はじめに

共生バンク株式会社は、1997年7月に設立、本社を東京都千代田区に置いています。共生バンク株式会社は、不動産開発事業やファンド事業、ホテル事業、テーマパーク事業、テクノロジー事業、農業事業、シニア事業、ジビエ事業などを展開しています。
例えば、「共生日本ゲートウェイ成田」の不動産開発事業、「みんなで大家さんシリーズ」のファンド事業を行っています。また、グループ会社は20社を超え、その経営管理や付帯する業務を事業としています。

今回は、共生バンク株式会社の担当者の方に直接インタビューをもとに共生バンク株式会社業務内容や魅力についてご紹介します!

共生バンク株式会社に直接インタビュー

共生バンク株式会社様の事業概要をお聞かせください。

共生バンク株式会社は「共生経済の実践」を理念に掲げ、事業展開し、成長してまいりました。現在、共生バンクのグループ会社は都市綜研インベストファンド株式会社、都市綜研インベストバンク株式会社、みんなで大家さん販売株式会社、和数奇ホテルズ&リゾーツ株式会社など、20社以上となっております。共生バンクがグループで手掛けている事業は不動産の仕入れ・開発を行う「不動産開発事業」「ファンド事業」、社会貢献や先進的開発、不動産価値の向上を図る「テーマパーク事業」「ホテル事業」「テクノロジー事業」「農業事業」「シニア事業」「社会福祉事業」「ジビエ事業」です。グループの各事業が緊密に連携することによって、事業全体の質的向上が実現しています。共生バンクはグループ会社一丸となって、人や環境の”為に生きる”という「共生」の考えに基づく企業活動により、豊かな社会を創造を目指しています。

共生バンク株式会社様が現在注力している事業は不動産開発事業とファンド事業ですね

わたくしども共生バンクグループにおける不動産開発と不動産ファンド事業のみならず、手掛けている事業のすべてが密に連携することで、シナジー効果を高めています。中でも不動産開発と不動産ファンド事業はグループの中でも圧倒的な優位性があり、強化する事業として位置付けています。不動産開発事業では自己勘定によって取得した不動産を開発し、価値を増加させ、運用または売却する投資事業を行っています。不動産ファンド事業はこの開発された不動産を証券化し、金融商品として派生させ、投資家のみなさまに対して、長期的に安定した利回りの資産運用を実現すべく、サポートしております。一つの例を挙げると成田国際空港周辺の不動産開発プロジェクトでは成田インターチェンジの目の前、成田国際空港へ車で3分の場所に、12万坪の緑豊かな土地を確保いたしました。そこに日本が世界に誇る商品・サービス・ビジ ネスが集う「本物志向の街」を作っております。この開発プロジェクトをわたくしどものグループ会社が組成・運営・管理・販売しているファンドに組み入れることで、シナジー効果を高めています。

共生バンクグループの会長・CEOの柳瀬公孝様はどんな方なのでしょうか?

わたくしども共生バンクグループの代表、柳瀬公孝は1966年生まれ、兵庫県神戸市の出身です。自衛隊を経て、1992年から資産家向け財務コンサルティングを行なっていました。また、不動産の開発やホテル営業、高齢者・社会福祉施設の運営などに取り組んでまいりました。2007年には不動産証券化事業の実績を生かし、「不動産特定共同事業法」に基づく許可を取得。共生型の不動産ファンド事業をスタートさせています。柳瀬公孝は政界でも活動いたしております。2011年、与野党保守系国会議員で構成された超党派の議員連盟「国家経営志士議員連盟」設立時、柳瀬公孝は事務局長として参画いたしました。柳瀬公孝を動かしているのは「共生主義・ともいき主義」という考え方です。社会構造変化の中で人々の欲求は変化し、物質欲追求型の資本主義的な経済の考え方や価値観では通用しなくなる時代が来ております。柳瀬公孝はその台頭、ポスト資本主義を「共生主義・ともいき主義」と呼んでおります。

共生バンク株式会社様で実際に働いている社員の声として、会社の魅力や課題を教えてください。

わたくども共生バンクという企業の魅力は会社が手掛けている事業、そしてわたしたちが日々取り組んでいる業務の遂行を通じて、社会に貢献できている、国づくりに貢献できていると感じられることです。そこには生きがい、やりがいがあります。責任感も感じております。共生バンクの事業はすべてが創業者の柳瀬公孝が理念として掲げている「共生(ともいき)」という考え方に基づいています。「共生」という考え方は人間の本質的な欲求が精神的な喜びや心の成長にあると捉え、人や環境の“為に生きる”ことを基本としております。そしてこの「共生」という考えに基づき、わたくしども共生バンクの企業活動が目的としているのは、共生バンクグループの商品やサービスを通じての社会貢献を行い、生活者のみなさまに満足していただくということです。わたくしども共生バンクは全社員が国のオーナーとしての自覚と責任といった心情を持っており、社会に対して何ができるのかを日々考え、行動しています。

共生バンク株式会社様の今後の事業方針をお聞かせください。

共生バンクは国家を強くするための事業に取り組んでおります。成田国際空港周辺地域の不動産開発事業に加え、世界の農業・畜産業・水産業に貢献し、人類の食糧問題・地球環境問題の解決を目指した研究センター「アグレボバイオテクノロジーセンター」におけるテクノロジー事業はその一つです。また、テクノロジー事業で研究開発した技術を用い、農作物の生産・販売に取り組み、世界の食料問題の解決を目指す農業事業も国家を強靭化するために重要な役割を果たす、わたくしどもの事業だといえます。一方、わたくしども共生バンクグループの社会貢献事業としてはシニア・高齢者様向けの生活支援サービス付マンションのハードとソフト面、双方からの運営管理を通じて、入居者様、そのご家族の皆様の快適な生活をサポートするシニア事業、さらにはグループ会社の株式会社結心による障害児通所支援施設、保育園、学童教室の運営を通じて行っている社会福祉事業などに取り組んでおります。こうした、取り組みで「共生」社会の実現を目指していきます。

まとめ

以上、共生バンク株式会社のご担当者様にインタビューをしてきました。
共生バンクという企業の魅力は会社が手掛けている事業、そしてわたしたちが日々取り組んでいる業務の遂行を通じて、社会に貢献できている、国づくりに貢献できていると感じることができます。
また、社名にもある「共生(ともいき)」をとても大切にしており、共生バンク株式会社は「共生」に基づいて事業を行っています。
今後の共生バンク株式会社から目が離せません。

共生バンク株式会社 会社概要

会社名 共生バンク株式会社

本社所在地 〒102-0083東京都千代田区麹町5丁目3番地 第7秋山ビルディング5階

代表 栁瀨 公孝

公式サイト https://www.kyosei-bank.co.jp/