派遣業界の現状について

「派遣」という働き方に、どのようなイメージを持たれていますか?

「あまり長く勤められない」「非正規だから安定しない」など、あまりよくないイメージをお持ちの方も多いと思います。そんな「派遣」という働き方ですが、実は今、企業からの需要が高まってきていることをご存じでしょうか。

理由は、企業が直面する人手不足の深刻さにあります。

少子高齢化の現代において、人手不足は企業にとって近々の課題。そんな状況下で外部から人材を紹介してくれる人材派遣は、ビジネスの変化スピードが高まる中で「新たな事業部門に適した人材を集めたい」「業務拡大に伴い早急に人員を確保したい」など多様化する顧客企業のニーズを見事にとらえたのです。

更に、派遣を取り巻く法律の改正も後押しし、企業にとって派遣社員は受け入れられやすい存在となりました。

そうした需要の高まりを裏付けるかのような資料があります。厚生労働省によれば、2016年の平均有効求人倍率は1.36倍と1991年以来の高水準で、人手不足による企業の人材サービス需要は伸びているとのデータが示されました。

それだけ需要が高まる業界だからこそ、競争も激しくなります。今派遣業界は、生き残りをかけた熾烈な競争の真っ最中。

そんな状況だからこそ、特定の業界に絞ってサービスを提供する派遣会社も出てきました。

今回ご紹介する「ニーズコミュニケーション株式会社」もその1つ。

同社は「医療・福祉業界に強い」という特徴をもち、人気の大学病院の仕事や、オフィス内に入るキレイな施設の仕事まで、分野に特化した案件を専門知識と経験を兼ね備えた営業担当がサポートしてくれることで知られています。

そんな同社が提供する人材サービスとはどのようなものなのか? 今回は、ニーズコミュニケーション株式会社が提供する人材サービスの魅力から課題まで、同社のご担当者さまから直接伺うことができました。

ニーズコミュニケーション株式会社が提供する人材サービスについて、同社に直接インタビュー!

御社は「あなたのやりたい!を大切にする」総合人材サービス会社だと伺いましたが、派遣スタッフの方をどのようにサポートされていますか?

当社では、派遣スタッフの方に対して、きめ細やかなサポートをしています。

新しい環境で働き始める時に、人はすごく不安になります。

当社がご紹介した派遣スタッフの方も、環境に慣れるまでものすごくストレスを感じてしまうのですが、そうした時に、初日から職場環境についての感想を聞いて、1週間がたった時にもう一度聞いて、初日の心境から変化はあったのかを確認します。

その時に出た課題についてはクライアントに速やかに共有して、辞職を防ぐための対策を行います。さらに2週間目、1か月目、3か月目ときめ細やかに定期的にフォローしていき、もしそれでも足りない場合はフォロー担当がサポートが不要になるまでやっていくようにしています。

ニーズコミュニケーション株式会社の魅力はどこにあると思われますか?

やはり、きめ細やかなキャリアカウンセリングであったり、将来を見据えたお話ができることですね。

当社は中小企業ですが、大手と比べ、サポートに重きをおいています。

大手では営業担当とフォロー担当で担当が分かれていたり、営業とフォローを兼ねている場合がありますが、抱えている案件数が多く、きめ細やかなサポートができないケースがあります。

それに対し当社では、営業担当とフォロー担当が一緒にサポートするので、きめ細やかなサポートをすることができるのです。

特に営業担当は男性が多いのですが、コーディネーターは女性が多いので、女性ならではの悩みがわかる女性スタッフが対応できることも魅力といえますね。

逆に課題はどこにあると思われますか?

もっと他の業種を扱っておいても良かったなと思っています。

以前サポートした求職者の方で、当社が扱っている業種以外を希望していたことがありました。

分野に特化しているからこそ、そうしたところに対応できないのが課題ですね。

これから派遣として登録したいという人に向けて、一言メッセージをお願いします

派遣というものは人によって考え方が違うものです。例えば派遣を簡単に考える人、アルバイトと同じ延長線上で考える人、正社員と同じように考える人まで様々です。

仕事をするということは、対価をもらうということ。対価をもらうということは、仕事をきっちりと頑張るということ。それをちゃんと心にとどめて、仕事をしてほしいということと、辞めれば職歴に傷がついてしまうので、本当にやりたい仕事を見つけて、できる限り長くやっていきましょう。

そのためのお手伝いを、我々の方でもさせていただきます。

辞めるのは簡単、続けるのは難しい。継続は力なりです。

学校を卒業した後、大手企業に入れなかったりするなど、就職で失敗した人もいるでしょう。しかしあくまでも新卒の枠で入れなかっただけで、実際、派遣で能力を認められて大手企業の社員になった人も結構います。

だからこそ、派遣だからと侮らない。派遣から内部登用で社員になって、課長や部長などの役職者になった人さえいます。

なかなか想像できないです。派遣から正社員や役職者というのは

これは自然の流れだと思っていて、上司に媚びを売れば上に行くかといえばそうでもなく、ほとんどの会社が年功序列から実力主義に変わってきているわけです。

能力があれば派遣であっても上に行くチャンスは十分あります。

派遣になる方で、派遣に魅力を感じる理由としては、働き方を調整できるというところですか?

そうですね。

面白い例があって、今まで音楽活動をやっている傍ら、派遣として大手企業のコールセンターで働いていた方がいたのですが、ある時、音楽活動をやめてしまったんです。

それから働いていた会社で契約社員になって、1年後正社員になっているので、夢をあきらめたとしても、そこで正社員になれるんですよ。

派遣のデメリットとしては、ずっと非正規で同じ場所では短い間しか働けないと思っていたのですが、そんなことはないんですね

そうです。その人次第のところもありますが、長く働きたいのであれば、当社では無期雇用に転換することもできるので、そこも他社とは違うところですね。

まとめ

今回お話しを伺っていて感じたのは、同社が「非常にスタッフの方を大事に思っている」ということです。

特に印象的だったのが、企業にスタッフを紹介してから2週間目、1か月目、3か月目ときめ細やかに定期的にフォローしているということ。

同社では、登録に来た方へのヒアリングをしっかりとしてから適職を紹介しますが、場合によっては、職を変えるのをオススメしない提案もしているそうで、その姿勢に利益より、スタッフの方を大事に思っている姿勢を感じることができました。

終身雇用が崩壊し、働き方も多様となる今の時代、よく言えば自由な働き方が選べると言えますが、逆に言えば、将来の安定を約束してくれるものが無くなったとも言えます。

そうなると将来に対する漠然とした不安を抱えながら、日々を過ごさなければいけません。

そんな時に自分の立場になって、一緒に仕事に対して考えてくれるパートナーがいてくれるのは、非常に頼もしいのではないでしょうか。

もしも今、時間に融通のきく仕事を探している、派遣の働き方に興味があると思っている方は、ニーズコミュニケーション株式会社に相談にのってもらうのもいいかもしれません。

会社概要

商号
ニーズコミュニケーション株式会社
所在地
東京都千代田区外神田3-2-12
設立
2011年8月30日
コーポレートサイト
https://needscommunication.co.jp/
事業内容
一般派遣
紹介予定派遣
有料職業紹介
業務委託(BPO)