はじめに

塾業界は、少子化の影響で厳しい状況になると言われていますが、それは本当でしょうか。

たしかに、子どもの数は減少の一途をたどっており、塾の主要な顧客である子どもの人口も減っています。今後もその傾向は続くと予測されており、今後は塾の経営が厳しくなっていくという考え方は自然なものとも言えるでしょう。

しかし、現状では子どもの数は減っているのにもかかわらず、塾へ通う子どもの割合は減っているわけではありません。むしろ、中高一貫校受検の過熱により、中学受験を中心に塾に通う子どもの数は増えているのです。

塾業界の市場も、9,000億円を超える水準を維持し続けており、堅調です。
こうして具体的な数字を確認してみると、実際には悲観する状況ではないと言えます。

ただし、今後はさらに少子化が進むため、ゆるやかに市場は縮小していく見通しです。
そうなれば、少子化で限られた顧客を獲得できる塾だけが生き延びていけることになります。

すなわち、今まで以上に教育に熱心な家庭からの多様なニーズにきめこまやかに対応できる学習塾が求められる時代になっていくと言えるのです。

そんな変化が求められる中、子どもたちの本当の幸せについて考え、将来自立した大人になれるよう、20年以上も前から取り組んでいる学習塾があります。

それが今回ご紹介する“花まる学習会”です。

この記事では、同学習会でこれから働きたい人へ向けて、実際に働いている人の声、求められている人材について解説していきたいと思います。

それではまいりましょう。

花まる学習会ってどんなところ?

花まる学習会は、4歳児から小学生を対象とした学習塾です。数理的思考力、読書と作文を中心とした国語力、野外体験という3つの柱を持ち、幼児の本質を見据えた特色ある教育を行っています。

花まる学習会代表の高濱正伸氏は、予備校で高校生の指導を行っていましたが、学力の伸びが良くない子どもには、自分で考える力が弱い傾向があることに気付きました。その後、幼稚園児から大学院生までの指導を通じて、学習能力の問題点は、小学校低学年時代までに形成されると確信し、低学年向けの教室を開いたのでした。

教室では、当時人気のあった計算力中心の塾ではなく、思考力、国語力を中心に学ぶ意欲を伸ばす教育を目指しました。

現在は、3年生までは、暗唱・ゲーム性などを積極的に取り入れ、学ぶ楽しみを育み、4年生以上は、思考問題でじっくり考え、学習の仕方を身につけられる教育を行っています。

花まる学習会の5つのポイントとそれにもとづく授業内容をご紹介しましょう。

・「幼児の特性」を活かした授業スタイル:落ち着かない、直観力に優れているという幼児の特性を活かし、身体を動かして楽しく思考する経験を積みます。
・思考の壁を乗り越える「算数脳」:見える力、詰める力、あそぶ力を育てることにより、算数脳を養います。
・親も学ぶ「講演会」:保護者が笑顔になれる講演会・勉強会を開催しています。
・1日1ページの「積み重ね」:「1日10分の花まるタイム」で学習を習慣付けます。
・「遊びきる」実体験:キャンプファイヤー、川遊び、そば打ち体験など、豊富な体験教室が提供されています。

このような理念は、花まる学習会の社員にも浸透しています。

次の項目では、実際に同学習会で働いている方に、何故入社したいと思ったのか、その理由について聞いてみました。

花まる学習会の先輩社員の声

社員の声①(5年目 女性)

”入社したいと思ったのは、あるイベントがきっかけでした。「20代をどう生きるか」「教育を考える」といったテーマについて、社長が若者たちと話し合う会です。

その当時、私は子どもたちに勉強を教える活動をしており、社長の教育に対する想いを知り「ここだ!」と思い就職しました。

入社して強く印象に残ったのは、社員が本当にイキイキと働いていることです。
社員と話していてふとした時に出るのは自分の教室の我が子自慢です。
子どもたちが将来素敵な大人になれるように、全力で一緒に取り組む社員がいてそれを語り合うことができることがとても幸せです。

自分の教室では、勉強嫌いだった子が考えることが好きになったり、自分の考えを表現することが苦手だった子が積極的に作文を書くようになったり、成長を目の当たりにした瞬間に心からこの仕事をやっていてよかったと思うことができます。

また、保護者の方と一緒に子どもについて考えていけるのも魅力の一つです。先日も「ここまで先生と我が子のイライラについて話すことができたから、ようやく自分を客観視できるようになりました。今では自分の子どもをほめられるようになりました」と保護者の方から言われました。子どもやその家族の人生に関われる仕事だと思っています。

関わる子ども・保護者が年々増えていき、卒業後に再会することは、この上なくうれしいことです。この職業は年々幸せが増えていく仕事だと思っています。”
 

社員の声②(6年目 男性)

”教育を志してから、自分の理想が体現できるところで働きたいと考えていました。

たまたま、テレビ番組「ソロモン流」に花まる学習会が出ていて、野外体験で子どもたちが沢登りをする映像が流れていて釘付けになったのです。
「ここで働きたい!」と強く思い、花まる学習会に興味がわいて入社しました。

実際に、川で主体的に遊ぶ子どもたちを見て、目を奪われました。ゲーム好きな子が「ゲームをしたい」と言わない。外で遊び慣れていない子もいつのまにか自然の世界に溶け込み、魚をつかんだり、水をかけ合ったりしている。

子どもたちの顔がどんどん逞しくなる瞬間を見ることができるのは最大の魅力です。心から楽しいと思える外遊びの経験を提供できていることが嬉しいです!”

社員の声③(3年目 女性)

”選考を受けた時に、自分の教室のことを幸せそうに語る社員を見て、一緒に働きたいと思いました。

社員全員が、常に「子どもたちのため」「保護者のため」を考えています。だからみんなが同じ方向を向いて働けているのです。

就職活動中は、なぜあんなにもイキイキとしているのだろうと疑問に思っていましたが、実際に働いてみて、その謎が解けました。
全員が「教室」という輝けるフィールドがあって、子どもと保護者と関われる機会があるから、常にさまざまな変化に携わることができます。
同じ日がないからこそ、やりがいがある仕事なのだと思います。”

花まる学習会の調査結果

花まる学習会の先輩社員の声は、どれもイキイキとしています。

外遊びも本格的で、子どもの変化を目の当たりにした感動が伝わってきます。「同じ日がない」(社員の声③)というのも、子どもから刺激を受けて講師自身が成長できるということでもあり、やりがいを持って仕事にあたっている様子がわかります。

講師みずからが楽しみ、子どもたちも真剣に学び、思う存分外遊びをし、楽しみながら自発的に新しいことを学んでいる、活気あふれる花まる学習会の様子がうかがえます。

社員の声からも、自分の教室の子どもたちを我が子のように親身に考え、保護者とともに悩みを解決し、思いきり外遊びも楽しむ、という姿勢が見えてきます。それは、花まる学習会の理念そのものと言えるものです。高濱氏の理念が講師に浸透し、講師が本気で教育に取り組める理想的な環境があるからこそ、イキイキとした活動が実現できるのでしょう。

花まる学習会に求められている人材とは?

現在募集している職種について

花まる学習会では、現在、キッズインストラクター(=講師)を募集しています。

花まる学習会のコースは、年中、年長、低学年(1~3年生)、高学年(4~6年生)の4種類です。授業全体の進行を教室長が行います。キッズインストラクターは学年ごとにグループに分かれた子どもたちを担当する講師として参加します。

キッズインストラクターの役割は、子どもが困った時に助けるサポーターでもあり、チームのリーダーでもあります。子どもたちの成長を見守りながら一緒に成長できる、やりがいのある仕事です。

教室は関東と近畿、中京にあり、週1日1コマから働けるので、自分の都合に合わせやすいのも魅力です。
研修があるので、子どもが好き、子どもの成長に関わりたい、という意欲がある人なら誰でも取り組めます。

必見! キッズインストラクターの面接で特に聞かれる質問を紹介

花まる学習会では人柄重視の面接を実施しています。特に聞かれる質問は下記の2つだそうです。

”数ある企業の中で花まる学習会を選ぶに至った理由は?”

”今までの人生の中で熱中したこと”

子どもたちから評判のよいインストラクターに求められるのはどのような能力か?

・子ども一人ひとりに寄り添い、温かな目で見守れる
・明るく元気で魅力にあふれている
・個人の感情ではなく、子どものことを思って叱ることができる

現在、花まる学習会で働いている皆さんの人柄

・無類の子ども好き
・将来教育や子どもに携わる仕事を志す方
・子育てがひと段落し、再び子どもの役に立ちたいと思う方

事前に勉強しておいた方がいいもの

・小学校で習う基本的な学習内容
・意欲を上げる子どもへの接し方(研修があります)
 

キッズインストラクターを行ううえで、意識した方がいいこと

・子どもを飽きさせないよう短く、印象に残るように楽しく指導する。(研修でのレクチャーがあります)
・その問題の意図、目的はどこにあるか、子どもの何を伸ばす問題であるかを理解すること。

花まる学習会で働くメリット

花まる学習会で働くメリットは、「一生役立つ力が身につく!」ものとして、子どもへの接し方、教え方、保護者の方とのコミュニケーション能力が身に付くことが挙げられています。実際ここで働いていた学生の中で、教育関係の仕事を志す方は多くいます。花まるの教室で仕事仲間として知り合った同士で情報交換をしている場面も見られますし、花まるでの講師の経験を経て教員になったOB・OGと話ができる場も用意しています。

花まる学習会が、子どもの安全管理で気を付けていること

花まる学習会では、子どもたちを預かるうえで、安全管理を徹底しています。社員は年1回救命講習を受講しており、研修を受けて安全管理の知識と実技を学んでいます。教室などでの安全管理については、災害時における避難場所や避難ルートの把握と、不審者侵入時の具体的対策を講じています。具合の悪い生徒や怪我をした生徒に対しての対応も実技を踏まえて研修しています。

花まる学習会のまとめ

花まる学習会は、低学年までに身につけたい学力・思考力だけにとどまらず、その後の学習の仕方も身につけることができる学習塾です。本物の思考力を身につけられれば、子どもたちは、その後の人生で起こるさまざまな事柄にも対処し、道を切り開いていけるようになります。
子どもたちの「生きる力」を育む学習塾での仕事は、やりがいも十分です。子どもの教育に関心のある人であれば、満足できる職場になるでしょう。

会社概要

商号
株式会社こうゆう
住所
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-19-10
ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。