はじめに

日本社会は超・高齢化、少子化が進み、生産人口が減少し続けています。日本が今後も持続的に繁栄していくためにはダイバーシティを追及し、誰もが働きやすい社会を構築していく必要があります。そうした中、注目を集めているのがプレアシードジャパンです。

プレアシードジャパンは「学校経営・運営支援」「人材育成支援」「M&A支援」「新規事業創出支援」を事業展開している企業であり、人と企業の未来を共に創造していくために取り組んでいます。今回はプレアシードジャパンの事業内容や口コミ・評判、さらにはプレアシードジャパンが求めている人材についてなど、現場の声を交えて紹介いたします。

プレアシードジャパンってどんな会社?

プレアシードジャパンの「プレアシード」は「プレジャー(喜び)」「ア(明日)」「シード(種)」を組み合わせた造語であり、「明日の未来に向けて喜びの種を育てる会社」という意味が込められています。この社名はプレアシードジャパンが実現を目指す理想を表しています。

プレアシードジャパンが目標としているのは「日本で活躍できる外国人労働力の育成」「外国人を育成することができる日本人を育成すること」「外国人が活躍できる環境の提供」の三つです。そのため、プレアシードジャパンは「学校経営・運営支援」「人材育成支援」「M&A支援」「新規事業創出支援」という四つを主要事業として掲げています。

プレアシードジャパンの学校経営・運営支援と人材育成

プレアシードジャパンの「学校経営・運営支援事業」では「育てる」環境を創出に取り組んでいます。「学校を育て、その学校が人を育てる」、これがプレアシードジャパンの進めている「学校経営・運営支援事業」です。少子化問題によって廃校になっている学校が増加している中、学校のグランドデザインを手掛け、時代や社会に求められる価値を提供できる学校経営や運営を支援しています。そして、その学校で様々な国の学生を受け入れ、教育を行っています。

また、プレシアードジャパンでは一人の持つ能力を高め、一人で多種・多様な業務をこなすことができる人材を育成することによって、顧客の生産性向上に貢献すべく、「人材育成支援事業」では組織の生産性を高めることができる人材の育成を進めています。少子化が進む日本では優れた労働力の確保、そして生産性の向上という問題は大きな課題となっており、解決するためには人材の多様性を図っていくことが重要だからです。

プレアシードジャパンの顧客

プレシアードジャパンの顧客の多くは全国にある日本語教育機関で学び、日本で就職を目指す留学生です。ただし、短期留学や語学習得の学生は対象外としています。1年3ヶ月から2年の日本語学習期間を経て、当校グループに入学していただきます。基本的な日本語を理解できるN4レベルの留学生から、日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解できるN2レベルの留学生まで、幅広い層を入学対象としています。

プレアシードジャパンは留学生を日本企業・社会で活躍できる人材として育成し、そうした外国人人材の魅力を企業に伝える活動を行っているほか、留学生、企業に対して、独自の就職ガイダンスなどを行うことで、就職意欲の高い学生を企業に紹介するマッチングも実施しています。

プレアシードジャパンのM&A支援や新規事業創出支援

少子高齢化が進展する日本では技術があっても、後継者が見つからないために、事業の持続的成長が困難になっていき、やむを得ず、事業の継続を断念したというような中小企業の事例が多く見られるようになっています。こうした状況を背景にプレアシードジャパンは「M&A支援事業」を通じて、日本企業の持続的経営・発展のサポートを行っています。

M&Aには、「株式譲渡」や「新株引き受け」のほか、「事業譲渡」「合併」「会社分割」など、さまざまなスキームがあります。M&Aのスキームごとに、法律関係や税務面での違いが生じるので、どのスキームを選択するのかは重要です。

またM&Aを効果的なものにするためには、関係当事者間の合意形成も図っていかなければなりません。プレアシードジャパンでは顧客企業に対して、M&Aに関する独自ノウハウを提供しています。

また、プレアシードジャパンの「新規事業創出支援事業」では日本の国力向上を目的にプレアシードジャパンが育成した人材が活躍できる場所づくりにも取り組んでいます。

これまで、プレアシードジャパンの事業内容をご紹介しました。ここからはプレアシードジャパンの口コミや評判などをご紹介します。

プレアシードジャパンの口コミ・評判まとめ

プレシアードジャパンのChang Shan Ling代表取締役社長は外国人経営者であり、女性経営者です。

Chang Shan Ling社長は就任時、メディアのインタビューに対して、「女性経営者と外国人経営者という立場で、自らが時代背景のモデルになるよう、柔軟性と受容性をキーワードに、日本の人口減少問題に真摯に向き合っていく」と語っています。また、前代表が目指していた「一人ひとりの幸せから始まり、日本への貢献、国際貢献につながることを信じて、ますますの事業拡大を目指していく」という路線の継承を誓っています。

これからの時代、企業に求められるのは性別、人種、国籍、宗教、年齢、学歴、職歴などの多様さを活かすダイバーシティ的視点による経営、そして企業の競争力に繋げる経営上の取り組み、が求められています。

プレシアードジャパンは性別や国籍の垣根を超えた、ダイバーシティ的視点での経営が行われています。Chang Shan Ling社長の経営姿勢や事業方針などは社内外から高い評価を得ています。

プレアシードジャパンで求められている人材とは?

プレアシードジャパンでは、女性・男性関係なく、「こんな仕事がしたい」という気持ちを大切にしている企業です。本気で仕事がしてみたいという「人の思い」が、事業拡大につながると考えています。プレアシードジャパンの採用担当に伺ったところ、そういった熱意を持った人材をもとめているとのことでした。

今回はプレアシードジャパンが具体的にはどのような人材を求めているのか、直接、プレアシードジャパンの方にお話を聞くことができました。

プレアシードジャパンの特徴などを教えてください

日本が直面している少子化社会という問題を解決することができる事業、つまり、「日本で活躍できる外国人労働力の育成」「外国人を育成することができる日本人の育成」、そして「外国人が活躍できる環境の提供」の目標とした事業展開を行っているということです。

日本企業、社会にはダイバーシティ的な視点が必要とされています。プレアシードジャパンの代表者Chang Shan Lingは自身が外国人経営者であり、女性経営者です。Chang Shan Lingは日本企業、社会が直面している問題について、肌で理解しています。

社長のChang Shan Ling、そして私どもプレアシードジャパンはこうした問題の解決に貢献していきたいと考えています。

プレアシードジャパンの社内の雰囲気は?

プレアシードジャパンのスタッフは自分の生き方や仕事のあり方にポリシーを持つことを大切にして、業務に取り組んでいます。また、自分で仕事を作り出し、それを価値あるものに育て上げることを強く意識しています。自社内を見ていて思うのは、プレアシードジャパンのスタッフの業務に対する意識が非常に高いという事です。

今後の経営方針、事業方針などについて教えてください

いまの日本では、「人口減少」という問題に直面しています。特に中小企業にとっては、採用活動などで、すでに現実のものになってきています。人は不思議なもので、一度便利さや豊かさに慣れると、なかなか元には戻れません。

今の日本はとても豊かで、便利で、情報に溢れています。しかし今のこうした豊さを維持していくためには、日本人の労働力だけでなく、外国人労働者の力も必要となってきています。

プレアシードジャパンでは、「外国人労働力」をテーマに、外国人労働者の母国、そして日本にとってもお互いが豊かになるような社会を作りたいと考えています。

まとめ

プレアシードジャパンは経営理念に“「一人」の幸せを作り上げていく、「幸せの種を明日のために」”を掲げ、主要事業の「学校経営・運営支援」「人材育成支援」「M&A支援」「新規事業創出支援」に取り組んでいます。

少子高齢化が進展する日本企業、日本社会が今後、さらに持続的に成長していくためには優秀な「外国人」人材の確保、そして活用がカギとなるでしょう。そうした状況を背景に、プレアシードジャパンに寄せられる期待は大きいといえるのではないでしょうか。

会社概要

商号
プレアシードジャパン株式会社

所在地
〒103-0001東京都中央区日本橋小伝馬町14-10

事業内容
・学校経営・運営支援
・人材育成支援
・M&A支援
・新規事業創出支援