株式会社エヌリンクス代表 栗林憲介氏のこれまでに迫る!

栗林憲介氏は1983年に大阪府で生まれました。高校時代まではエリート路線を突き進んでいたものの、高校卒業後にお笑いプロダクションへ所属する道を選びました。お笑い芸人としての道は険しく、途中で挫折を経験したそうです。他にも様々な人生経験をしたのちに、日本大学商学部へ入学をします。

栗林憲介氏は、大学在籍中にベンチャー企業を立ち上げ、運営を行っていました。しかし、当時の代表に全ての資産を持ち逃げされてしまったという辛い経験をされたそうです。資産を持ち逃げされた直後は、無一文の状態になってしまった栗林憲介氏。しかし、ここで諦めることなく、この辛く苦しい経験をバネに、株式会社エヌリンクスの設立へと繋げていったそうです。

株式会社エヌリンクスは2010年に設立し、今年で7年目を迎えます。株式会社エヌリンクスの本社は、東京の池袋にあります。社員が一生働きたいと思う職場環境を大切にしてきて会社を運営しています。この日々の心がけの結果、現在では20支社で550人もの社員が株式会社エヌリンクスで働いています。

人を思いやり大切にするという想いはクライアントに対しても同じです。受けた仕事は、スピーディーにハイクオリティでということを心がけてきました。その結果、株式会社エヌリンクスは多くのクライアントから高く評価されるようになったそうです。

栗林憲介氏は過去の苦い経験から様々なことを学びました。そして、多くの人々への感謝の気持ちを常に持ち続けることで、現在の株式会社エヌリンクスの成長へと繋がっているのです。最近では多方面からメディア取材の依頼がくるなど、非常に注目を集めているそうです。

代表取締役社長を務める栗林憲介氏と共に経営に関わっているのが、栗林憲介氏の弟である栗林圭介氏です。栗林圭介氏は、株式会社エヌリンクスの副社長を務めています。

実は、栗林憲介氏と栗林圭介氏は双子なのです。双子で会社経営を行っているのは非常に珍しく、メディアでもよく取り上げられています。初めての人でも、栗林憲介氏と栗林圭介氏の顔を見ると、すぐに双子だとわかるほどだそうですよ。

エヌリンクスの独自制度!「社内ベンチャー制度」とは?

株式会社エヌリンクスには、「社内ベンチャー制度」という社内制度があります。この社内ベンチャー制度とは、株式会社エヌリンクスの全社員が新規事業立ち上げに関われるチャンスが与えられるというものなのです。

「〇〇をビジネスとして立ち上げてみたい!」といった熱意のある社員を、株式会社エヌリンクスでは全面的にバックアップしています。「アルテマ」という自社メディアは、株式会社エヌリンクスの社員によって立ち上げられたメディアサイトになります。

他の企業では保守的な経営にシフトしがちですが、株式会社エヌリンクスでは常に挑戦し続ける気持ちを大切にしています。年齢や学歴に関係なく、良い意見やアイディアを取り入れるようにしています。株式会社エヌリンクスの社員であれば、誰もが社内ベンチャー制度に提案することができるのです。

社内ベンチャー制度が設立された背景には、株式会社エヌリンクスの経営理念がありました。株式会社エヌリンクスの経営理念は、「走り続ける変わり続ける、そして愉しみを創り出す。」です。いつまでも同じ事業内容にこだわるのではなく、その時代やニーズに合わせて変革をしていくことが大切であると、株式会社エヌリンクスの代表取締役社長である栗原憲介氏は考えています。

変革するためには、経営陣だけの考えでは内容に偏りがあったり、変革という視点から見ると弱いことがあります。そこで、株式会社エヌリンクスの全社員の知恵や知識をプラスすることにより、今までに見えてこなかった角度からの提案が生まれてくるということなのです。

社員一丸となって新規事業に携わることで、仕事に対する意識の向上、団結力を強める効果も期待できます。株式会社エヌリンクスの成長だけでなく、全社員の成長へも繋がる取り組みとして、社内ベンチャー制度は生かされているのです。

エヌリンクスに求められる人材

株式会社エヌリンクス 代表取締役社長 栗林憲介氏は、以下のような人材を、社員として求めているとおっしゃっていました。

  • 自分の仕事が会社の成長に直結しているという状況やプレッシャーを楽しめる人材。
  • 会社の成長が個人の成長の総和であることを忘れずに、責任と緊張感と向上心を持ち続けられる人材。
  • 常に「変化」を恐れずに、挑戦できることのできる人材。

※人材力100より引用

企業として成長途中にある株式会社エヌリンクスという状況をしっかりと理解し、どんな状況であっても柔軟に対応できる人材が、株式会社エヌリンクスでは求められているようです。

仕事に対して常に挑戦する勇気と熱意のある社員が、株式会社エヌリンクスには大勢います。仕事量にボリュームがあるので、決して楽な仕事というわけではありませんが、課題や困難を乗り越える時には、常に一緒に働く仲間たちがいます。そのため、社員同士も仲が良く、休憩時間や休日なども一緒に過ごすことが多いです。

株式会社エヌリンクスには、まるで大家族のような団結力とアットホームさがあります。そして、自分自身の自己成長をサポートしてくれる環境も揃っています。仕事に対して自分の力でアクションを起こせる人材は、株式会社エヌリンクスに応募してみてはいかがでしょうか。

頑張った分だけ評価される社風

株式会社エヌリンクスでは、年齢や今までの経験などにとらわれることなく、成果を上げて頑張った分だけ評価がしっかりとされます。入社して間もない社員でも、しっかりと成果を上げると先輩社員よりも給与が多くもらえたり、役職に就けることが出来ます。

他の会社であれば、年功序列や先輩を立てる風習があったりしますが、株式会社エヌリンクスでは、そのような意味のない悪しき伝統をなくしています。誰でもチャンスがあるのは当然であり当たり前なのです。

みんなで課題を解決する会社の雰囲気

多くの企業の営業職は、成果を上げることが出来なかったら責められ、場合によっては減給ということもあるかとおもいます。しかし、株式会社エヌリンクスでは、無理なノルマを課すことはありません。

万が一ノルマを達成できなかった場合は、課題解決という視点からノルマを達成できなかった原因を追究します。仲間と共に課題解決に取り組むので、気持ち的な負担が少ないだけでなく、自分だけでは見えてこなかった視点でのアドバイスをもらうことが出来ます。

出社時間が午後から?自由な時間の使い方

株式会社エヌリンクスの出社時間は13時~。朝の満員電車に揺られることなくゆっくりと出社することが出来ます。平日の午前中が常に空いている状態なので、銀行手続きや病院の予約が入れやすいのも魅力のポイントですよね。

もちろん、ご自宅でゆっくりと過ごしたり、趣味の時間に充てるのでも大丈夫です。勤務終了時間は22時とやや遅め。しかし、多くの社員が遅めのアフターを楽しんでいるそうですよ。

他にも、「お休みスライド制度」という制度を取り入れています。このお休みスライド制度とは、急に会社を休まなくてはいけなくなったりした場合に、出勤日に休日休みを当てることができる制度なのです。この制度の導入により、平日に休みやすくなったという社員からの喜びの声が上がっています。

出勤日は自己申告シフト制なので、家事や育児との両立をしながら働いている社員が多いです。その為、家庭を大切に思う社員が株式会社エヌリンクスには多いそうですよ。まとまったお休みも取りやすいので、旅行にも行きやすいのも嬉しいポイントですよね。

株式会社エヌリンクスでは、会社での仕事だけでなく社員のプライベートな時間も大切に考えています。働くときはしっかりと働き、休日は思いっきり遊んだり休むというサイクルを会社側は作り上げることで、社員は一生働きたい職場と思えるようになるのです。

会社のビジョンについて

株式会社エヌリンクスの掲げる会社としてのビジョンは、クライアントを良い意味で裏切り続けていける企業になりたいと考えているそうです。スピード感とクオリティの高い仕事を提供し続けることを目標にし、「仕事をエヌリンクスに頼んでよかった!」と、クライアントから褒められる企業でありたいと思っています。

上記のような会社のビジョンを語ることは簡単ですが、アクションを起こすとなると実はすごく大変なことです。このビジョンを達成するためには、今までの経験と社員一丸となる気持ちが大切になってくるのです。

株式会社エヌリンクスは、成長段階にある企業であることを胸に刻み、常に変革し続けることで、企業の利益と仕事を通じた社会への貢献ができる企業へと成長することを目指していきます。

エヌリンクスの求人情報まとめ

DODA

・営業職(営業代行):NHKの受信契約・更新、受信料などの案内

リクナビNEXT

総合職(セールス)
ルート営業

エヌリンクス リクルートサイト

参考:エヌリンクス採用サイト

・営業職(営業代行):NHKの受信契約・更新、受信料などの案内

・システムエンジニア:社内CRM開発・管理、オウンドメディア・オウンドサービスの開発

・Webディレクター:自社運営webメディアに関する改善立案・ディレクション・効果検証

仕事のやりがい【営業職(営業代行)】

やりがい

株式会社エヌリンクスの中でも一番注目されている求人の、営業職(営業代行)についてご紹介したいと思います。

営業職(営業代行)は、決められた住宅エリアを周り、NHKの受信契約・更新、受信料などの案内を行います。訪問する時間帯は、夕方~です。昼間に訪問すると、家主様に会える可能性が低くなってしまうからです。

防犯面を気にされる家主様からは、怪しいセールスが来た!と勘違いされてしまうこともしばしば。しかし、ここで引き下がるのではなく、家主様に内容の把握をしてもらうのが株式会社エヌリンクスの営業職(営業代行)の大切な役割なのです。

中には、厳しい言葉をかける家主様もいらっしゃいます。根気よく説明を続けたり、「今日は過ごしやすい気候でしたね」などといった何気ない会話を行うことで、徐々に家主様の気持ちに入り込んでいくことが出来るのです。

この瞬間が、営業職(営業代行)を行っていて一番嬉しいです。そして最後のほうには、家主様と友達と話をするようなカジュアルな感覚まで心の距離を近づけたということもあるんですよ。

営業職(営業代行)はグループになって住宅エリアを周ります。ベテランの先輩がいるので、営業職(営業代行)が初めてでも安心して仕事に取り組むことが出来ます。不安な時は先輩や仲間からアドバイスをもらえますので、一人で抱え込むという心配もありません。

株式会社エヌリンクスの営業職(営業代行)は、成果を上げた分だけ給与に反映されます。成果をしっかりと認めてくれるのも嬉しいポイントかとおもいます。また、営業職(営業代行)として入社する社員の多くが、前職が営業職でなかったりします。

株式会社エヌリンクスに入社すれば、営業のイロハからしっかりと教えてくれるので、営業職を経験したことのない人でも安心して取り組むことが出来ます。

社交的な性格・新しいことにチャレンジするのが好き・自己成長していきたいという考えを持っている人は、株式会社エヌリンクスの営業職(営業代行)に挑戦してみてはいかがでしょうか。毎日が楽しい!と思えること間違いなしですよ。

マイナビ2017(新卒向け)

・営業職(営業代行):NHKの受信契約・更新、受信料などの案内

気になるエヌリンクスの年収は?

株式会社エヌリンクスの仕事内容や経営方針などの次に気になるのが、年収かと思います。株式会社エヌリンクスの年収モデル例を一部ご紹介したいと思います。

  • 年収380万円/23歳 営業職 経験1年
  • 年収540万円/27歳 リーダー職 経験2年
  • 年収650万円/29歳 管理職 経験2年

※マイナビ2017(新卒向け)採用ページより引用

平均月収30万円で、営業成績や頑張り次第により評価され、給与に反映されていくようになります。各種社会保険制度だけでなく、家族手当・住宅手当・出張手当などの手厚い手当も魅力的なポイントです。

まとめ

2010年に設立した成長段階にある株式会社エヌリンクスは、非常に活気と熱意に溢れた企業です。会社としての成長だけでなく、株式会社エヌリンクスに勤める全社員のことも大切にしている会社の雰囲気は、ベンチャー企業の中では珍しいといわれています。

その雰囲気作りを行う背景には、「社員が一生働きたい!と思える環境を作りたい」という熱い思いがあるからなのではないでしょうか。現在、株式会社エヌリンクスでは各部門にて熱意とやる気のある人材を募集しております。

代表取締役社長 栗林憲介氏の株式会社エヌリンクスに対する情熱に心を打たれた方は、社員となって一緒に株式会社エヌリンクスを盛り上げてみてはいかがでしょうか。

採用に関しては、株式会社エヌリンクスの採用ページまたは各求人情報サイトにて行っておりますので、ご確認ください。これからますます成長し続ける株式会社エヌリンクスから、目が離せなくなりそうですね。今後も株式会社エヌリンクスの活躍に注目が集まります。

会社概要

商号
株式会社エヌリンクス
所在地
東京都豊島区池袋2-14-8 池袋NSビル5F
代表
栗林圭介
ホワイト企業調査団

ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。