青松学園ってどんなところ?

青松学園は社会福祉法人児童愛護会によって運営されている障害者支援施設です。社会福祉法人としての認可を大正15年に受けており、青松学園として設立されたのは1994年のことですから長い歴史と実績のある障害者支援施設と言えるのではないでしょうか。千葉県長生郡一宮町に施設を構えており、施設入所支援や生活介護、就労継続支援、短期入所支援、日中一時支援といったさまざまな事業を行っています。短期入所支援事業は定員が4名と少人数制になっていますが、生活介護支援は40名と比較的大人数をカバーできるようになっています。

共同生活援助事業としてケアホームせいしょうも運営しています。こちらは2008年に設立され、千葉県茂原市に施設があります。もともと青松学園の母体は関東大震災によって被災して行き場を失ってしまった子供たちの保護や教育を行っていた団体で、やがて被災者児童に限らず生活の豊かでない一般家庭の児童の保育教育も行うようになっていきました。現在では主に障害者の支援サポートを事業として行っており、先述したさまざまな施設で障害者の受け入れをしています。

行っている事業によって施設が変わり、生活介護事業や施設入所支援事業、短期入所事業が青松学園、就労継続支援事業がキッチンせいしょう、共同生活援助事業がケアホームせいしょうとなります。生活介護事業ではせいしょうファームと呼ばれる農場で農作業に携わりながら社会性や協調性、自主性を養えるよう支援しています。ほかにもここではクラフト作業や食品加工などの作業も行っており、モノづくりの喜びも感じられるよう工夫されています。ケアホームせいしょうでは主に夜間において障害者の排せつや入浴、食事などのサポートを行います。

青松学園まとめ

良い口コミ

社会貢献できていると感じる

自分が頼られる存在なのでやりがいがある

入居者からお礼を言われるとうれしく思う

悪い口コミ

責任がある仕事なのでつらいと感じる時がある

力仕事があるので、体力的にきつい

うまくコミュニケーションが取れないとつらい

青松学園の調査結果

仲良し

青松学園は複数の支援施設を有する社会福祉法人で、障害者のあらゆる生活支援や社会性、協調性を養えるような支援を行っています。青松学園で働くということは社会や地域、人々の役に立てるということですし、実際にそのような気持ちで求人に応募する方も少なくないようです。働いている方の口コミには「社会貢献ができていると感じる」という声が多いですし、実際に社会貢献ができるお仕事がメインとなっています。

「自分が頼られる存在なのでやりがいがある」と感じる方も多いようです。誰かから頼られるというのはうれしいことですし、頼られることでやりがいも感じるものです。やりがいがあるということは仕事に対するモチベーションも高く保てるということですし、人々の役に立てる素晴らしい仕事をしているという誇りも持てるでしょう。「入居者からお礼を言われるとうれしく思う」という口コミもあります。人から感謝される仕事に従事することによって、自分自身も成長することができるのではないでしょうか。

口コミの中には「責任がある仕事なのでつらいと感じることがある」という声もあります。確かに障害者の方の生活支援などを主に行う仕事ですから責任感は必要ですし、つらく感じることがあるのも事実でしょう。しかし、これは裏を返せば責任重大な仕事を任されているということですし、自身の仕事が多くの人の役に立っているということになります。また、「体力的にきつい」という声もありました。確かに女性スタッフだと力仕事はきついかもしれませんが、男性スタッフと上手に協力し合うことで負担を減らすことは可能でしょう。このような口コミもあるものの概ね満足している口コミが多い傾向にあります。

青松学園のまとめ

管理人の見解

青松学園での仕事は責任のある仕事なのでプレッシャーを感じる、という声もありましたが、確かにこうしたお仕事に就くとプレッシャーは感じてしまうかもしれません。しかし、よくよく考えれば、この世に責任の生じない仕事などは存在しないでしょう。どのような仕事でも一定の責任は生じますし、それを理解して社会人は働く必要があると考えます。また、体力的にきついという声もありましたが、これは女性だと多少仕方のない部分はあるものの男性ではそうでもないのかもしれません。

口コミは個人の主観が全面に反映されてしまいますから、すべてを鵜呑みにしてしまうことはできません。プレッシャーを感じるという方もいれば、まったく感じない方もいるでしょう。また体力的にきついと感じる方もいれば、そうでもない方もいます。このあたりは人によってそれぞれ感じ方が異なりますから、実際に自分が働いてみない限り本当のことは分からないでしょう。

青松学園が事業として行っている障害者の支援サポートはとても素晴らしいことですし、地域や社会、多くの人々の役に立っている仕事であると言えます。やりがいを感じるという口コミが実際に多いことからもそれは読み取ることができるでしょう。やりがいがあるからこそ仕事も長続きしますし、もっと頑張ろうという気にもなります。社会貢献ができていると感じるという口コミもあったように、実際社会貢献できているお仕事ですから自分の仕事に誇りも持てるでしょう。

会社概要

商号
社会福祉法人児童愛護会(公式サイトへ)
設立
大正15年6月10日
所在地
千葉県長生郡一宮町一宮389
ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。