はじめに

柳瀬健一氏が代表を務めているみんなで大家さん販売株式会社は、1998年8月に設立しました。本社は、東京都千代田区に置き、不動産の安定した賃貸利益を分配する資産運用「みんなで大家さん」をメイン事業としています。
みんなで大家さんシリーズにおいて、過去に一度も想定利回りを下回ることなく運用ができています。

今回は、みんなで大家さんシリーズのご担当者に直接インタビューをしてきました!

みんなで大家さん販売株式会社様の事業概要をお聞かせください

弊社、みんなで大家さん販売株式会社は不動産投資ファンド商品「みんなで大家さん」シリーズを専門的に販売している会社です。1998年8月に設立され、1999年12月に長瀬マクドナルド店舗証券化事業、2001年6月にはキャピトル心斎橋収益マンション証券化事業などを手がけるなど、不動産証券化事業において、実績をあげてきました。

それまでに事業実績から、2007年7月、東京都知事から不動産特定共同事業法に基づく東京都知事許可(許可番号76号)を取得し、2007年9月、「みんなで大家さん」シリーズの第1号の運用・販売をスタート。2010年に予定通り、償還いたしました。

「みんなで大家さん」は一口100万円から投資が可能で、利益分配は2カ月に一度、という特徴があります。
最新の「みんなで大家さん」シリーズは熊谷駅前のホテルを組み入れた「シリーズ47号」、成田国際空港周辺の開発を組み入れた「シリーズ成田8号」、テーマパークのともいきの国伊勢忍者キングダムを組み込んだ「シリーズ伊勢6号」、そして純国産バナナ・青果生産加工流通施設を組み込んだ「ファーム5号」となっています。

投資家の皆様にこれらの不動産投資ファンド商品「みんなで大家さん」シリーズをご案内し、営業・販売し、展開していくことが事業でございます。

みんなで大家さん販売株式会社様は共生バンクグループの企業だとうかがいました

みんなで大家さん販売株式会社は、傘下企業20社以上の共生バンクグループにおいて中核事業となっている不動産ファンド事業に携わっております。1997年に柳瀬健一が設立した都市綜研インベストバンクグループが発展して、現在の共生バンクグループとなりました。

みんなで大家さん販売株式会社は共生バンクグループが経営理念として掲げている、人や地球のために生きる「共生(ともいき)」の思想、企業理念である「共生主義経済の実践」に則り、事業活動を行ってきています。

また、社会構造の変化で人々の欲求も変化しており、物質欲追求型の資本主義的な経済の考え方や価値観では通用しなくなる時代が来ています。
弊社、みんなで大家さん販売株式会社、そして共生バンクグループはその台頭としてのポスト資本主義を「共生主義・ともいき主義」と呼んでおります。私たちが目指すのは「共生」という理念や考えに基づく社会づくりです。この「共生」は人間の本質的な欲求が精神的な喜びや心の成長にあると捉え、”人や環境の為に生きる”ことを基本としています。
「共生」という考えに基づき、「みんなで大家さん」シリーズの販売代理を通じて、社会に貢献し、生活者を満足させていくことをグループ全体の目的としております。

みんなで大家さん販売株式会社の柳瀬健一社長はどんな方なのでしょうか?

弊社、みんなで大家さん販売株式会社の代表である柳瀬健一は1966年生まれ、兵庫県神戸市の出身です。自衛隊を経て、1992年から資産家向け財務コンサルティングを行なっていました。
不動産の開発やホテル営業、高齢者・社会福祉施設の運営、そして不動産証券化といった事業などに取り組んでまいりました。

2007年には不動産証券化事業の実績を生かし、「不動産特定共同事業法」に基づく許可を取得し、共生型の不動産ファンド事業をスタートさせました。
柳瀬健一は2010年、ダイヤモンド・ビジネス企画より「みんなで大家さんになろう!~共生的不動産購入のススメ~」を出版しております。
この著書のテーマは「小額投資から大家さんになる方法をお教えします!」ですが、みんなで大家さんという不動産投資ファンド事業を通じて、
柳瀬健一が実現を目指している地方の産業育成や経済の活性化、発展途上国支援といったことについても言及いたしております。ぜひ、ご一読いただければと思います。

みんなで大家さん販売株式会社様が販売している「みんなで大家さん」について具体的におしえていただけませんか

不動産の賃料は経済市況に左右されにくい収入の一つとされています。
「みんなで大家さん」シリーズという弊社が販売代理している不動産投資ファンド商品はその不動産賃料をベースとして設計されております。

「みんなで大家さん」シリーズは共生バンクグループの都市綜研インベストファンド株式会社が、「優良な不動産をみんなで保有し、その賃料収入を享受し続けることで共に豊かになっていただく」という考え方で、組成しているファンド商品であり、弊社も、みんなで大家さん販売株式会社と都市綜研インベストファンドが不動産特定共同事業法に則って販売しております。

「みんなで大家さん」シリーズの特徴は「少額資金で大型の商業施設やオフィスビル等の不動産に投資が可能」「管理・運営は都市綜研インベストファンドが行うため、出資者は手間がかからない」「市場の変化を受けにくい、賃貸収益による元本評価」「流動性(換金性)を高めた商品設計」などが挙げらます。

「みんなで大家さん」シリーズが投資先として、組み込んでいる不動産は成田国際空港周辺の商業施設など街づくりプロジェクト、日本の伝統・文化などが楽しめるテーマパーク「伊勢忍者キングダム」、ホテル、バナナ農場、バイオテクノロジー研究開発施設など、個人で不動産投資するのは難しいものばかり。
こうした不動産であって小口に分けられていれば個人でも手が届く投資額となります。「みんなで大家さん」シリーズの不動産投資ファンドは1口100万円から投資を行うことができます。

みんなで大家さん販売株式会社様はどういった方法で営業活動を行っておられますでしょうか?

弊社が販売しております「みんなで大家さん」は ”不動産を所有する煩わしさを排除し、手軽に家賃収入を得る”事ができる不動産小口化商品です。
しかし、不動産投資商品の運用はリスクがゼロではございません。
そこで、ご出資いただく前に、「みんなで大家さん」という商品の概要、リスク、そしてリスクを軽減する保全の仕組み、これまでの実績などを詳しくお話させていただいております。

その機会の場として商品説明会と個別相談を、設けさせていただいております。
商品説明会は弊社社員が講師を勤め、スクリーンを使って視覚的にご説明させていただくというものです。

著名な方やファイナンシャルプランナーの方に講師として参加していただき、資産運用の全体像などについてご説明させていただくこともございますが、通常は45分ほど弊社社員が講師として、ご説明させていただき、その後、ご質問のある方、もう少し詳しく知りたい方、お申込み手続きをご希望の方に対して弊社社員による個別相談にご案内させていただきます。

「みんなで大家さん」は比較的安定した運用をしたい方、分散投資を考えられている方、不動産投資に魅力を感じている方、株式投資などの日々の値動きを追いかけるのにお疲れになっている方、資産運用に割ける時間が少ない方、計画的に資産を形成したいお客様にご参加いただきたいと考えております。

まとめ

以上、みんなで大家さん販売株式会社にインタビューをしてきました。

みんなで大家さん販売株式会社は、共生バンクグループの中核事業です。
グループの経営理念である人や地球の為に生きる「共生(ともいき)」の思想は、人間の本質的な欲求が精神的な喜びや心の成長にあると捉え、
人や環境の為に生きることを基本にしています。共生という考えに基づき、社会に貢献し生活者を満足させることを目的にしています。

今後、さらなる発展が楽しみですね!

みんなで大家さん販売株式会社の会社概要

会社名
みんなで大家さん販売株式会社

本社・支店所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目3番地第7秋山ビルディング5階
・大阪支店
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-1-5ザイマックス梅田新道ビル12階

公式サイト
https://www.minnadeooyasan.co.jp/

代表者
栁瀨 健一