はじめに

最近、一戸建ての屋根に設置された太陽光発電パネルを目にすることが多くなりました。さらに地方の空き地利用として、太陽光発電パネルが増えていることも実感できます。

太陽光発電は「再生可能エネルギー」といわれ、自然の中で循環できるエネルギーです。
発電の際に発生するCO2も少なく、自然に優しいエコなエネルギーといえるでしょう。

今注目されている太陽光発電そのものの技術は40年以上前にすでに実用化されていましたが、一般家庭の年間利用者数の増加数はというと、1993年の時点で1000戸に満たない状態でした。

2010年の太陽光発電の一般家庭における利用者数の増加は、年間10万戸を超え、利用者数は2011年に100万戸を超えました。

ブームともいえるほど急激に増えた太陽光発電利用者数の増加の背景には、太陽光発電がエコな自然エネルギーであるというだけでなく、これまで最大のデメリットだった太陽光発電システムの価格がかなり低く抑えられるようになったことと、余剰電力の高価買取り制度や全量買取り制度などによって国が太陽光の普及を推進しはじめたためでもあります。
つまり、「導入するとお得」という原理から当然、利用者数が増えたということなのです。

このような太陽光発電システムを含む住宅の提供だけでなく、住宅リフォームや塗装など、これからの住まいを安心・快適にするお手伝いをしているのが「フォレストホームサービス」です。

今回は同社の概要から求められている人材についてまで、詳しく紹介していきます。

フォレストホームサービスってどんなところ?

2008年の設立以来、フォレストホームサービスはエコ需要を見越した太陽光発電に関する事業を展開してきました。
注目されるのは同社の成長スピードです。設立から3年後には累積設置数500棟を達成。そこから更に拡大需要の傾向は強まり、500棟を達成してからわずか2年で2000棟を突破しています。

そして現在では2500棟を超え、同社の太陽光発電事業はますます成長速度を速めているのです。

フォレストホームサービスは、人にとって「やさしい住まい」を考え、エネルギーの自給自足にも取り組み、地球と未来の子どもたちのために貢献できる企業を目指すだけでなく、お客様との出会いを大切に、提案・施工・サービスの質を高め安心と信頼を積み重ねています。

また、同社が注目されているもうひとつの面が、女性の活躍です。
現在、フォレストホームサービスでは社員における女性比率は54%となっていて、採用や昇格などあらゆる場面において、性別に区別なく実力や成果に応じた評価を行い「有能な社員が長期にわたって活躍し続ける」環境づくりに力を注いでいます。

そして、女性が長く働ける環境づくりと同時に取り組んでいるのが女性リーダーの育成です。
フォレストホームサービスでは、現在マネージャーの中で女性リーダーの比率は38%ととても高くなっています。

それでは、実際にフォレストホームサービスで働く社員のお話をご紹介していきましょう。

フォレストホームサービスの口コミまとめ

弊社では実際に設置して頂いたお客様に実際のお声を頂くようにしています。
その中でも多く頂いている声として、「難しい説明や内容も面白く例えてくれるのですごく分かりやすかった」、「私たちが説明を受け、考えているとき、子供の面倒まで見てくれてすごく親近感がわいた」、「メリットもデメリットもきちんと説明してくれ、丁寧な接客で信用出来た」というお声をかなり多く頂いています。

フォレストホームサービスの調査結果

お客様と接するフォレストホームサービスの社員がとても丁寧に、難しい説明もわかりやすく紹介していることが、結果的にお客様の信頼につながっていることがわかりました。

また、説明を受けて考えるといった落ち着いた時間が欲しいときに、子供の面倒を見ていてくれるというのは、お客様にとってはとてもありがたいことだと思います。
女性ならではの視点でのサービスが実際にお客様に受け入れられているのだと感じました。

フォレストホームサービスに求められている人材とは?

フォレストホームサービスでは、現在「アドバイザー」を募集しています。

応募はコチラから!

では、「アドバイザー」という仕事において、どのような人材が同社に求められているのか、直接お話を伺う事ができました。

御社で勤務している「アドバイザー」は、太陽光発電システム(スマートPV)を求めて来店されたお客様に、どのような流れで商品の紹介をするようにしているのでしょうか。決まった手順などあれば教えてください。また、その際、よくお客様から聞かれる事などありましたら、あわせて教えていただけますと幸いです。

家の形状や立地によって設置出来ない場合もあるので、地区年数や月々の電気代等をアドバイザーがヒアリングを行っていきます。
設置可能なお客様に関しては、前述に基づいた内容に合わせたシミュレーションをご提案させて頂いております。お客様からの質問は、施工や保障面などが多いです。メンテナンスの詳細に関してや、施工に関してどのような工事が行われるのかという内容がほとんどです。
そのような質問にも細かくお応えさせて頂く様にしています。

太陽光発電システムについて、お客様により理解を深めてもらう為に、どのような事を意識してご案内するようにしていますか?御社独自の取り組みなどあれば教えてください。

基本的には、お客様1人1人の生活スタイルや様式などに合わせて提案をさせて頂いています。

どうしても専門的なお話になってしまうので、なるべく専門用語等を少なくしてお話しさせてもらうようにしています。
且つ、文章だらけのカタログ等などを見て頂くのではなく、弊社独自にお客様の立場になって考えた資料をご用意し、ご説明させて頂きます。

「アドバイザー」の採用面接で重要視するポイントを教えてください。

お客様のことを親身に考えられるかどうかはかなり重要視しています。
お客様あっての私達なので感謝のキモチを忘れずに持っていられる様な素直な人は大歓迎しています。

御社で実際に活躍されている「アドバイザー」は、どのような能力が高いと感じますか?また、どのような人柄の方が多いか教えてください。

「努力を少しずつ積み重ねていけるアドバイザーが多い」ことです。努力を積み重ねていけることは、アドバイザー1人1人の能力であり、人柄でもあるともいます。
お客様には様々な年齢や立場の方々がいらっしゃいます。その中で言葉遣いや礼儀などを徹底して意識し継続していけるアドバイザーばかりです。

まとめ

太陽光発電システムを中心に、安心の家づくりやリフォームなどを提供しているフォレストホームサービスをご紹介してまいりました。

石油を中心とした限界があるエネルギーを海外からの輸入に頼っている日本では、太陽光エネルギーのような再生可能エネルギーの普及は必須といえるでしょう。
国の後押しもあり、太陽光発電システムが急激に普及している理由もよく理解できました。

また、同社の採用と社員に対する考え方が素晴らしいと感じました。
それは、採用面で目立つために女性を逆差別的に優遇するというのではなく、「採用や昇格などあらゆる場面において、性別に区別なく実力や成果に応じた評価を行い『有能な社員が長期にわたって活躍し続ける』環境づくりに力を注いでいる」という姿勢です。

近年、日本でも女性の活躍が目立っていますが、欧米の先進国に比べるとまだまだ実際に責任のあるポストに就いている女性は少ないものです。
たとえば国会議員は、欧米諸国では女性比率が40%程度ありますが、日本ではまだ20%程度しかないのです。
さらに、帝国データバンクが2016年にまとめた「女性登用に対する企業の意識調査」によると、調査対象企業の管理職に占める女性比率は平均6.6%ということでした。

これからキャリアを積んでいきたいという女性にとって、フォレストホームサービスには憧れることができる女性上司がいるという意味でとても魅力的な会社といえるでしょう。

ホワイト企業調査団

ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。