メンタルケア協会はどのような企業なの?

メンタルケア協会は1993年に設立された精神対話士を養成するための団体のことです。こちらの協会が全国規模で精神対話士の認定や派遣を行っています。人の心の問題について活動していて、調査や研究をしたり、あるいは講習会を開催しています。メンタルケアに関する書籍も多く出版しており、人の心の問題やメンタルケアについて一般の方に理解を深めてもらうための啓蒙活動をしているのです。

また、日本精神対話学会の支援も実施しています。人の心の問題については昨今注目を集めることが増えているため、それに対して真剣に考えて対策を講じようとしているのがメンタルケア協会なのです。こちらの協会の活動を通して、多くの人の心の悩みを救おうとしています。メンタルケア協会の活動の中でも特に注目するべきなのは精神対話士の養成です。

そもそも精神対話士というのは人の心のケアに関するスペシャリストのことです。メンタルケアの専門家としてクライアントのために活動をしています。クライアントの悩みに共感して、思いやりのある暖かい対話をしたり、実際に悩みを解決するための支援をします。心の問題についてのプロフェッショナルとして守秘義務を始めとした責任のある行動を取ることが求められているのです。

精神対話士になるために講座を受講する人たちの理由としては、カウンセラー系の資格に興味があったからという人たちが多いです。つまり、カウンセラーとして仕事をしたいと考えている人たちが、この資格の講座を多く受講しています。その次に多いのが、現在の仕事に活かせるなどキャリアアップにつながる資格だと認識して受講する人たちです。また、現在働いている職場で必要ということで受講する方もおり、仕事に役立つ資格として受講しています。

さらに、セカンドライフとして第二の人生のためにこの資格を取得して、誰かの役に立つ仕事を始めたいと考える方も多く受講しています。これらの理由で受講する人たちが全体の70%を超えています。
精神対話士の講座を受講する人たちの年代は様々になっています。若い世代の学生から主婦の方、ご高齢の方、また会社員から医療従事者、教師まで幅広い世代、職業の人たちがこちらの資格を取得するために講座を受講しているのです。こちらの受講に関しては、学歴や職歴がプラスになることがあっても障害になることはありません。また、精神対話士の受講者の男女の割合では女性の方が多く、約65%となっています。年齢別では、10代から80代の方まで幅広く受講しています。

そんな意義深い仕事をしている精神対話士を養成するための講座をメンタルケア協会は開講しています。その講座を受講して、さらには実際に試験を受けて合格することによって、精神対話士として働けるようになるのです。精神対話士になると、精神科医からのサポート体制がととのっているため、安心して活動が進められることになります。こちらの協会についてよく理解して、その活動内容に共感できるならば、実際に養成講座を受講すると良いでしょう。

メンタルケア協会の口コミまとめ

良い口コミ

他人から頼られる存在になれた。

対話力が身に付いて、日常生活に応用できる。

メンタルケアをやり遂げた時の達成感が嬉しい。

気になる口コミ

かなりの対話力が必要とされる仕事だと感じた。

実際に対話に臨むと、プレッシャーを感じるのではと思った。

他人と直接接する仕事であるので、責任の重さを感じてしまった。

メンタルケア協会についての調査結果

良い環境

メンタルケア協会の実施している精神対話士の養成講座は良い口コミがたくさん寄せられています。まず、他人から頼られる存在になれたという人がいます。養成講座では人の気持ちに対して理解を示して、他人とどのように対話をして相手の心のケアをするべきかについて学ぶことができるのです。

そこで身につけたことは普段の会話の中でも役に立てることができて、それによって他人から頼られるようになる可能性は高いでしょう。また、対話力が身についたという口コミもあります。普通の人は他人と会話する際にほとんど何も意識していません。養成講座では会話の際の注意点やポイントについて学ぶことができるため、日常生活のなかで他人とコミュニケーションをとる際にも役立ちます。

実際にメンタルケアをした人からは、とても達成感があったという口コミがあります。自分の力によって他人の心をケアすることができれば、その充実感はとても大きなものとなるでしょう。養成講座を受けてみて、自分にはハードルが高いと感じた人もいます。精神対話士というのはメンタルケアのプロフェッショナルとしての責任を求められる仕事です。

そのため、ある程度の能力が必要となるのは仕方のないことでしょう。責任の重さはそれをきちんと受け止めるしかありません。養成講座の内容をきちんと理解して実践できるようになれば、必要以上にプレッシャーを感じることはないでしょう。正しく講座の内容を把握して、それを適切な方法で実行することができれば、きっとクライアントは心を開いてくれて、徐々に問題を解決することができるようになるでしょう。多くの人を救う喜びを感じられるようになり、実際にそれを実感できたという良い口コミも寄せられています。

メンタルケア協会のまとめ

管理人の見解

メンタルケア協会はこれからの時代に必要とされる人材を輩出しています。こちらの養成講座を受けて、精神対話士になることによって、多くの人の心のケアをできるようになるのです。専門家として人の心の問題に触れられるようになります。このようなスキルというのは現代社会においてとても重宝されるものでしょう。

最近は人の体の健康だけではなくて、心の健康についても注目されるようになりました。心の健康状態を維持することによって、心理的なプレッシャーから解放されて清々しい気持ちで生きられるようになるのです。そのための助けをする精神対話士は個人はもちろん、学校や企業、病院、老人ホームなどこれからかなりの需要のある専門家となるでしょう。メンタルケア協会の行っている精神対話士の養成講座は、実際にプロとして仕事をしたい方以外の人にとっても意味のあるものです。

人の心についての理解を深めることができて、実践的なスキルを身につけられるからです。どのようにして人の心に踏み込んでいけば良いのか理解できるようになるでしょう。対話力を身につけたかったり、人の気持ちをもっと理解したいという方にも養成講座はおすすめなのです。他人と直接関わるような仕事をしている人にとっても、精神対話士の資格を習得することは決して無駄にならないでしょう。人と関わる限りは、精神対話士の養成講座で教えられている内容というのはコミュニケーション技術を高めるために非常に意味のあるものなのです。それを日常生活に応用することもできるのです。

今後さらに活躍が期待される精神対話士

16年前、大阪・池田市の大阪教育大学附属池田小学校で8人の児童が殺害された事件で、姉を亡くした19歳の女子大学生が精神対話士の資格を取得しました。

「多くの方の苦悩を和らげ、生きる希望がもてるよう、真心をもって頑張りたい」と語っています。
今後の活躍が期待されます。

会社概要

商号
一般財団法人メンタルケア協会(公式サイトへ)
設立
1993年(平成5年)9月1日
代表者
吉村 博邦
事業内容
心の問題に関する調査、研究 ほか