triple a 出版(トリプルエー出版)ってどんなところ?

triple a 出版(トリプルエー出版)は愛知県名古屋市に本社を置く会社で、主な事業はパチンコ・パチスロ台やホールに関するWEBコンテンツと情報誌を手がけています。特に『でちゃう!WEBTV』などのデジタルメディアでは遊戯実践を通じた攻略情報を提供するなど、誌面よりもリアルに感じられる動画配信に力を入れています。ホールで手軽に情報を閲覧できるようにスマートフォンにも対応し、遊技台の遊び方や大当たり確率などのスペックも分かりやすく表示される内容で、ファンにとって貴重な情報源になっているようです。
もちろん、創業当時から行っている誌面も根強い人気があり、『でちゃう!』でなければ知り得ない情報を発信するなど、業界他誌との差別化を図っています。

この『でちゃう!』ではフリーペーパー版「セイラライ!」を用意し、一部地域のパチンコ店で配布されています。プレゼント企画では軽自動車が抽選で当たるなどフリーペーパーとは思えないほどの充実ぶりです。また、『でちゃう!ガールズ』という、パチンコホールに足を運ぶファンのおもてなしをする女性たちをプロデュースしています。

ファン向けの情報発信だけではありません。業界に向けた提言と情報発信をする『PiDEA』では、パチンコホール業界の展望や店舗運営において望まれていることなどを発信しています。これはファンも閲覧できるものになっているため、業界情報を敏感に察知する際にも活用できます。

創業は2000年で、現在は東京に本部を置くほか仙台から鹿児島まで6つの支店、海外支局として香港・マカオに進出するなど成長している企業です。このような取り組みを行う中で、企画営業社員やイベントディレクター、キャンペーンガールを積極的に募集しており、パチンコ・パチスロに興味がある方や出版業界で活躍したい方にとって有望な就職先の一つと考えられます。
とはいえ、気になるのはやはり会社の評判や口コミですよね。そこで、実際に働いたことがある方の口コミから、働く側にとってどのような企業なのか考えてみましょう。

triple a 出版(トリプルエー出版)の口コミまとめ

良い口コミ

社員研修旅行でラスベガス、シンガポールなどカジノ関連を勉強させてもらった

国内では北海道と沖縄など文化に差があるとこで、違いを勉強できた

記事を書いたり、デザインしたり経験を積むことができる

やればやっただけの結果を得る事ができる

悪い口コミ

当時、とっている人もいたが、有休は取得が難しかった

主体性のない人には厳しい研修だった

パチンコ業界の広告規制後は痛い

業界的にもパチンコに興味がないと厳しい

triple a 出版(トリプルエー出版)の調査結果

パチンコの画面

triple a 出版の口コミを見ると、『やっただけの結果を得られる』『業務を通じてスキルアップできた』『社員研修旅行などの福利厚生が整っている』などが挙げられています。仕事をする目的は人によって様々ですが、社員に対して正当な評価による待遇をしていることがうかがえます。このような企業なら日々の業務にやりがいを感じながら仕事に携われるのではないでしょうか。

一方で、不満に感じている方の口コミも少なくありません。そもそも『パチンコに興味がないと厳しい』と感じている方がいますが、これは当然の内容で、業務内容がパチンコホールに足を運んでホールを盛り上げるような企画を立ち上げることが業務の一つになっていますし、実際にパチンコ・パチスロ台を遊戯しての感想やおすすめポイントを発信するのも業務に入ります。そのため、興味がなければ仕事を続けていくのはとても難しいものと言えるでしょう。しかし、これはtriple a 出版に限ったものではなく、どのような業界にも当てはまるものでしょう。
例えば、販売業でも自分が扱う商品に興味を持っていなければ、お客様に対して商品の魅力を適切に伝えられず、成果を上げるのが難しいですよね。また、『主体性がない人には厳しい』とありますが、企画営業の仕事はマニュアルに従って進めるだけの仕事だけでは務まらないのが一般的です。街中に多くあるホールそれぞれに足を運ぶファンが楽しめ、お店が盛り上がるような企画立案をするには、ある程度主体性を持って個性を出す姿勢が必要になるでしょう。

このように、不満を抱いている方は、そもそも職業選択の段階でミスマッチがあると言えるでしょう。triple a 出版が求める人材はパチンコ・パチスロに興味がある人や営業経験がある人です。この点を理解せずに入社したため、不満を抱いているようです。興味がある方には働きやすくやりがいも感じられるようですから、応募の段階で業務内容を把握することが大切だと言えるでしょう。

triple a 出版(トリプルエー出版)のまとめ

管理人の見解

対象企業で実際に働いた人の口コミは、いかにも真実で嘘偽りない内容に捉えられがちですが、なかには疑わしいものもあります。今回ご紹介したように、他の業種でも当てはまるような内容であれば、信用するに値しないでしょう。当然ながら、その業界に対して興味がなければ思うような成果を上げることは難しく、日々の業務が憂鬱になるため、思考もネガティブになってしまいがちでしょう。そのような思考だからこそ、ネガティブな口コミになってしまう方もいるのかもしれませんね。

triple a 出版はパチンコホールに足を運び、実際に遊戯して得た情報やお店から得た情報、またパチンコメーカーから入手した情報を元に雑誌やWEBメディアで発信しています。その中で、よりパチンコ業界を盛り上げられるようにするのがtriple a 出版の企画営業の業務内容になります。業界に興味を持って取り組める人材なら、パチンコ・パチスロファン目線で多くの方が楽しめるような企画を立ち上げられるでしょうし、企画を通じて業界を盛り上げられるでしょう。
今後も業界に大きな影響を与えていくと考えられるtriple a 出版、パチンコ・パチスロに興味がある方にとって有望な就職先候補の一つと言えそうですね。

会社概要

商号
株式会社triple a 出版(公式サイトへ)
設立
2000年9月
代表取締役
今井 和也
事業内容
パチンコ・パチスロを中心とした企画・出版・アプリ開発・販売等
従業員数
98名
上場区分
未上場
ホワイト企業調査団

ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。