はじめに

医学は現在進行形で発展し続けています。かつては不治の病といわれていた病気でも、現代は早期治療できればしっかり治せるような疾患も少なくありません。病気の治療法として投薬療法がありますが、投薬療法の中には副作用リスクがあります。例えば抗がん剤です。がん細胞を攻撃する効果がある半面、正常な細胞にも攻撃してしまうので強い副作用が表れることも少なくありません。このような課題を解決してくれるのではないかとして注目されているのが、DDSです。

DDSとは「ドラッグ・デリバリー・システム」の略称で、医薬品の効果を最大限に発揮させるためのシステムや技術のことです。必要な患部にピンポイントで必要最小限の薬物を供給することで、症状を改善する仕組みです。DDS製剤が開発されることで、副作用をできるだけ少なくしたうえで症状を快方に向かわせることができます。

このDDS事業に力を入れている企業はいろいろと出てきていますが、その中の一つに今回紹介するLTTバイオファーマがあります。本記事では、LTTバイオファーマとはどのような企業かについて、調査とインタビューを行ってきました!

LTTバイオファーマへのインタビューまとめはこちら!

LTTバイオファーマ様で働くうえで、一人前になるまでどれくらいの期間が必要ですか。

通常1人だけでやろうとすると10年は掛かりますが、LTTバイオファーマではある程度周りがサポートする体制を整えているため、2~3年ほどで一人前になることができます。

実際に、弊社では入社2~3年目で1つのプロジェクトリーダーをやっている社員もいて、若いころから責任ある仕事を持つことができます。このように、早いうちから経験を重ねることが、自身のスキルアップにも繋がっているのだと思います。今後はプロジェクトの掛け持ちなどもして、どんどん成長していってほしいですね。

LTTバイオファーマ様で働く中で、どのような成長を得ることができますか?

現在、LTTバイオファーマは第2の創業ステージに入り、事業の拡大を目指しています。その一環で様々なことに挑戦してみようと考えているのですが、研究者自身も少し厳しい環境の中で働くことで、ビジネスのあり方をひしひしと感じることができるようになることを期待しています。

ベンチャー起業の良い面を上手く利用して、ステップアップしていける。
そのような場はたくさんありますから、みんながベンチャーでスキルアップしたいと考えるようになってくれればなと思います。

実際に活躍されている方々は、どのような能力が高いと感じますか?また働いている方々はどのような人柄の方が多いか教えてください。

LTTバイオファーマで活躍している人に共通しているのは、「積極性がある」という点です。
ベンチャーかつ創薬の業界は、一度の挑戦で成功するということは珍しく、どちらかと言うと失敗するのが当たり前の環境です。そのため、失敗を恐れて何もしないよりも失敗を重ねて結果を残す方が、評価が高くなります。挑戦していくことができればそのうち成功できますし、成功までの経験も必ず自分の力になると思います。

LTTバイオファーマで働いているメンバーについては、素直な人が多いですね。基本的に、「薬を作りたい」という子どものような単純さや探求心を持っています。
ひたすら上手くいくまでやり続けるような一本道な人が、成功することが多いのではないでしょうか。

実際に働いている社員の声として、会社の魅力や課題を教えてください。

仕事の成果を上げるためには他種多様な技能や知識を求められますが、そこに従属できるところがこの会社の魅力です。
会社を少数で切り盛りする中で、医薬品の疾患の知識・統計学の知識・財務力やマネジメント力など様々な力を身に付けることができます。社員一人ひとりに責任が帰属してくるので、私たちは「責任に対して努力をする」ことが重要になります。社会人として働くというよりも、「必要な責任義務を果たす」という点に目を向けて日々取り組んでいると言ったほうがしっくりくるかもしれません。

「自分は常に一人者である」という意識を忘れないことが大切なのではないかと思います。

まとめ

今後高齢化社会がますます進んでいくと考えられています。年齢を重ねると、どうしても身体のいろいろな箇所に問題が起こりやすくなります。高齢者の数が多くなれば、それだけ医療機関を利用する人も増えてくるでしょう。そうなると医薬品を用いた治療を受ける人も増えてくる可能性が高いです。

LTTバイオファーマの手掛けているDDS製剤の開発が進むと、高齢者がいつまでも健康的に暮らせるようになるかもしれません。副作用を少なくすることで高齢者の身体の負担も軽減されます。また病気や症状によっては、もはや治療手段がないというケースも出てくるでしょう。しかしDDSが開発されることで、投薬による治療や症状の施行を遅らせることも可能になります。投薬に伴う副作用も軽くなりますので、患者のQOLを上げることも可能です。ターミナルケアとしても重要なポイントになってくるでしょう。

今回のインタビューを通して、LTTバイオファーマではこのような医療業界を革新させるような重要な事業を手掛けているということが分かりました。この事業は、今後業界でもさらに注目されるような存在になってくるでしょう。お年寄りになってもいつまでも健康的に長く生活していきたいと思う人がほとんどでしょう。もしDDSなどについて興味があれば、LTTバイオファーマの公式ホームページで一度その詳細を確認してみてください。

会社概要

名称:株式会社LTTバイオファーマ LTT Bio-Pharma Co.,Ltd.
本社所在地:〒105-0022 東京都港区海岸一丁目2番20号 汐留ビルディング3階
代表:代表取締役会長兼社長・最高経営責任者(CEO) 水島 徹
電話番号:03-5733-7391
FAX番号:03-5733-7397
公式サイト:https://www.ltt.co.jp/