トリプルエー投資顧問を紹介する前に

国を挙げて力強く推進する成長戦略により、日経平均株価はここ4年で2倍に急騰。
タンス預金をしていた人が資金を取り出し証券に投資し始めており、市場における出来高も増加傾向にあります。

しかし、日経平均株価が本当に景気の動向を正しく表しているか、どこまで信頼のおける指標であるかどうかを個人で判断するのは難しいものです。
そうした個人投資家の間で需要の高まりを見せているのが「投資顧問業」です。

投資顧問業者とは、市場で公開されている有価証券やデリバティブ取引の投資について、顧客に分析や助言を行う企業。
金融商品取引法に基づき一定の書面による条件を満たした業者が、投資顧問会社としての登録を受ける事ができます。ちなみに一般社団法人・日本投資顧問業協会の会員総数は、平成28年12月末現在で754社です。

では、個人投資家は何を基準に投資顧問業者を選ぶのでしょうか。
実際、明確な目的を持っている個人投資家はそう多くありません。短期的に利益を出したいのか、長期目線で資金を運用したいのか、そうした目的やニーズをヒアリングし、提供するサービスの内容や報酬などをしっかり説明してくれる業者であることが重要となります。つまり個人投資家は信頼関係を構築できるかどうかを基準としているのです。

今回は、700社を超える投資顧問業者のうちの一社であるトリプルエー投資顧問について紹介していきます。

トリプルエー投資顧問ってどんなところ?

株価

トリプルエー投資顧問は2015年2月設立と若い会社ながら、関東財務局の認可を受ける数少ない投資顧問会社の一つとして、質の高い投資・運用サービスを提供している会社です。個人投資家が無料で会員登録できる投資情報サイトを運営。初回無料登録の際、投資家が今持っている銘柄について、無料で銘柄診断を行ったり、無料推奨銘柄を3つ提供するなどしています。

他に、業界に精通した著名人のコラムを毎週無料で配信したり、売買に関する電話やメール対応を行っています。「期間コーススポットプラン」では、トリプルエー投資顧問のアナリストがテクニカルやファンダメンタルを駆使し、厳選した有料銘柄情報を提供。株式相場における確かなリサーチ力と分析力、並びに充実したサポート体制が高い評価を得ており、年々、登録者数が増加しています。

トリプルエー投資顧問は電話営業は行っていません。あくまでも会員からいただく問い合わせ対応がメインです。電話対応時間は9時から17時までなので、基本的に残業はありません。毎週火曜日には、社長も含めたミーティングを行っています。最新のインターネットマーケティングを学んだり、率直な意見、小さな気づきなどの意見が盛んに交換されています。

チームワークをとても大切にしているので、意欲次第でやりたいことをどんどん実現させられる環境です。このように正社員として働く魅力に溢れているトリプルエー投資顧問ですが、実際に働いた経験がある方はどのように感じているのでしょうか。そこで、トリプルエー投資顧問に関する口コミを紹介して本当のところに迫ってみましょう。

トリプルエー投資顧問の口コミ・評判まとめ

良い口コミ

仕事が早く終わるのでメリハリがある(勤務時間は9時~17時)

資格の取得の推奨など、自己啓発に取り組みやすい環境

仕事の自由度が高いので意欲的に取り組める

悪い口コミ

扱う金額が大きい分責任が大きい

自主的な行動が求められる

仕事で求められる質が高い

トリプルエー投資顧問に求められている人材とは?

日本が推し進める自国の成長戦略はもちろん、世界情勢が大きく動こうとしている今、市場への注目はますます高まることでしょう。今後のトリプルエー投資顧問の成長は、社員一人ひとりの腕にかかっていると言っても過言ではありません。

株式相場やマーケットに関する知識があることは大前提ですが、人物像として自主性・積極性・責任感が求められます。ゆくゆくは市況の分析と投資価値の評価を行い、 各銘柄の分析、アナリスト業務に携わることもできるため、専門性を高めたいという方にはピッタリな環境です。

まとめ

創業期であり、さらなる事業拡大を目指すトリプルエー投資顧問。株式相場やマーケットに関する知識を持つ方であれば、即戦力として活躍できる会社です。経験者や有資格者は優遇されます。

また、入社時に資格を持っていなくとも、資格取得支援制度で証券アナリストの資格を取得することができます。土日休みの週休2日制で、残業がほとんどないことも魅力の一つです。この業界に興味のある方にとっては、チェックしておくべき価値のある会社といえるでしょう。ぜひトリプルエー投資顧問のことを覚えておきましょう。

会社概要

商号
トリプルエー投資顧問株式会社(公式サイトへ)
住所
東京都中央区湊1丁目12-11 八重洲第7長岡ビル3階
ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。