48ホールディングスとは?

48(よつば)ホールディングス株式会社は、北海道札幌市に本拠地がある企業です。
事業内容は、主に「クローバーコイン」という名の独自仮想通貨の発行と販売を行っています。

仮想通貨は、別名暗号通貨とも言われています。
現在は、たくさんの種類があり、ネット上で取引される通貨のことを言います。仮想通貨は、オンラインショップやソーシャルゲームなどでネット上で使用でき通貨と同等の価値があるとされています。

数多くある仮想通貨の中で48ホールディングス株式会社が発行している、独自仮想通貨「クローバーコイン」は、リップルで価値の保全をしている交換通貨のことを言います。
「クローバーコイン」を販売すると報酬が発生します。その価値は、「リップル」の価値の上昇と共に増し、「フィンテック社会」が既存の金融システムと融合した際には、数々の手数料収入を得ることのできる新しいビジネスモデルです。

48ホールディングス株式会社は、進化し続ける世の名で生き残っていくためには、強化することより常に進化し続けることが大切と考えています。
企業として成長していくことも大切ですが、同業他社と同じ考えや同じような行動をするだけでは、生き残ることができないので新たな分野や他が今までに試したことのない分野にも視野を広げて事業展開しながら様々な価値を創造していく今注目の企業と言えます。

48ホールディングスの口コミまとめ

「仮想通貨に興味がありセミナーに参加しました。クローバーコインは、リップルの価値と連動して価値が決定し、リップルの価値が上がればクローバーコイン も上昇、リップルの価値が下がればクローバーコインも下落する仕組みらしいので変動が激しい通貨なのか不安になりました。市場の動向に注意していけば、継続収入が得られたりするのでそういった意味では大きな可能性を秘めた通貨の常識を変える新システムということが解り参加して良かったです。」

「クローバーコインという新しい仮想通貨ってどんな通貨なのか興味があり、調べてみました。リップル(XRP)という仮想通貨で価値を保全した交換通貨のようです。交換通貨は、ビジネスの形態により、現金と同様の価値を持つ仮想通貨そのものを販売することができないそうです。そのため、交換通貨としてのクローバーコインをビジネスで売買しているそうです。漠然としていてよくわからないので48ホールディングス株式会社でセミナーも開催されているようなので色々勉強してみようと思います。」

「将来の資産運用の手段として仮想通貨に興味を持ち、クローバーコインを知り興味本位でセミナーに参加してみました。1口3万円で購入した場合は、6000枚のクローバーコインが入手でき、その20%がリップル(XRP)となり、6000円程が資産保全されるという仕組みのようです。48ホールディングスの会員を辞めてもXRPは手元に残るそうです。販売報酬獲得の仕組みは複雑で一度話を聞いてもよくわからなったので実践的な運用例を知るためにまた、セミナーに参加して理解を深めて色々検討していきたいと思います。」

「クローバーコインに投資するメリットについて、ルート変動に振り回されないこと、流通させるための戦略が立てやすいこと、販売すると報酬が発生するそうです。具体的な投資例については、ネット上では解らず、48ホールディングスの企業としての最も大きな目的としては、「お金を儲けるのではなく、一緒に市場をつくる」とうことみたいです。クローバーコインの伸び率は緩やかなのでまだこれからの成長企業のようです。焦らずに市場の動向を探りながら今後のクローバーコインを見守っていきたいと思います。」

「様々な仮想通貨が最近出回っていますが、本当に信頼がおける、将来性のある仮想通貨って何があるのか?調べてみたら、48ホールディングス株式会社の独自仮想通貨「クローバーコイン」に出会いました。どんな仮想通貨なのか気になったのでセミナーに参加してみました。情報がお金になる。未常識が常識に変わる瞬間、その未常識の時こそ、最大のチャンスがあるそうです。現金がなくなり、暗号通貨という形になる流れは、不可逆な社会の流れであり、暗号通貨(仮想通貨)が電子的なものに変わり、10年後には、現金は、存在しなくなるということでした。確かに、スマートフォンなどを使用した決済システムの技術が進化し、今後仮想通貨の可能性は広がるのではないでしょうか?こういった意味でまだ発展初期段階ではありますが、気になる仮想通貨のひとつとしてクローバーコインの今後を見守って行きたいと思います。」

48ホールディングスのまとめ

48ホールディングスのまとめ

仮想通貨は、日本では、海外ほど一般化されていませんが、スマートフォンを使用した決済システムなどの技術の進歩により今後も仮想通貨の普及は進み、48ホールディングスのセミナーで話していたように現金がなくなる社会が近い将来やってくるのではないでしょうか?

48ホールディングスが、発行、販売している独自仮想通貨「クローバーコイン」は、リップルで価値の保全をしている交換通貨であり、口コミから解るように、まだ「クローバーコイン」は、短期間での大きな伸びはなく、穏やかであることから発展初期の段階ですが、多くの方が「クローバーコイン」のセミナーに参加し、情報を共有し、その可能性を探っていることなどから今後の成長が期待できる注目の仮想通貨ではないでしょうか?

また、48ホールディングス株式会社は、「幸せ大きく運掴む」と称し、 会社名の「48(よつば)」や幸福を連想する四つ葉のマークを表している企業マークなどの印象から利用者にとって信頼のおける企業イメージが沸き、仮想通貨の初心者でもセミナー等を利用して理解を深めることができるので安心して利用することができます。

今後益々、飲食店、外国人観光客向けの決済システムといったようにオンラインショップだけでなく、仮想通貨の導入店舗が増えその可能性は広がっていくと予想されます。
また、2020年の東京オリンピックで世界から多くの選手や観光客が日本へ訪れることもあり48ホールディングスは、こういったビジネスの世界の動向を見据え仮想通貨の新たな可能性を見出し、「ファインテック社会」を創り出して行く今注目の企業ではないでしょうか?

会社概要

商号
48ホールディングス株式会社(公式サイトへ)
代表
淡路明人
住所
北海道札幌市中央区北1条西3丁目3-11 桂和北1条ビル9F
ホワイト企業調査団
ブラック企業問題で騒がれる昨今、ホワイト企業に憧れるライター達によって結成された企業調査団。本当に働きやすい職場を求めて、日夜求職者が求める情報を収集しており、メンバーの中には、そのまま取材先に就職してしまおうと考えている者までいる。