はじめに

「国際弁護士」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?テレビのコメンテーターで「国際弁護士」という肩書を名乗っている弁護士を見かけます。しかし、実際には「国際弁護士」という資格は存在していません。

「海外の弁護士資格を持っている人」や、「弁護士のうち、海外との案件の取り扱いが多い人」を指している場合もあります。しかし、海外の弁護士資格を持っているだけでは、日本では基本的に弁護士とは認められません。

国際弁護士と一般的な弁護士の大きな違いは、国際弁護士は日本の弁護士資格を持ちながら日本に進出する海外企業に対するアドバイスを行っている、という点です。海外進出支援業務などの国際法務を経験してきた弁護士は国際弁護士と言えるでしょう。

昨今、企業にとっては海外市場への積極的な進出がますます重要となってきています。国内企業が海外に進出する際、国際的な活動を法的な面からサポートする国際法務に精通した法務スタッフを有する法律事務所の存在が必要不可欠です。

そんな国際法務を扱っているのが「アルファパートナーズ国際法律事務所」です。今回は同所の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

アルファパートナーズ国際法律事務所ってどんなところ?

アルファパートナーズ国際法律事務所の所長弁護士は、日本初の日本、米国(ニュヨーク州)、フランスの3か国の弁護士資格を取得しており、国内外大手法律事務所における豊富な実務経験に基づき難易度の高い案件を手がけています。

日本の仲裁機関におけるフランス企業と日本企業の仲裁事件、アメリカにおける企業間の訴訟等の経験がある他、ニュースキンの日本進出のための法律事務を行って成功させ、マウントゴックス破綻処理のためのスポンサー候補の外国投資家を代理した実績もありその後も仮想通貨の会社を委託代理しています。

では実際にアルファパートナーズ国際法律事務所と共同して働いている方は、同所のことをどう思っているのでしょうか?次の項目では、実際そのような弁護士から話しを伺いました。

アルファパートナーズ国際法律事務所の口コミまとめ

戸谷弁護士の下で修業しましたが、常に先端の法律分野に注目して新規分野を開拓する弁護士でした。困難な案件もアソシエートが諦めかけると視野を変えて解決策を指導してくれました。現在も複数案件を先生の指導の下、共同で担当しています。

アルファパートナーズ国際法律事務所の調査結果

アルファパートナーズ国際法律事務所で働く人の口コミを見ると、キーワードは「主体性」のようです。知的好奇心や向上心のある人にピッタリな職場と言えるでしょう。多忙とありますが、それは事務所に寄せられる案件数の多さによるものと考えられます。仲間と切磋琢磨し、弁護士としてキャリアの幅を広げられる環境であることも魅力のようです。

アルファパートナーズ国際法律事務所に求められている人材とは?

同所では、現在「弁護士」を募集しています。

弁護士 募集中

この項目では、具体的にどのような人物を求めているのかを、同所に直接伺いました。

貴事務所で「弁護士」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

個人差がありますが新人から一通り役に立つレベルになるのに2〜3年はかかるでしょう。何十人もの弁護士を教育指導してきた経験からみると一人前の国際弁護士といえるようになるには留学を含めて7〜8年かかるのではないでしょうか。良い指導者に恵まれると有利ですね。大手法律事務所では指導が行き届かないことも多いですね。法律は一通り理解しているのは前提です。語学はできるに越したことはないですが仕事で覚えるのが一番ですね。学生英語とは違います。やる気は大切ですね。伸びるか伸びないかは仕事に対する好奇心と心構えによるところが大きいですね。

「国際契約(英文)を含む各種契約作成」を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

よく書式集に頼ったり、先例を求めたりする新人が多いのですが、最初は自分で考えて一応のドラフトをした上で書式に当たるのが良いでしょう。書式集に初めから頼ると考える力が育ちません。

「弁護士」の面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください。

興味の対象を聞いたり、趣味を聞いたりします。どんなことをやりたいのかはっきりしていると良いですね。

求めている人材の要素で「英語ができれば歓迎」などがありましたが、実際に活躍されている「弁護士」は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方はどのような人柄の方が多いか教えてください。

自分で考える力を持つ人は能力が高いですね。社会の動きに無関心ではいけないと思います。新規分野を開拓する力のある人は能力が高いと思います。一つの分野で大家と呼ばれる人はそのような力のある人だと思います。一緒に働くには人柄も大切ですね。忙しい人と仕事をします。先輩から仕事は忙しい人に頼むのが一番だと聞かされました。これは正しい指摘だと思います。忙しい人は忙しい故に時間の使い方が上手い。仕事が早く正確だと言うことでますます忙しくなってしまうのがつらいところではありますが。

まとめ

海外進出を成功させるための人脈づくりや現地の法律・行政への対応経験等、貴重なノウハウを持っており、海外の現地でのネットワーク、ビジネスレベルの英語力、海外進出に際して必要な法的知識といったスキルを持つ弁護士のニーズは高くなっています。
国際弁護士としてのキャリアを築きたい方は、アルファパートナーズ国際法律事務所のことをチェックしておきましょう。

ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。