株式会社テクニコってどんなところ?

テクニコは照明と音響、映像の3つのサービスを提供する企業として昭和61年に創業し、結婚披露宴や各種記念式典、企業のイベントなどの場において華を添える演出を行っています。

本社は大阪府大阪市にあり、創業年にはホテルニューオオタニと契約してサービスの提供をしています。その後もロイヤルパークホテルやホテルオークラ神戸と契約を交わしています。平成元年には東京にも進出し、現在の東京ベイ舞浜ホテル、ザ・ペニンシュラ東京など数多くの有名ホテルと契約してサービスの提供をしてきました。サービスを提供する場はホテルまたはイベント会場です。ホテルは上記の他に国内の大手一流ホテル約30カ所にスタッフを配置し、それぞれのホテルで行われる催し物や結婚披露宴などで照明・音響・映像によるサービスを提供しています。
これはホテル側から注文された通りのオペレーションを行うだけの仕事ではなく、お客さまとの打ち合わせにも参加し、催しの演出における運用業務を担当するという重要な業務になります。

一方のイベントオペレーションにおいては、大型催事会場で行う演出オペレーションが主な業務になります。また、当日のオペレーションを円滑でより精度の高いものにできるように事前の打ち合わせは数カ月前から行われ、イベント開催日当日に必要な機材の手配やイベントに関わる他業者との連携、さらにイベント後のフォローなどを含めたトータルサービスを行います。

これら豊富なサービスの提供を可能にしているのは、オペレーションの質の高さとそれを支える複数の部署の協力があるからです。仕事の受注に直接的に関わる営業部では、オリジナルLEDスポットライトを武器に各種イベントの企画提案を行います。各スタッフは全国を股にかけて新規ビジネスの創造を目的に駆け回っています。

結婚披露宴などで使用されることが多い二人のなれそめを紹介する映像などに関わるのは制作グループです。こちらでは、企業PVやテレビCM、Webコンテンツ、広告デザインや制作など幅広い分野を取り扱っています。

そして、これらを包括的にサポートするのがテクニコのオフィスサポートセンターです。各種機材の管理や人材育成なども担当する部署で、とくに研修においては機材を扱う技術研修のみにとどまらずビジネスマナー研修なども行い、業界で活躍する人材育成に取り組んでいます。

このように、多様な演出を行うほかにもさまざまなコンテンツ制作に関わることのできるテクニコは、これから就職を考える方にとって魅力的な企業のように思われますが、実際に働いた経験がある方の情報を知っておきたいところですよね。そこで、テクニコの実際の口コミをご紹介して待遇や会社の内情はどうなっているのかを考えてみます。

株式会社テクニコの口コミまとめ

良い口コミ

未経験で専門的な知識はありませんでしたが、簡単なことから丁寧に教えてくれました

若い内からキャリアを積むことができ、責任者や役職者となれる

新郎新婦と打ち合わせスタッフ全員で披露宴をつくり上げるのはやりがいを感じる

技術だけでなくマナー面においてもホテルという厳しい環境で学べる

気になる口コミ

仕事の時間が不規則である

どうしても流れ作業になりがちなので、立ち止まる時間が必要

一生に一度の披露宴の場合にはプレッシャーがとてもかかります

業界として繁忙期と閑散期の差が激しい傾向にあることもあり売上にばらつきがある

株式会社テクニコの調査結果

ステージの照明

テクニコの口コミからは、やりがいが大きい会社であることが分かりますね。若い内に経験したことはその後の人生の中で大いに役立つでしょうし、キャリアアップできると仕事の幅も広がるでしょう。みんなで結婚披露宴を作り上げる感覚は喜びを分かち合えるものですから、何ともいいがたいやりがいを感じられるのではないでしょうか。
また、社員教育に対しても積極的な姿勢がうかがえます。

その一方で、披露宴や仕事の時間について不満を感じている方の口コミがあります。披露宴を当事者である新郎新婦とともに作り上げる喜びがある反面、それに対してプレッシャーを感じるのはある意味当然です。演出次第で会場の盛り上がりが大きく変わるものですから、オペレーターの責任は大きなものになるでしょう。これを心地良いプレッシャーと感じられるかどうかは個人差がありますが、現場でのオペレーション経験や入念な打ち合わせの場面を何度も経験することで負のプレッシャーから開放されるのではないでしょうか。
また、時間に関する内容はどのような仕事でも同じで、時間が不規則なことや繁忙期と閑散期があることは致し方ないでしょう。逆に年間を通じてフラットな忙しさの業種を探すほうが難しく、月ベースでの業績が上下することは珍しくありません。ただ、毎年のように一流ホテルとの契約を増やしていることからも、売上が落ち込む要素は少ないものと考えられます。
また、繁忙期は目の前にある業務について一生懸命に取り組む、あるいは閑散期は自身のスキルアップや繁忙期の業務を振り返って次の業務に活かせるように考えるなど、やるべきことはたくさんあるはずです。

悪い面ばかりを捉えてしまえば何事も前に進めず、企業への応募を躊躇してしまいがちになってしまいます。
しかし、業務内容や時間に関するものは考え方次第でプラスに変わるものであり、結婚披露宴やイベントなどの成功体験や技術面での経験値を積めること、さらにマナーなども身につけられることを思えば自身が成長できる環境が整っている会社だといえるのではないでしょうか。

株式会社テクニコのまとめ

管理人の見解

テクニコに寄せられた口コミは仕事のやりがいに対して相反する内容が見られましたが、これは個人差によるものだといえそうです。物事に対する考え方は十人十色ですから、その人が感じた内容を掲載している口コミを判断するには難しいものです。そのため、口コミの内容は100%信用せずに、ある程度の参考にとどめておくという思考が大切です。

テクニコで身につけられるのはホテルやイベント会場における演出の技術力だけでなく、社会人としてのマナーや対応力など総合的にスキルアップができる企業です。顧客のイメージを、効果的な演出により完成度の高い各種イベントに導いたときに得られるやりがいは非常に大きなものだと思われ、テクニコで働くことは業界で活躍できるオペレーターに近づく近道と言えるのかもしれません。

会社概要

ホームページ
http://www.technico-co.com/index.html
商号
株式会社テクニコ
設立
昭和61年7月24日
資本金
4,000万円
代表
諏訪 寧三
従業員数
201名(男性/123名 女性/78名)*平成28年4月1日現在
上場区分
未上場
ホワイト企業調査団

ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。