はじめに

理学療法士と作業療法士は、どちらもリハビリテーションの専門家です。
それぞれ国家資格として国から一定の知識と技術があると認められているように社会的な信頼も高く、リハビリテーションで医療に貢献している職業です。

理学療法士は基本的動作や身体機能面の専門家として、主に身体に障がいがある方への基本的な動作の改善を目標にリハビリを行うなど、身体の土台となる部分や大きな動作に対応するのが専門分野です。
作業療法士は応用動作や日常生活動作の専門家として、身体に障がいがある方への日常生活動作や手指の細かい動作の改善を目標にリハビリを行うなど、応用的な動作や細かい作業に対応するのが専門分野です。

今回は、20年以上にわたり「即戦力となる理学療法士・作業療法士の養成」を教育理念にする日本リハビリテーション専門学校に直接インタビューを行い、お話を伺いました!

日本リハビリテーション専門学校へのインタビューはこちら!

今回、日本リハビリテーション専門学校様にお話を伺ってきました。
日本リハビリテーション専門学校に入学したいと思っている人、興味がある人は、以下のお話を参考にしてみてください。

日本リハビリテーション専門学校の学生の方は、どのような理由で入学された方が多いですか?

本校は医療系国家資格である、作業療法士と理学療法士の養成校ですので、将来はいずれかの資格を持ち、医療現場で働きたいと思っている方が入学されています。
本校には昼間部と夜間部があり、それぞれに入学される方のタイプが異なります。

昼間部は高等学校を卒業してすぐに入学される方がほとんどです。
高校在学中に部活動でけがをして理学療法士にお世話になった事がある方、またはご家族の誰かが作業療法士のお世話になったことがある方々が、将来はご自身が作業療法士や理学療法士となって恩返しをしたいと考えている方が多いです。

夜間部には、もともと介護福祉士や精神保健福祉士、柔道整復師など、医療系の職に就いていた方が、ご自身の知見を広げでさらに活躍したいとキャリアアップを考えている方がいます。
あるいは、全く別の業種(SE、飲食業、営業など)で働いていたものの将来への不安を感じ、キャリアチェンジを目指している方もいます。
さらには、大学卒業後すぐに入学される方、高校卒業と同時に入学される方など、年齢も生活環境も様々な方が一緒に学ばれています。

日本リハビリテーション専門学校の特徴を教えてください。

本校は作業療法士・理学療法士の養成校として、「医療人に必要な態度を涵養し、心豊かな人間性を育み、即戦力となる品格を持った医療人を養成する」という教育理念を掲げています。

作業療法士・理学療法士の国家資格を取得することはもちろん大前提ですが、本校の目指す教育はそれだけではありません。
医療現場で求められている即戦力を育成しています。
即戦力として活躍するためには、知識や技術を身に付けたうえで、大切なことは患者さまに寄り添い、相手の立場になって物事を考えることができるようになる事だと考えています。
そのために本校は4年課程のカリキュラムとなっています。
各クラスは少人数で、必ず担任が付き、学生一人ひとりと面談を行いながら、学生の生活スタイルや家庭環境などの状況に合わせて、勉強方法などについて細かくアドバイスしていきます。
国の基準をはるかに上回る臨床実習の時間を確保し、即戦力となるために学生のうちになるべく多くの現場経験を積んでもらうことができるようにしています。また、開校以来毎年高い国家試験合格率となっていますが、そのためには1年次より国家試験対策をスタートし、段階的に無理なく学んでいくことができるようにきっちりと対策がスケジューリングされています。

日本リハビリテーション専門学校のOB・OGで実際にご活躍されている方々は、卒業後どのような道を歩んでいる方が多いでしょうか。

本校を卒業した後は、医療現場で作業療法士・理学療法士として活躍している方がほとんどです。
就職先は、総合病院や大学病院、回復期リハビリテーション病院、介護老人保健施設、などを中心に、地域に根ざしたクリニックやデイサービスなどでも活躍しています。

本校を卒業すると「高度専門士」という称号が付与されます。
高度専門士は大学卒業の学士と同等とみなされる厚生労働省が認定している称号です。
中には、高度専門士の称号をもって大学院に進学し、修士課程・博士課程などでより専門的な内容の研究を行い、最先端の研究施設で活躍している卒業生もいます。
基本的には、本校の卒業生は病院や施設などで患者さまのリハビリテーションに取り組み、けがや病気で障がいを負ってしまった患者さまを元の生活に送り返したり、仮に障がいが残ってしまったとしても生活の質をいかにあげることができるかということを念頭に、患者さま一人ひとりに合わせたリハビリテーションを行っていきます。

日本リハビリテーション専門学校の学生の方の声として、学生生活や学校の魅力などの評判を教えてください。

「先生と生徒の距離が近く、わからないことがあったらいつでも質問に行けるので、わからない事がわからないままにせずに次にステップに進むことができます。」

「先生は親身になって話を聴いてくれて、勉強以外のことまでサポートしてくれます。」

「長い時間をかけて臨床実習に取り組むことができるので、卒業後現場に出た後に、落ち着いて行動することができました。」

「国家試験対策は1年生の時から始まり、段階的に学ぶことができるので高い国家試験合格率を維持しています。」

日本リハビリテーション専門学校を目指す方々へ向けたメッセージをお願いします。

本校では、ただ作業療法士・理学療法士の資格を持っているだけではなく、卒業後には即戦力として現場で働く事ができる人材を4年間かけて育てています。
「知識」「技術」「医療人としての人間性」の3つを兼ね備えた人材を医療現場に送り出していく事を目的としています。
開学から25年が経ち、即戦力として2500名程の卒業生を現場に送り出してきました。この分野の養成校の中では歴史も深い学校となり、多くの病院や施設から信頼をいただける学校となりました。
入学したときから卒業するまで、即戦力となるためのロードマップはしっかりとできています。
基礎から応用、さらには実践まで積み上げ型のカリキュラムで一歩ずつ確実にステップアップをしていきます。
また臨床実習も充実し、国家試験対策も25年の歴史に裏付けされたデータを元に、学生全員の合格を目指して教職員が一丸となって学生をサポートしていきます。
少人数クラス担任制で、学生一人ひとりの面倒見の良さも本校の特徴で、学校の雰囲気も良く、先生と学生とが近い距離間で一緒に勉強をしていくので、学びやすい環境を整えています。

まとめ

今回、日本リハビリテーション専門学校様にお話を伺うことができました。
国家試験対策をはじめ、医療現場に出たときに即戦力として活躍できるようにカリキュラムが組まれているなど人気の理由がよくわかりました。また、学生の方々からの評判も良く、教職員の方々が親身になってサポートしてくれることも学生の安心感に繋がっているようですね。
日本リハビリテーション専門学校にご興味を持たれた方は是非公式サイトより詳細をご覧ください。

学校概要

会社名 日本リハビリテーション専門学校
所在地
本校舎 :〒171-0033 豊島区高田3-6-18
第2校舎:〒171-0033 豊島区高田3-19-12
公式サイト https://www.nitiriha.com/