はじめに

現代社会は少子化傾向にあり、子供を対象としたビジネスは厳しいと思われがちですが、家庭教師という職業は、根強いニーズが続いています。

近年は、学習塾でも従来の大人数の授業形式よりも個別指導に人気が出ています。その傾向と軌を同じくして、家庭教師のような一人一人にきめ細かく対応する教育サービス市場は、競争が激化しているのです。

また、家庭教師業界では、従来になかった取り組みにより、利便性が高まっています。
無料体験の増加により、利用者の比較・選択の機会が増えています。インターネットの普及により、遠隔指導も可能になってきました。
このような利便性の高まりにより、さらなる市場拡大が期待されます。

家庭教師の選び方

家庭学習の選択肢の広がりとともに、ご家庭で家庭教師を選ぶ際に、どんな企業であるかという点も注目されるようになってきました。

実際に利用した人の口コミを確認すると、先生の教え方や成績の上がり方など、詳しい情報が手に入ることもあります。口コミは個人の感想ですので、一概に頼ることはできませんが、大いに参考になることでしょう。

家庭教師を利用した学習のメリット

規模の大きい学習塾よりも個人指導の家庭教師を選ぶメリットも見直されてきています。

・子供の習熟度や勉強のペースに合わせ、オーダーメイドのカリキュラムで学習を進めていくことができる。
・苦手科目だけを重点的に学習することもできる。
・子供の都合に合わせて時間の設定や変更をすることが可能。
・教師が自宅を訪問して指導するので、親の目が届き、安心できる。
・教師とのコミュニケーションが取りやすいので、子供の学習意欲が高まる。

マンツーマン指導により、お子さんの状況に合わせて学習を進めることができるのは、家庭教師の大きなメリットです。

たとえば、不得意科目が偏っている、部活で忙しい、特定の単元を重点的に学習したい、夏休みに集中して学習したい、などの事情があると塾には通いにくくなります。結局、自宅で一人で学習することになり、いつの間にか不得意科目が増えてしまう、ということもあるでしょう。そうなると学習全般に自信が持てなくなってしまい、勉強嫌いに陥ってしまいます。

このような、勉強に自信が持てずに嫌いになってしまっているお子さんに、勉強が嫌いでなくなるようなキッカケを作っているのが「家庭教師のランナー」です。今回は家庭教師のランナーの概要から求められている人材について、詳しく紹介していきます。

家庭教師のランナーってどんなところ?

家庭教師のランナーは、勉強を苦手としているお子さんに対して、「勉強のやり方・楽しさ」を教えている家庭教師グループです。

勉強嫌いになっている背景にはさまざまな理由があると思いますが、本来、学びによって新しい世界を広げることは、子供にとって大きな楽しみです。

どの子供も、新しい知識を得てワクワクする気持ちは持っていますから、キッカケさえあれば、学習意欲を高めていくことはできるはずなのです。

ですが、ただ教えるだけではやる気スイッチは入りません。子供の学ぶ意欲を引き出すには、どこが理解できていないのかという現状を正しく把握し、適切な教材を使って的確に指導する技術が必要です。

その点、家庭教師のランナーは、信頼できる先生、状況に合った勉強法を提供することを大切に考え、家庭教師の管理や学習教材の開発などを行っています。

では、実際に同社で働いている人たちは、どのように思っているのでしょうか? 直接伺ってみました。

家庭教師のランナーの口コミまとめ

魅力:相手や仲間の成功をみんなで喜べることです。
課題:自主性・積極性を伸ばしていくことです。

家庭教師のランナーに求められている人材とは?

家庭教師のランナーでは、現在家庭教師を募集しています。

この項目では、同グループがどのような人材を求めているのか?直接取材してきました!

ランナーで「家庭教師」として一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?また入社する前に勉強しておいた方がいいことなどありますか?

期間:およそ一年間です。
勉強しておいたほうがいいこと:マナー面、言葉遣いなど、相手に好印象を与えるにはどうしたら良いかということです。

「共通のテキストを使って生徒様に勉強を教える」際、より解りやすく指導するためには、どのような事を意識すればよいのでしょうか?

●細かく話すのではなく、よりシンプルに話すことが大切です。
また、説明だけではなく図を描くなど、ビジュアルで解説することも必要になります。
解答・解説を事前に見て、解説の準備をしておくことも、わかりやすい指導のポイントです。

●生徒さんの理解していない所がどこかを明確にすることです。
生徒さんは自分で、「どこがつまづきの原因か」がわからない場合が多いです。
ですので、テキストの全ページの問題を解くという意識ではなく、
わからない所に絞って集中的に解いていくことが重要です。

「家庭教師」の面接で、特に聞く質問などありましたら教えてください。

日程変更で指導に行けないことがないように、細かく日程の確認をします。
生徒さんとの相性を考え、趣味や中高生の部活動なども質問します。

実際に働いている社員の声として、会社の魅力や課題を教えてください

魅力:相手や仲間の成功をみんなで喜べることです。
課題:自主性・積極性を伸ばしていくことです。

求めている人材の要素で「教育に興味がある方」などがありましたが、実際に活躍されている「家庭教師」は、どのような能力が高いと感じますか?また、働いている方はどのような人柄の方が多いか教えてください。

生徒さんを伸ばすことのできる教師は、コミュニケーション能力が高いです。 

●気さくな性格
●誠実
●褒める力
●叱る力
●お子さん・親御さんとのコミュニケーションが上手

上記のような先生はとても評判が良く、どんなご家庭に指導に行っても活躍しています。
相手のために力になってあげたいという気持ちが強い人が多いです。

まとめ

企業理念や口コミ、直接取材から、家庭教師のランナーは、職場の雰囲気が良く、充実した社員研修によって質の高い教育を実現している様子がうかがえました。

社員研修によって、あらかじめ教え方や論理的な説明の仕方などを身につけてから指導に入ることができること、独自の学習教材が用意されているということも、これから家庭教師を始めたい人にとって頼もしい環境です。

家庭教師のランナーでは、単に家庭教師を斡旋するだけではなく、丁寧に人材育成を行っています。

同グループでの家庭教師の仕事は、生徒と身近に接し、向上心を持って積極的に勉強に取り組めるように導き、生徒とともに自分自身も成長していける内容になっています。子供と密接にかかわる教育に携わりたい人にとっては、理想を実現できる企業と言えるでしょう。

ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。