技術者の方や営業職の方など、多種多様な職種の方が勤務しています。

これだけ規模が大きな企業になると、多少のまとまりのなさを感じることが多いのですが、こちらの企業にはそれがまったく当てはまりません。

つまり、株式会社新日本技建は安心して入社できる企業だということです。

では、そんな株式会社新日本技建では、どのような人材を求めているのでしょうか?
次の項目で、詳しく紹介していきたいと思います。

株式会社新日本技建(シンニッケン、SHIN NIKKEN)に求められている人材とは?

株式会社新日本技建では、現在「提案企画営業」を募集しています。

提案企画営業の応募はコチラから!

今回は「提案企画営業」という仕事において、どのような人材が同社に求められているのか、直接お話を聞く事ができました。

御社で「提案企画営業」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

当社はまったくスキルがない状態、つまり素人の状態で入社してもらった方がいいです。

その方が、当社に馴染みやすくなると思うからです。
変に他社の影響を受けてしまうと、これまでの経験が邪魔をして、当社の社風に馴染めない可能性があるからです。

だから染まりにくくなってしまうんです。

入社する前に勉強しておいた方がいいことは、特にありませんね。ただ、まったくスキルがない状態で入ってもらえれば大丈夫です。

ただ、何故弊社の営業が「提案企画営業」というのかと言いますと、普通の営業というのは、営業の都合に合わせることが多いですよね。

売りたい商品をお客様に提供するというのが、普通の営業なんです。

自分の商品に需要があると思われるお客様に営業をかけるじゃないですか。

ただ、当社の「提案企画営業」というのは、特にリフォームなんかになると、お客様に「それいいね!」って思ってもらいたいわけなんですよ。

だからそもそも消費者自身が必要と思っていなかったけど、「なるほど!」と思ってもらいたいんですよ。

例えば私が営業として、お客様のところに行って、リフォームの提案に行くとします。お客様のお困りごとを聞いていると、そこでは犬を2匹飼っていたんですよ。

そして来訪があるたびに柵の中に入っているんです。そこで聞いたんです。「常に柵の中にいれているのですか?」そしたら「いや、常には入れていない。昼ごろには出してる」と。「そしたらおしっこはどこでしてるんですか?」と聞くと「庭」と言われるので、雨の日とか足元が大変ですよね、と言うとその都度拭いているというんです。

そしたら、「ポーチ(屋根)を作ったらどうでしょう?そうすれば雨の日も濡れないですし、足も汚れませんよ」と言うお話をしたら、「いいね!」という返事が返ってきたんです。

これが提案企画営業です。お客様が欲しかった“なるほど”を提案できる営業を勧めてあげる。

不必要なものを売ったらダメなんです。お客様が喜ぶものを売っていく。新たな提案、発想をするスタッフが欲しいという訳なんです。

だから提案企画営業で募集をかけてるわけなんです。

「外壁用塗料の反響営業」を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

反響営業ということは、当然お客様に好かれることなんですけど、嫌われて得することはないですし、より効率的に業務を遂行するためには、感謝の気持ちをもって誠実に業務をしていれば、結果は続くと思います。

全ては人柄ですね。不潔な人ですとか、言葉遣いが荒かったり、人の心が解らなかったりですとか、そんな人はいりません。やはり暗い人より明るい人の方がいいですし、柔軟な発想をもって、どんな痛みにも耐えうる人であれば、自ずと活躍できると思います。

あとは人柄だけです。

「提案企画営業」の面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください

だんだん諸先輩方の販売方式を見ていきながら、自分のスキルアップをしていくので、特別効果的な技術は必要ないですね。

あと面接に来ていただければ、人柄で解ります。

求めている人材の要素で「人と接することが好きな方」などがありましたが、実際に働いている方はどのような人柄の方が多いか教えてください

ポジティブな人が多いですね。

まとめ

株式会社新日本技建で求められている人は、ポジティブなことに加え、人柄も重視されていることがわかりました。

反響営業に求められることは、人と人とのつながりであり、塗料のプロフェッショナルであると同時に、お客様のことに興味をもち、好かれるようにならなければいけません。

さらに同社は知名度が高いので、その看板に責任を持つ覚悟もいるでしょう。

この部分だけをみても、やりがいは十分と捉えることができますので、我こそはという方は、この機会に株式会社新日本技建で面接を受けてみてはいかがでしょうか。

会社概要

商号
株式会社新日本技建(SHIN NIKKEN 株式会社)
所在地
〒590-0833 大阪府堺市堺区出島海岸通2丁11番12号
代表
岩田 弘昭
設立
1999年9月
コーポレートサイト
http://www.32-2417.com/index.html
事業内容
住宅塗料の開発、販売、施工、管理
塗装工事業、防水工事業、建設工事業、総合住宅リフォーム全般
店舗・事務所・ショップデザイン、企画、設計、施工、管理
増築・改築・内装工事業
耐震リフォーム・防蟻工事業
インテリア・エクステリアの販売、施工
住宅環境エコシステムの販売・施工・管理
住宅の企画、設計、施工、監理
不動産の売買、仲介、賃貸、管理
建設マネジメント並びに建設コンサルティング業務