ステムセル研究所

ステムセル研究所ってどんなところ?

妊婦

ステムセル研究所とは東証一部上場企業日本トリムのグループに属する民間のさい帯血バンクです。設立は1999年8月で、2013年9月に日本トリムのグループに加わりました。ステムセル研究所が保管しているさい帯血とは、お母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれている血液のことです。さい帯血には幹細胞という、体のさまざまな種類の細胞のもとになる幹細胞が多く含まれています。

例えば、造血幹細胞であれば、白血病や再生不良貧血のような血液の難病を治療に役立ちます。また、中枢神経・自己免疫・虚血性障害などの修復に役立つ可能性を持つ細胞など、多種多様な細胞に分化できる能力を持つ幹細胞を含んでいることから、さい帯血への医学的関心は増加し再生医療・細胞治療へも大いに期待されています。更に、さい帯血は採取するときに、骨髄のような痛みや身体への負担を心配する必要もないため、今後、ますます治療に活かされる機会が増える可能性があります。

きちんと保管する必要性を説き、意義のある活動であることを多くの人に理解してもらうことができれば、ステムセル研究所は、まだまだ大きく伸びる可能性を秘めています。さい帯血バンクはステムセル研究所のような民間バンクの他に公的バンクがあり、それぞれ何ができるかが違っています。公的バンクの場合は、さい帯血を預けるのではなく無料で寄付する形ですから費用はかかりません。ステムセル研究所に保管しておけば、さい帯血は赤ちゃん本人と家族のためのものです。

万が一のための保険だと考えれば、民間バンクに保管するのが有効だということがわかるでしょう。ちなみに、ステムセル研究所のシェアは民間のさい帯血バンクの約9割です。このように将来性のある事業を行っているステムセル研究所ですが、職場としてはどのように評価されているのでしょうか?実際にどんな声がおおいのか、良い口コミと悪い口コミの両方を集めてみました。

ステムセル研究所の口コミまとめ

良い口コミ

  • ・日本においてのシェア率が9割ある
  • ・目標と評価が明確であり、やり遂げた時の達成感は大きい
  • ・個人が実力を発揮しやすい職場環境である
  • ・再生医療分野は将来性が高く社会的認知が広まればもっと成長する

悪い口コミ

  • ・給与は業績に左右される
  • ・チャレンジングなビジネスで解決すべきことは多い
  • ・再生医療分野、さい帯血の認知度が低い
  • ・ルーティーン業務が苦手な人は向いていないかもしれない

ステムセル研究所の調査結果

仕事頑張る

ステムセル研究所の口コミを見てみると、良い口コミからも、悪い口コミからもさい帯血バンクや再生医療についての認知度を上げる必要があることがうかがえます。どちらの意見からも、ステムセル研究所という企業名を知ってもらう以前に、この業界のことや事業内容を知ってもらうことが、働きやすさにつながると考えていることがよくわかります。

日本の民間さい帯血バンクとしてのシェアは約9割あり、何のために仕事をしているのかという目標がはっきりとしているため、仕事のやりがいはあり、今後伸びていくことも期待できる業界のため、そこを良いと評価している人がいる反面、まだこれからの業界であるため、現段階では仕事をしながら解決していかなければならない問題があって大変だという点を悪いと評価している人がいるようです。

ルーティーン作業が苦手な人が仕事をするのは大変だという意見がある一方で、個人が自分の持っている力を存分に発揮できる職場だという評価も見られます。ですから、個人の持ち味と仕事内容が合えばとても仕事をしやすい職場であることがうかがえます。給与が業績の影響を受けるという口コミもありますが、これは歩合給のように業績によって給与の金額がバラバラと言う意味ではなく、もっと知名度があれば昇給を見込めるところが、なかなかそうもいかないという意味で言われている意見です。

ですから、良い口コミでも悪い口コミでも共通して言われていることは、企業名と事業内容をもっと広く世間に知ってもらう必要があるということです。事業内容がもっと広く知れ渡れば、やりがいもあり将来性もある働きやすい企業であることは確かなようですから、ポイントとなるのはその部分だけでしょう。

ステムセル研究所のまとめ

管理人の見解

ステムセル研究所は、今後まだまだ伸びていく企業であると考えられます。さい帯血や幹細胞についてまだ知らない人が多いとはいえ、有効性は徐々に知られてきており、実際にステムセル研究所にさい帯血を保管存している人の数も、2016年6月現在38,000名に上ります。これまで採取協力医療機関の数も約1,600施設という数ですから、着実に数を伸ばしていることは間違いないでしょう。

ですから、今後は医療機関や自治体などに協力を求めて、事業内容を広く知ってもらう機会を増やしていけば、利用者数を増やせるはずです。再生医療に関する分野ですし、多くの人に関心を持ってもらえる事業内容ですから、これからが期待できる企業です。

会社概要

ホームページ
http://www.stemcell.co.jp/
商号
株式会社ステムセル研究所
設立
1999年8月5日
所在地
東京都港区新橋5丁目22番10号
事業内容
ステムセル(造血系幹細胞)の受託管理事業など

SNSでもご購読できます。