はじめに

環境コンサルタントという職業をご存知でしょうか。
日本ではまだ「コンサルタント」といえば「経営コンサルタント」をイメージする方も多いかもしれませんが、環境コンサルタントは、広い意味では環境を保全するためのコンサルティング業務を行う仕事です。

環境問題は日本だけでなく世界が抱える大きな問題となっており、世界中の企業は環境に配慮した商品開発などの事業を行う必要に迫られています。

環境コンサルタントは、そうした企業が環境保全をしながら事業展開を行うための手助けをすること、つまり環境保全のプロとして企業にアドバイスをしていくことが仕事です。

幅広い「環境コンサルタント」の業務はいくつかの種類に分けることができますので、ご紹介します。

【CSR系環境コンサルタント】

企業のCSR活動についてのアドバイスを行うのがCSR系環境コンサルタントの主な仕事です。

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、企業の社会的責任という意味です。
それぞれの企業が人権、コンプライアンスの遵守、地域社会との共存・貢献、そして環境問題への配慮といった社会的責任を果たすべく努力しています。

CSR系環境コンサルタントは、企業の行う事業の土台である環境を整備して、仕事がスムーズに進められるようにコンサルティングします。
また、事業だけでなくCSR活動についてもサポートをする仕事であり、企業のイメージ作りにも貢献する仕事といえます。

【建設系環境コンサルタント】

建設系環境コンサルタントは、国土交通省に登録してコンサルティング業務を行う「建設コンサルタント」から派生した仕事です。

建物の建設や、現場の開発工事によって起こりうる環境被害などを調査・予測して、環境への悪影響が大きいと予測できる場合には改善策などを提案していきます。

大規模な建設工事などを行う場合には環境調査が義務付けられているため、建設業において建設系環境コンサルタントは欠かすことのできない存在です。

東京オリンピックに向けて大規模な建設や再開発が進んでいますし、老朽化した建築物はこれからも再建設されていきますので、今後もさらに需要が高まる仕事といえるでしょう。

【製品系環境コンサルタント】

製品系環境コンサルタントは、企業の製品に関する環境調査などを行うのが仕事です。

製品の製造過程で環境に対しどのような影響を与えるのか、また、製品自体の環境貢献度はどの程度かといった調査を行います。
環境に配慮しながら生産コストを抑えるためのアドバイスや、環境に与える影響の調査結果によっては改善策の提案も環境コンサルタントの仕事です。

環境問題を意識した製品を生産することは、製品としての付加価値を上げ、企業イメージもアップしますので、企業に対しての環境コンサルタントのニーズは増加しています。

こうした環境コンサルタントを行っているのが「株式会社アール」です。今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

株式会社アールってどんなところ?

株式会社アールは“人と人、その笑顔”の会社理念のもと、「環境修復・改善・浄化」によって、人と動物、植物そしてそれらすべてを含む地球との「より良い共存」を目標にした会社です。

現在、株式会社アールは下記の5つの事業を主軸として環境改善事業、新製品の研究・開発を行っています。

  1. 環境改善微生物の研究・開発
  2. 悪臭の抑制・解消
  3. 排水の浄化
  4. 汚染土壌の改善
  5. 自然循環サイクルの構築

また、社会全体での環境保全事業にも力を入れ、「50年後、100年後の子供達が安心して飲める水」を残せるように、環境コンサルティング企業としても活動しています。

  • 株式会社アールの主軸商品「Type-R」とは?
  • 光合成細菌の一種である紅色非硫黄細菌を主とした 複数の微生物で構成されています。
    環境の浄化・修復・改善を行う複合微生物群により、微生物の環境活用として必要なふたつの特徴を兼ね備えた微生物資材です。

    天然資源を有効利用し、自然に近い環境(開放系)にしていき、さらに光合成細菌の優先的複合培養 (独自の培養法)することで、様々な場面に利用出来る環境適応能力が高いのが特徴で、自身も浄化能力を持っており、さらに有用微生物の活性を促します。

    水環境・土壌環境のどちらに対しても有効な環境保全効果があり、有機物の腐敗や臭気の発生を抑制し、水質浄化・土壌改良に役立ちます。

    このような商品を活かして環境コンサルタント事業をおこなっている株式会社アールで実際に働いている社員の口コミをご紹介していきます。

    株式会社アールで実際に働いている社員の口コミ

    入社を決めた理由は、若い方が活躍されていて活気があり、成長できる環境と感じたからです。
    経営幹部の人たちも若いメンバーで、先を見据えて新しい発想を取り入れて会社を成長させていると感じます。

    株式会社アールの調査結果

    株式会社アールは、「『50年後、100年後の子供達が安心して飲める水』を残せるように環境コンサルティング企業としての活動を行っている」ということなので、実際に社内で若い人材が活躍していて活気があるのは未来のより良い環境を実現するために、素晴らしいことだと感じました。

    また、経営幹部も若いメンバーで構成され、未来を見据えての新しい発想を取り入れて会社を成長させているということも、これから先の企業の発展に必要なことだと思います。
    株式会社アールが若い人材を信頼しているからこそ、経営幹部の年齢層が若く活気ある会社になっているのですね。

    株式会社アールに求められている人材とは?

    株式会社アールでは、現在環境コンサルティングを行っています。

    詳細はコチラから!

    今回は「環境コンサルティング」という仕事において、どのような人材が同社に求められているのか、直接お話を聞く事ができました。

    御社で一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

    やる気があれば数ヶ月。”いかに覚えられるか”が重要です。

    基本となるのが廃棄物処理法!化学も勉強しているとより良いですね。

    「環境コンサルティング」を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

    お客様の立場になり迅速に問題点を解決する方法を提案することです。

    お客様に、困っている事、今後必要とする事を聞かせていただき、その会社にあった形の提案をします。

    各社色々な問題を抱えており、いかに当社のネットワークで、一つでも多くの問題を解決する事が大切だといえるでしょう。

    求職者への面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください

  • 志望動機
  • 自分の性格、長所・短所
  • 長期努めたいかどうか
  • 厳しい仕事・嫌な仕事にも前向きに取り組めるか
  • 実際に活躍されている社員の方は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方はどのような人柄の方が多いか教えてください

  • 発想力の豊かさ
  • 整理整頓がしっかり出来る
  • 仕事の正確さ
  • 個性的な人が多いですが、一つの事に取り組む姿勢はみんな同じ気持ちで頑張っています。

    まとめ

    環境コンサルタント事業を行っている、株式会社アールについてご紹介してまいりました。

    工場管理・水処理・ガス処理・悪臭対策・土壌改良 中間処理・無害化処理・リサイクル技術等といった環境コンサルタントの仕事は、これからの日本だけでなく世界にとってさらに重要な仕事となっていくように感じました。

    企業が事業を行うとき、自社の利益ばかりを追求した時代、各国で公害が起きて環境が悪化し、たくさんの人・動物・植物が犠牲になりました。
    そうした過去の経験から、環境を守るという企業の姿勢は必須なものとなり、環境のための企業努力はそのまま企業のイメージアップにつながるようになってきたと思います。

    株式会社アールの行う環境コンサルタント事業は、未来の地球にとって欠かせないものであり、現代の企業におけるCSRの強化につながる大切な仕事だと感じました。