はじめに

介護業界が常に人材不足だということは、誰もがなんとなくは知っている事実ではないでしょうか。これは高齢化に伴い介護される人と、介護をする人のバランスが取れなくなっているということや、親世帯とは一緒に暮らさない核家族が増えてきているということも関係していますが、介護業界の職場環境が良くなく人材が定着しづらいということも一因として考えられます。

事実、介護業界で働く人たちは職場環境、特に人間関係について悩みを抱えている人が多く、仕事を「つらい」と感じているようです。
介護業界で働く人を対象にしたとある調査では、人員不足で忙しくサービス残業が多い、給料が少ないというようなことに悩みを抱えている人もいる一方で、スタッフ間の連携が取れないことや、職場の人間関係が悪くうまく連携が取れないことに悩んでいる人が多いという結果が出ています。

介護という仕事自体には興味があっても、その人間関係の悪さを恐れてなかなか介護業界で働こうとは思えない人もいるかもしれません。
しかしこのように人間関係に悩みを持つ人が多い介護業界の中でも、人間関係を大切にしている介護施設もあります。その1つが今回ご紹介する「サラージュ豊中」です。

今回は同所の概要について、詳しく紹介していきます。

サラージュ豊中ってどんなところ?

サラージュ豊中は、「特別養護老人ホーム」という公的な介護施設で、社会福祉法人愊美会という法人団体が運営しています。
特別養護老人ホームとは、病気や障がいのために自立した生活が難しい高齢者が入居できる介護施設のことですが、そのために特別養護老人ホームで働く人は重労働が必要になることも。また職員不足で介護が行き届かないことが問題になることもあります。

しかしサラージュでは、利用者の方々がサラージュを第二の自宅と思えるような環境づくりをしており、生活の中に「こころのゆとりとハリ」を感じてもらえるということを重要視しています。
利用者が快適に過ごせる環境づくりは、そこで働く職員の方々が細やかな気配りと思いやりをもって利用者に接していなければ、実現は難しいでしょう。サラージュではそんな姿勢や心を持ったスタッフを採用し、入所者とその家族の生活を支えています。

サラージュ豊中は入所定員29人、居室設備にはトイレ、空調、洗面、ベッド、ナースコールなどを備えています。まるで自宅のようにプライベート空間を持って過ごせるような環境で、大規模すぎず入所者一人一人に目が届く状態です。
共用部分には食堂や談話室など入所者同士やお見舞いしにきた家族と触れ合える場所があり、季節ごとの各種イベントも実施されています。入所者の方々が心地よく楽しく暮らせる場所。それがサラージュ豊中なのです。

では実際にサラージュ豊中を利用した方々の感想をみてみましょう。

サラージュ豊中を利用した方の口コミを紹介

・地域密着型なのでとても安心できる。介護士の方も優しく接してくれているのでとても居心地がいいです。

・イベントは家族ぐるみで参加させて頂いております。家族の時間を作るきっかけにもなって楽しませて頂いてます。

サラージュ豊中の調査結果

サラージュ豊中を利用した方々からの口コミからもわかるとおり、サラージュ豊中で働いている介護士たちは常に利用者の方々に優しく穏やかに接していて、居心地の良い生活を提供しています。
もしもサラージュ豊中が、多くの介護施設のように職場内の人間関係がうまくいってなければ、そんな穏やかな雰囲気は作れないでしょう。そういった面からも、サラージュ豊中の職場環境の良さが伺えます。

また入所者とその家族との関係も重要視していることも、口コミから伺えます。細やかな気配りが、入所者の方だけではなくその家族まで行き届いていて、家族の方々からも感謝されることがあるというのは、介護の現場で勤務する人にとってもやりがいを感じられるのではないでしょうか。

サラージュ豊中に求められている人材とは?

サラージュ豊中では、現在「介護職」を募集しています。

応募はコチラから!

では、「介護職」という仕事において、どのような人材が同社に求められているのでしょうか。直接お話を伺う事ができました。

御所で「介護職」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

人それぞれですが一人前と呼べるまでには1年から2年は必要だと考えています。最初の3ヶ月は日勤のみに入ってもらい、仕事が上達してきたら夜勤にも入ってもらいます。 勉強してきてほしいものはありません!未経験でも働きながら覚えていくように指導しますので、安心してください。

「介護業務」を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

周りを見ることです。多くの高齢者が生活されている介護業務では洞察力が必要になってきます。今何を必要としているのか、どんなことに困っているのかなどいち早く気づいて行動に移していくことでスムーズの業務を遂行することができます。またそのように周りを見て、気づきを重ねていくことでお客様の特徴や性格を知ることができ、何後必要なのか事前に分かるようになるのでより効率的な業務に繋げることができます。

「介護職」の面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください。

「なぜ介護職に就こうと思ったのか」について聞いていきたいと思っています。

実際に活躍されている「介護職」は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方の人柄についても教えてください。

・圧倒的にコミュニケーション能力が高いです。やはり人と接するお仕事なのでお話が好きな方や、明るい方は活躍されています。

・明るくて元気な方が多いです。

・チーム医療・チームケアを合言葉にしているのでチームワークが取れる方は活躍しています。

まとめ

人間関係の悩みが多い介護業界ですが、サラージュ豊中ではコミュニケーション能力やチームワークといった点が重視されているようで、明るく元気な職場であることが伺われます。

人員不足で忙しい業界だからこそ、チームワーク、つまり人と人との連携はとても重要でしょう。うまく連携ができれば、互いに助け合い忙しさを軽減できるからです。
そして結果的に、そこで働いている全員に心のゆとりが生まれ、同僚に対しても利用者の方々に対しても優しく接することができるのではないでしょうか。サラージュ豊中ではそんな環境が実現されているようです。

介護業界という決して簡単ではない業界ではありますが、サラージュ豊中なら未経験の人でも働きながら仕事を覚えていける環境や雰囲気が整っています。今回直接お伺いしたお話からも、1、2年という長い期間をしっかりかけて一人前に育てていっているということが感じ取れました。

全くの未経験でも、介護について知識がなくても受け入れてくれるサラージュ豊中なら、人と接することが好きで誰かの役に立ちたいと思っている人にとって最適な職場になるはずです。何もわからない最初のうちは大変かもしれませんが、サラージュ豊中なら職場内の人間関係が大事にされているため、先輩方と乗り越えていけるでしょう。
これからもどんどん需要が増える介護職。手に職をつけるという意味でも、挑戦してみてはどうでしょうか。

ホワイト企業調査団

ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。