はじめに

株式会社アドキャストでは、不動産の購入・売却や有効活用についてコンサルティングサービスを提供しています。

専門FP(ファイナンシャルプランナー)によるライフプラン作成、独自の物件調査、セミナー動画などによって、トータルサポートを行っているのが特徴です。

2006年から2022年2月までの販売実績は、物件販売は4,800件を誇り、購入希望顧客4万人以上、お客様からの平均評価点数5点満点中4.8点となっており、多くのお客様から評価を得ています。

株式会社アドキャストのインタビューはこちら!

アドキャストで一人前になるための期間はどのくらいか教えてください。また入社前に学ぶべきことはありますか

アドキャストでは不動産コンサルタントとして、住宅購入を希望されるお客様に対して、最適な物件をご紹介しています。お客様の生涯のライフプランに合った住宅ローン、保険の見直しなども含めてトータル的にサポートするのが主な業務です。

一人前の定義は、先輩のフォローがなくても自力で商談を成立させるスキルを持っていることだと考えています。

一人ひとりがプロフェッショナルになるために、入社後の2年間を育成期間と位置づけ、不動産・金融の知識とコンサルティングスキルを身につけられるよう、徹底した教育を行なっています。

また、入社前に取り組んでいただきたいことは資格の取得です。宅地建物取引主任者(宅建)とファイナンシャルプランナー(FP)資格は、全員に取得していただけるよう、入社前から勉強を始めていただき、一発で合格できるよう会社として全力でフォローしています。

より効率的に業務を行うためにはどのようなことを意識すべきか教えてください

普段仕事を行う上で気を付けていることは、まず何をやるべきなのかをリストアップし、優先順位をつけることです。常に「何をすればよいか」を先に決めてから行動するようにしています。

そうすることで、次に何をすればよいか考える時間を省くことができ、今やるべきことをしっかりと考えることができるため、その業務の質も上がっていきます。

また、相手が何を考えているのか、何を求めているのかを常に見極めるように努めています。相手が発した言動を鵜呑みにするのではなく、言葉の意図や背景を読み解くように意識し、本心を引き出せるような質問をするよう心がけています。

「自分がどうしたいか、どうさせたいか」ではなく、「相手がどうしたいか、どうなりたいか」という意識を徹底しています。

面接の際に応募者のどのような部分を見ているか教えてください

新卒採用において重視しているポイントは3つあります。1つ目はコミュニケーション能力です。BtoCの営業職ですので、身だしなみや言葉遣い、雰囲気などの第一印象はもちろん、自然な対応ができるか、話を聞く姿勢はどうかも含めて判断しています。

2つ目はアドキャストの社員と合うかどうかです。アドキャストでは、チームで行動することも多く、互いにフォローしながら業務をこなすシーンがありますので、雰囲気が合うかどうかも判断基準としています。

3つ目は思考力です。営業部門において相手を考えながら仕事をするかしないかで成果も大きく変わります。仲介業には決まった商品がないため、お客様に合わせて自由に提案できる分、何をどうやって提案するかを思考する機会が多いことから判断基準に含めています。

中途面接では、現職での実績や実績を上げてきた過程を細かくヒアリングし、アドキャストで生かせるかどうかが判断の基準です。また、入社後に新たに学ぶことも必ずあり、新しいことを受け入れるだけの心があるかどうかも確認します。さらに、アドキャストの理念に共感できるのかを注視し、アドキャストと応募者両者にとって入社することが良いことなのかも見極めています。

実際に活躍している従業員の方々はどのような能力に長けていますか。また、どのような人柄の方が多いですか

アドキャストで活躍している人の共通点は、ゴールに向かって進んでいることです。ゴールがどこなのかを認識し、そこに向かって物事を考えられる人は活躍しています。

ゴール設定は、「お客様とのアポイントを数多く取るために頑張る!」「一度お会い出来たお客様は定期的にお会い出来るように頑張る!」といった単純なものではなく、最終的に「お客様にとって良い家を買ってもらう」というゴールを前提に、何のためにお客様とお会いするのかを考えられることが重要と考えています。

また、アドキャストの社員の人柄として多いのは、他者との関係構築能力が高い人です。アドキャストでは、ライフプランシミュレーション作成や住宅ローン相談、売買契約書の作成などは、他の専門部署に依頼することも多くなります。

そのようなシーンでは、他者との関係構築能力が必要です。相手を思いやって行動している人が比較的多い印象です。

実際に働いている社員として、会社の魅力や課題を教えてください

「社員を大切にし、教育に力を入れる」という理念が非常に魅力的だと感じています。私自身、基本的な礼儀作法や仕事への取り組み方などはこれまでの経験から培われていると思っていましたが、アドキャストで働いていく中で、自分に足りなかったことやできていなかったことを知ることができました。

自分に足りないこと・できていないことに対して、周囲の方々が丁寧に指導・フォローをしてくださるので、「もっと頑張りたい!」という思いを強く持ち続けられています。

また、アドキャストは「スタッフは全員家族」という認識のもと、お互い助け合いながら仕事を進めていく文化があるので、社員同士の仲が良く、面倒見の良い先輩社員が多いです。疑問に思ったことや意見があるときに伝えやすいのでとても働きやすい環境が整っています。

「社員を大切にし、教育に力を入れる」というアドキャストで働いていることで
入社前よりも成長できたと感じられますし、今後もさらに成長していきたいと思っています。

まとめ

株式会社アドキャストでは、一人前になるために2年間という育成期間で丁寧にサポートしていることがわかりました。スタッフ全員が家族という意識があり、指導・フォローを受けながら助け合いながら働けるのも魅力です。

採用においては、新卒採用ではコミュニケーション能力、アドキャストとの相性、思考力、中途採用ではこれまでの実績を活かせること、新しいことを受け入れられるかを判断基準にしています。

アドキャストに興味を持たれた方は、公式採用サイトをご覧になってはいかがでしょうか。

アドキャスト 公式採用サイト

会社情報

会社名:株式会社アドキャスト
本社所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-25-1 恵比寿プラックスビル5F
公式サイト:https://www.ad-cast.info/