株式会社ネタもとは、2000年11月15日に設立された企業です。東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル 4Fに本社を構え、企業・団体と報道関係者をつなぐPRプラットフォームの運営、PR業務代行・アドバイザー業務、PRに特化した人材紹介などの事業を行っています。

株式会社ネタもととは

株式会社ネタもとという企業名の「ネタ」は、コミュニケーションのもととなるタネという意味です。

企業・団体の人々に向けて、ネタを発掘・発見する源泉として成長し、新たな価値を生み出す会社として貢献しようという想いが込められています。

事業コンセプトの軸は、以下の3つです。

  • メディアとの接点
  • ヒト
  • PRのノウハウ

ステークホルダーへのファンづくりを目的に、3つの軸でサービスを提供し、3ヵ年で企業・団体内に広報体制を築いています。

ニーズに合わせて利用できるサービスは、以下の通りです。

  • PRベーシック強化プラン:メディアとの接点やPRノウハウを提供
  • 育成広報室プラン:PRコンサルタントがKPI作成や広報ノウハウをレクチャー
  • 委託広報室プラン:PRコンサルタントが戦略立案やネタ探し、報道資料作成などを代行

株式会社ネタもとの評判・口コミ

株式会社ネタもとの事業やコンセプトなどに共感した方も、実際に働いたことのある人の評判・口コミをチェックすることが大切です。

ここでは、良い口コミと気になる口コミに分けて、いくつかの評判をご紹介します。

良い口コミ

若くて社歴三年目でもマネージャーや部長になれ、役職について昇進できる点は、早く成長したい人にとっては魅力的ではないでしょうか。みんな若いので、社員同士の関係は良くも悪くも友達みたいです。

 

営業職が多いためか、明るい雰囲気。女性の割合のほうが多いが、さばさばしている方が多いので特に女性特有の陰険さを感じたことはない。

 

好待遇で有名な関東ITS健康保険組合に加盟しており、同組合の福利厚生サービスがエンジョイできる。

 

月5回までランチ代が半額になるアプリを使うことができます。同僚とランチをしたい時に便利です。

口コミによると、若い人材が多く、若くして役職に付ける可能性が高いようです。福利厚生も充実しているようで、組合のメニューを楽しめたり、ランチ代がお得になったりするのは魅力と言えるでしょう。

気になる口コミ

業績次第である福利厚生制度が突然廃止されることがままある。

 

退職者が月に1~3人はいるので、退職金制度がありません。積み立てられていません。

独自のスタイルと相性が合わなかったり、入れ替えの早い職場で人間関係に悩んだりする可能性が考えられます。

退職金制度がない、福利厚生制度が急に変わるということもあるようで、それを理解した上で働く必要があるでしょう。

しかし、制度の変更などはどの会社にも見られる部分ではあるので、この口コミがネタもとのみに当てはまるわけではないようにも感じます。

株式会社ネタもとの評判・口コミまとめ

株式会社ネタもとは、企業・団体の広報体制を作るサービスを提供しています。さまざまなコミュニケーションのネタを見つける助けができるのは、働くやりがいと言えるでしょう。

若くて活躍できる環境があり、人間関係も良好のようです。ただし、若い職場である分、独自の雰囲気や流動的な人間関係になじむ必要があります。

ご紹介した評判は一部ですのでより詳細に調べて、株式会社ネタもとと相性が合うかを考えてみてはいかがでしょうか。

会社概要

名称 株式会社ネタもと
所在地 東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル 4F
代表取締役社長 本村 衆
コーポレートサイト https://netamoto.co.jp/
事業内容
・企業・団体と報道関係者をつなぐPRプラットフォーム「ネタもと」の運営
・PR業務代行・アドバイザー業務
・広報PRに特化した人材紹介