はじめに

医師や看護師は医療現場の花形的存在ですが、その陰では、縁の下の力持ちが彼らを支え、私たちの健康を見守ってくれています。
そのような縁の下の力持ちの代表選手といえば、薬剤師さんがこれに当たり、薬剤師さんの存在があるからこそ、私たちは正しく薬を服用することができています。
それでは、薬剤師さんとはどのような存在なのか、その仕事内容を詳しくご紹介するとともに、薬剤師さんに向いているのはどのような人なのかという点についてもご紹介しておきましょう。

薬剤師さんの仕事内容

薬剤師さんは、院内薬局や調剤薬局、薬局・薬店、ドラッグストアなどに勤務し、それぞれの職場によって、担当する業務は異なります。
たとえば、ドラッグストアや薬局・薬店勤務の場合では、一般医薬品の販売や医薬品の取扱説明、服薬指導などを主とした業務を担当しますが、院内薬局や調剤薬局勤務の場合では、これらの業務に加えて、調剤業務や薬歴管理業務が付加されます。

今回ご紹介するみずしま薬局は、神奈川県小田原市にある調剤薬局ですので、後者の業務に該当します。
また、薬剤師さんとして調剤薬局で勤務するためには、国家資格を取得していることはもちろんのこと、コミュニケーション能力も問われます。
というのは、調剤薬局に訪れるのは、年齢も性別もバラバラであるため、それらの患者さんに対して臨機応変に対応して行かなくてはならないからです。

薬剤師さんは豊富な薬の知識を持っていて当然ですが、初めて服用する薬を目の前にした患者さんにとっては、それは未知の物質であり、それについての知識はほぼないと考えておく必要があります。
つまり、薬剤師さんとして大切なことは、その薬に対する知識を患者さんに押し付けるのではなく、いかに患者さんにとってわかりやすく、その薬の性質や効果、服用方法、副作用などについて説明できるか、という部分であるということです。

実は、この部分が非常に難しく、経験の浅い薬剤師さんの場合では、これをいかにうまくさばくことが出来るようになるかという部分が、第1の関門となるでしょう。
これには、ご自身の努力ももちろん大切ですが、このようなときに、頼れる先輩薬剤師さんの存在があれば、先輩薬剤師さんの知識を吸収しつつ、コミュニケーションのコツを習得することができますね。

薬剤師さんに向いているのはこのような人

上記を考え合わせると、薬剤師さんに向いているのは、薬に対する知識が豊富なことに加え、患者さんの立場に立って、患者さんといかにうまくコミュニケーションを行うことができるのか、という部分に長けた方ということになります。

みずしま薬局ってどんなところ?

みずしま薬局の先生
みずしま薬局は、地域密着型の調剤薬局で、何よりも患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。
また、みずしま薬局には、以下の特徴があります。

みずしま薬局・3つの特徴

顧問医師が在籍しているというと

みずしま薬局には顧問医師が在籍していますので、件相談の際に、医師からの直接回答を得ることができます。

がん薬物治療相談を実施

最新の保険診療に於けるがん治療の効果や副作用などを、プロジェクターを用いて患者さんに説明します。

延長料金制度なし

他の医療機関では、セカンドオピニオンやサードオピニオンにおいて延長料金が発生することがありますが、みずしま薬局では延長料金制度を適用していません。
つまり、患者さんとしては「どれくらいの延長料金が必要になるのだろう?」とひやひやしながら説明を受ける必要がないということです。

また、みずしま薬局には最新のレセプトコンピューターが導入されていますので、服薬指導や薬品管理などをスムーズに行うことができるというメリットもあります。

では、みずしま薬局ではどのような人材を求めているのでしょうか?
みずしま薬局には、コミュニケーション能力に優れた薬剤師さんが在籍していますので、まずはそのような先輩薬剤師さんの姿勢をよく観察し、ご自身の知識やコミュニケーション能力を広げて行くことができる人材が求められています。
これは、薬剤師さん対患者さんだけではなく、調剤事務対薬剤師さんのコミュニケーション能力も含まれますので、あらゆるシーンに於けるコミュニケーション能力に自信がある方は、ひとまず、みずしま薬局での勤務に向いていると考えることができるでしょう。

それでは、実際にみずしま薬局で働いている方は、みずしま薬局に対してどのように感じているのでしょうか?
次の項目では、みずしま薬局で実際に働いている方々の口コミをご紹介して行きます。

みずしま薬局の口コミまとめ

患者さまの質問に対して答えられない場合は、顧問医師である中嶋清司先生へ質問をなげることが出来ますので、患者さまの後日お電話やFAXなどでアフターフォローが他の薬局より優れていると思います。

みずしま薬局に求められている人材とは?直撃インタビュー!

みずしま薬局では、現在「薬剤師」を募集しています。

応募はコチラから!

この項目では、「薬剤師」という仕事において、どのような人材がみずしま薬局に求められているのかについて紹介していきます。

御社で「薬剤師」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

ご本人のやる気次第だと思います。他の薬剤師さんの良いところ吸収jしたり、お薬や各疾病の薬物治療ガイドラインの最新情報を一早く更新されていることの情報をキャッチするなど患者さまの治療貢献を常日頃心掛けている薬剤師さんは成長が早いと思われます。

「処方箋にもとづく医薬品の調剤、服薬指導、薬品の管理など」を行う際、より効率的に業務を遂行するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

レセプトコンピュター(メーカー名:パナソニック メディコムネットワーク株式会社)は最新のものを導入ております。ですので、患者さんへのお薬の説明をする際に、お薬の写真や薬袋にリアルに表示されるので、服薬指導や薬品の管理などスムーズにできると思います。また弊社はコミュニケーションを重視しておりますので、調剤事務と薬剤師さんの連携は良いと思います。

「薬剤師」の面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください。

臨機応変に患者さまと接することは出来ますか?

求めている人材の要素で「Face to Faceを重要とする仕事ですので、コミュニケーション能力を重要視します。経験者、未経験者は問いません。」などがありましたが、実際に活躍されている「薬剤師」は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方はどのような人柄の方が多いか教えてください。

薬剤や病態の知識が豊富な姿を全面に患者さんに押し付けるより、患者さま質問や言動などに対して、臨機応変に対応できる薬剤師は、非常に患者さんから好まれかつ活躍されています。

まとめ

お話を伺って来た中で、みずしま薬局には、高いコミュニケーション能力をお持ちの薬剤師さんが在籍していることがわかりました。
また、調剤薬局内での調剤事務の方と薬剤師さんの連携が良いということからは、人間関係の良好さをうかがい知ることができます。

先輩薬剤師さんから様々な知識やコミュニケーション能力を吸収したいと考えても、調剤薬局内の人間関係がギスギスしていては、新人の薬剤師さんとしては身の置きどころがなくなってしまう可能性も考えられます。
ですが、みずしま薬局ではすべての方々が和気あいあいと業務に取り組んでいますので、新人の薬剤師さんも温かく迎え入れてくれることでしょう。

みずしま薬局は、福利厚生が充実、薬剤師正社員または薬剤師パートからご希望の勤務形態を選択することができます。
知識を吸収する意欲とコミュニケーション能力を高めて行きたいという方は、この機会に、みずしま薬局での勤務を検討してみてはいかがでしょうか。

ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。