はじめに

インターネットの普及や様々な産業の発達により、電気エネルギー需要は増加し続けています。

エネルギー需要だけでなく、インターネット環境のインフラを構築するには電気工事業が欠かせません。

また、未来の地球環境を考えた場合には、LED照明器具やエコキュートなどの設備によってエネルギーを削減することや、発電によって発生するCO2を抑えることが必要ですが、どれも電気工事なしでは実現できないものです。

さらに、ほとんどの資源を海外に依存している石油、石炭、天然ガスなどの有限なエネルギーに対し、再生可能エネルギーといわれる水力や風力、太陽光による発電は自然の中で循環させて利用できるエネルギーとして、さらなる開発が進められていくことが予想できます。

これからの日本において、インターネット環境のインフラ構築、環境を守るための電気技術の進歩による設備の入れ替えなど電気工事の需要は増え続ける傾向にあり、電気にかかわる産業全体に追い風が吹いているといえるのです。

そんな電気・情報通信工事業界において、企画・提案・設計・積算、施工管理から保守業務にいたるトータルサポートを行っているのが「多摩川電気株式会社」です。
今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

多摩川電気株式会社ってどんなところ?

多摩川電気株式会社は、1955年の創業以来、明日の電気工事業界におけるシステム・メリットを追求する総合プランナー&コンストラクターとして、設計、施工から保守および放映事業までのサービスを提供しています。
電気設備工事、情報通信設備工事、競輪場放映事業を主力として、常に「安全」と「品質管理」を重視し、創業以来お客さまとの信頼関係を維持・向上しつづけているのが同社の特徴です。

そんな多摩川電気株式会社は、現在新たなる飛躍にむけて「お客さまに選んでいただける会社、社員が働きたいと思う会社」を達成するために全力で取り組んでいます。

社員は少数精鋭のため個人が担う役割が大きく、責任はありますがやりがいを感じられる環境となっています。

技術者としてお客さまのニーズに合わせた企画提案から設計を行い、さらに自ら設計した工事を工程の組み立てから施工管理するという、「企画提案からサポートまで」のプロセスすべてにかかわることにより、お客様との信頼関係を築いていくことができるため、電気電子、情報通信専攻の知識を生かせるというだけではない大きな充実感を経験することができるのです。

また、同社では資格取得の補助や、社外試験講習等、教育が充実していて様々な資格に挑戦できる環境が整っているので、技術者として自分の望む成長を実現できます。

設立当時から定年が65歳となっているのは、同社が技術者を重要な人材として大切にしていることの証でもあるといえるでしょう。

それでは、実際に多摩川電気株式会社で働く人の声を聞いてみましょう。

多摩川電気株式会社で働く先輩社員の声

”この会社を選んだ理由は高校が電気科で、電気に携わる仕事をしたいと思い、仕事の幅が広いので、色々な経験を積めることに興味を持ちました。
会社見学の際、社員同士のコミュニケーションが良く取れていそうな雰囲気がとても好印象でした。”

”私にとって、多摩川電気の魅力は、色々な分野の仕事にチャレンジするチャンスを与えてくれるところだと思います。
また、企業のサバイバル力としては、様々なお客さまや業種に恵まれており、それに応えるスキルを持っている事も、大変な力だと思います。
何よりも、社員として継続するのに一番大切な人間関係が円滑なのは、私だけでなく、他の社員皆さんも魅力だと感じているのではないかと思います。”

他の口コミはコチラから!

多摩川電気株式会社の調査結果

社員数が少ないということが、多摩川電気株式会社の場合には「人間関係が円滑」「社員同士のコミュニケーションが良く取れる」といったメリットになっていることがわかりました。

また、様々な分野の仕事を経験できるということで、働く個人のスキルアップにつながり、それが起業のサバイバル力になっているのですね。

多摩川電気株式会社に求められている人材とは?

多摩川電気株式会社では、現在「技術職、施工管理職」を募集しています。

応募はコチラから!

では、「技術職、施工管理職」という仕事において、どのような人材が同社に求められているのでしょうか。直接お話を伺う事ができました。

御社で「技術職、施工管理職」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

目指す技術職により必要な勉強内容が違い、電気工事は電気関係、電気通信は通信及びネットワークの知識が必要になります。資格は電気工事士、工事担任者等です。施工管理職として主任技術者は資格取得して約5年以上、監理技術者は国家資格を取得し、経験10年以上は必要になります。近年では電気、通信共に各設備の制御をネッワークによるインフラで行っているため、NW知識も要求されます。

「技術職、施工管理職」の面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください。

技術職は各種国家資格の取得状況を聞きますが、施工管理職とは具体的に、①工程管理、②品質管理、③安全衛生管理、④技術上の指導監督能力、⑤原価管理の能力が要求されます。これらの全ての内容を理解していることが必要となりますが、初めから全てを解ることは不可能です。求める人材については基本的な専門知識が必要ですが、むしろ3項目に記載した内容を重視します。

求めている人材の要素で「自由な発想性を持ち自発的でモチベーションの高い方、幹部候補として腰を据えて成長したい方」などがありましたが、実際に活躍されている「技術職、施工管理職」は、どのような人柄の方が多いと思われますか。

コミユニケーション力、柔軟性、積極性があり、まじめな対応が出来て、志望動機はハッキリしていることに重点をおきます。

まとめ

電気工事業界の老舗ともいえる、多摩川電気株式会社についてご紹介してまいりました。

同社は少数精鋭というだけあり、技術職と営業部門がバラバラに行動するのではなく、技術者が直接お客様に接して施工から保守管理までのおつきあいをするという社員には、人間としての総合力が必要なのだと感じられると同時に、お客様にとっては「営業が言っていたことと実際の施工が違う」といったトラブルになりにくく、お互いが信頼し合える関係につながるのだと感じました。

技術が進歩し続ける電気工事業界には今もこれからも需要が多く発生し、さらなる成長を遂げていくという業界自体の未来にも魅力を感じます。

多摩川電気株式会社ではスキルを磨くための環境も整っていて、仕事で充実感を得ながら、さらに技術者として成長し続けることができることは、個人のスキルアップ、キャリアアップという面から見ても魅力的な会社だと思いました。

ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。