はじめに

近年、不動産投資に興味を持った20代の若者が、多く参入していることはご存じでしょうか。将来の収入が不安視され、貯蓄や運用資産を見直す考えの方が多く、不動産投資に注目するというパターンが増えています。実際、若い層の投資意欲が増しており、現在投資している人の半数が初心者なのでは?と分析する専門家もいるほど。若者が不動産投資に参入する動機としては資産運用があります。他には、給与以外の収入や、老後の生活資金の確保や年金不安によるものなど。

今回は、若者も関心を向けている不動産投資に特化する【AZ-ONE(エージーワン)】に注目しました。AZ-ONE(エージーワン)のサポートする不動産投資、口コミ・評判などをご紹介いたします。

AZ-ONE(エージーワン)ってどんな会社?

AZ-ONE(エージーワン)は、東京都豊島区東池袋にある、不動産コンサルティング、マンション・アパート販売事業を行う会社です。平成21年4月の設立以来、「人と人との縁」を大切にすることで事業拡大をしてきました。

継続的な利益成長を図ることで、経営資源の最適活用、効率経営を追求しています。AZ-ONE(エージーワン)の社員が会社に誇りを持てるよう育成をすることで、企業文化に繋げコーポレートブランドの創生、企業価値向上につなげていきます。

「購入してもらって終わり」ではなく、購入後のサポート体制も万全です。2,3か月ごとにセミナーと懇親会の開催をしており、長きにわたるお付き合いをしていくことで、いつでも相談しやすい環境をつくっています。今後、AZ-ONE(エージーワン)では社内専属ファイナンシャルプランナー(FP)の数を増員し、さらに多くの方々に満足してもらえるよう創意工夫を重ねていきます。

AZ-ONE(エージーワン)のこだわり

・ワンストップサービス
AZ-ONE(エージーワン)が所属しているAZESTグループは、土地の開発から建物、建設、販売、賃貸管理などを始め、不動産運用に関わる全ての業務をカバーしています。サービスをグループでワンストップ提供できるのは大きな強みであり、オーナーの資産運用をグループ全体でバックアップしています。
AZESTグループには、独自の営業力と危機管理体制があるため、質の高い資産運用、資産形成のサポートが可能となるのです。

・立地と入居率
AZ-ONE(エージーワン)では下町戦略を実行しています。例えば港区や中央区など都心の不動産値上がりのニュースを目にすることも多いと思います。住みたい街ランキングに注目すると、郊外に住み、都心へのアクセスが良い土地の需要が高まっているのです。
マンションの建設立地を郊外かつ都心へのアクセス利便性を重視することが大切であると考えています。これにより、安定した高い入居率をキープしながら都心よりも高い利回りを提供することができます。
「住みたい街より住める街」という時代なのです。

・35年サブリース
デベロッパーならではの総合一括管理を行うことで、日々の清掃や建物、設備管理のほか、長期修繕計画などといったマンション管理を適切に行うことで不動産経営を安定に導きます。また不動産賃貸管理事業として、家賃滞納の対応や解約手続き、退室時の立会いなどもオーナーに代わり対応していきます。
35年サブリースとは、35年一括借り上げを行うことで家賃を保証するというシステムのこと。オーナーへ安定的に借り上げ家賃を支払うことができます。
こうした保証ができるのは、AZ-ONE(エージーワン)が家賃査定における調査力と分析力に自信があるということです。

AZ-ONE(エージーワン)利用者の口コミ

AZ-ONE(エージーワン)を利用者の口コミをご紹介いたします。

AZ-ONE(エージーワン)のセミナー参加者の口コミセミナーに参加しました。色々な会社に行きましたが、説明も良かったですが質問に対しても的確で良かったです。物件自体も自社で建てているみたいで立地も悪くない。

AZ-ONE(エージーワン)のイベント参加者の口コミ

イオンモールでイベントをしている時に話を聞きました。上司の方が対応してくれましたが、対応も良く過度な営業もなかったです。今後のアドバイスも貰えたので良かったです。

社内環境

短い時間ではありましたが、貴重なお時間をいただいて取材させていただきました。

・従業員の特徴

明るくはきはきとした従業員が多いようです。実際に取材当日もすれ違った従業員の方々から心地よい挨拶をいただき、明るさや元気さを感じることができました。

・社内に設置されたゴルフシュミレーター

なんと社内には本物のコースでラウンドしているような臨場感を味わうことができるゴルフシュミレーターがありました。今まで取材を行ってきましたが、会社に設置されているのは初めて目にしました。ただ単に福利厚生として、レクリエーションとして設置されているわけではなく、とある目的のために完備していると聞きました。その目的とは、お客様とのコミュニケーションを深めるためです。AZ-ONEでは、お客様のニーズや本心は商談や打ち合わせのような業務上かしこまった形式の場だけではなく、人と人とが触れ合う日常で垣間見れるものとしています。ゴルフを通して関係性を築き、お客様を理解したうえで、最適な提案を行おうとする意志の表れに感じます。

・コロナ課における対応

ゴルフシュミレーターの他にもう一つ驚いたことがありました。AZ-ONEでは昼食にお弁当を提供していることです。純粋にうらやましいと思いましたが、これにも理由がありました。AZ-ONEの拠点は池袋にあり、コロナウイルスの感染拡大が最高レベルにあったときでも街には多くの人がいました。

多くの人が行き交う中、どうしても業務上出社する必要があったため、なるべく人同士の接触を避けるため外出しなくてよいよう昼食を提供するようにしました。

外出する機会を減らし、少しでも感染リスクを少なくする取り組みがいち早く行われていました。コロナウイルスのような有事の際の対応は、企業としての力が問われるといいますが、顧客へサービスを提供する責務を果たしたいという強い使命感を感じることができました。

まとめ

AZ-ONE(エージーワン)は不動産投資のプロとしての実績、理念でもある「人と人との縁」を大切してきたことで多くの信頼を勝ち取ってきました。
多くの方が将来について考えるきっかけを提供することで、ますます不動産投資への需要が高まっていくことが想像できます。

一度じっくり調べてみてはいかがでしょうか。

 

AZ-ONE株式会社の会社概要

会社名
AZ-ONE株式会社

本社所在地
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル

公式サイト
https://az-one.biz/

事業内容
マンション・アパート販売事業
不動産コンサルティング