山本義昌が設立した企業ってどんなところ?

山本義昌が起業したこの企業は、40年余り続く国際会計を中心とした専門家集団です。公認会計士である山本義昌が、1975年に山本会計事務所として東京は銀座の地に開業し、グループ社員数を合わせると、現在は110名ものスタッフが就業しています。

明るく楽しく元気よくをモットーに、世の為人の為になる100年続く事業所を作ることを目標としている山本義昌が設立した同社は、山本義昌の定めた基本理念である「関与先の繁栄を通じて社会に貢献する」の通りに、関係先を通じた社会貢献を目指してきました。その結果、経済のグローバル化や顧客企業のグローバル化といった時代の流れと共に、会社自体も世界へとその事業領域を広げることになります。

現在では、海外拠点として、香港、中国、シンガポール、ASEAN各国に事務所を持っています。サービス領域としても、出発点である会計サービスのみでなく、海外進出をした企業や海外進出を検討中の企業の繁栄を手助けするために、会計や税務、法務、労務等、幅広い領域の専門サービスを総合的に提供しているのです。こうした、海外拠点とも連携した国際的かつ総合的な支援体制は、40年に渡って培ってきた会計や税務などの専門サービスに関する経験やノウハウが強みといえます。

山本義昌は現在会長であり、山本義昌の理念や経営方針はスタッフに受け継がれています。顧客企業の繁栄のために、培ってきたノウハウや経験と、作り上げた国際的活総合的な支援サービスによって、得意先のさらなる繁栄のために役立とうとしています。

山本義昌の理念を引き継ぐ社員たちの口コミ

口コミ

国内だけでなく、海外でも活躍できる環境がある

上司や同僚の雰囲気が良く働きやすい

色んな方との出会いがあり、成長ができる

忙しい時には残業がある

業務上、責任がある仕事が多いので緊張する

受け身ではなく自ら勉強をしなければならないことが多い

口コミからわかる山本義昌の想い

山本義昌が設立したワイズコンサルティングは、グローバル税務も請け負う税理士事務所です。

山本義昌の理念を受け継ぐ社員の口コミを見ると、国内以外にも海外でも活躍できる環境があることが挙げられています。これは、頭打ち傾向のある日本市場だけでなく、ASEANや中国といった成長市場を相手にして、国際税務や海外進出支援によってクライアント企業の成長が手伝える、やりがいのある仕事だと窺えます。また、雰囲気のよい職場環境、そして自分自身の成長にもつながる会社であることも挙げられています。このことから、働きやすい環境の中で、日本だけでなく世界を股にかけて活躍できる職場だと分かります。その環境は、自らを高めることができるため、さらなるステップアップに大いに役立ちます。

一方で、残業の発生や責任の重さ、受身ではいられないといった口コミもあります。しかし、これらは仕事としては当然のことであり、やりがいのある仕事や成長できる環境の裏返しなのです。学生時代は、授業料を払うことで、いわゆる受身の体制で様々なことが学べました。しかし、企業では、そこに属する人は授業料を払うどころか、給与を貰います。給与という対価を貰うためには、それだけの義務や責任が発生します。さらに、学生と違いますのでいつまでも受身の体制ではいられません。

仕事には期限があり、期限を守るためには残業が必要なこともあります。同社では、クライアントが日本国内に限らないため、時差による残業が発生するのかもしれません。仕事上、責任もついて回るでしょうが、それをただの重圧と感じるか、やりがいと感じるかは人それぞれです。しかし、その業務を達成した時にはそこはかとない達成感を感じられるかもしれません。

まとめ

管理人の見解

口コミを総合すると、多少の忙しさがありながらも、雰囲気のよい職場で、世界中を股にかけて仕事をすることが出来ます。これは、さまざまな税務に精通し、海外拠点と連携していることからできる技です。さらに、やりがいのある仕事を通じて、自らを高められる職場でもあります。そのため、仕事を通じて社会貢献や自己実現を行う、または自ら成長させたいといった、仕事に対して積極的で、自発的に物事が取り組められる方に向いている職場だと言えます。つまり、プロフェッショナル意識を持つ方に向く職場なのです。

一方で、マイナスイメージを持った方は、仕事に対して受身の姿勢なのかもしれません。しかし、自らが日々学ぶことで得られるものは大きいでしょう。常に勉強していくことで、より成長できる職場になるかもしれません。

創業して40年以上の実績を持ち、会計士や税理士の専門家を抱えるプロフェッショナル組織です。山本義昌が定めた経営基本方針にも「常に社会の信頼と尊敬を受けるべく努力する」や「各自が経営者としての自覚を持ち全員参加の経営を実現する」といったプロ意識を求める内容が挙げられています。以上のことから、ワイズコンサルティングや山本義昌が求めている人材像は、プロ意識を持った人なのでしょう。

会社概要

商号
税理士法人ワイズコンサルティング(公式サイトへ)
設立
1975年1月
設立者
山本 義昌
取扱業務
会計・税務、相続・贈与、事業承継、国際税務、M&A 組織再編、海外進出支援等
ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。